ディアマンテ・アスール

8月30日にグランプリ開催 メキシコ軍の8人発表

昨年は10月5日にマイケル・エルガン選手が優勝したメキシコ軍vs多国籍軍で争われるグランプリ。
8月14日のインフォルマで今年は8月30日のアレナ・メヒコで開催、多国籍軍を迎え撃つメキシコ軍の8人が発表されました。


メキシコ人の誇りを胸にルチャの殿堂のリングに立つのは以下の8人。

●ボラドールJr.選手 (NWA世界ヒストリック・ウェルター級王者)
●ルーシュ選手
●ネグロ・カサス選手
●ドラゴン・リー選手 (CMLL世界ウェルター級王者)
●ディアマンテ・アスール選手
●バルバロ・カベルナリオ選手 (ナショナル・ライトヘビー級王者)
●ソベラノJr.選手 (ナショナル・ウェルター級王者)
●フォラステロ選手 (ナショナル6人タッグ王者)

1994年から開催されているグランプリではありますが、1998年までの5年間は連続開催。
その後、2002年と2003年は開催され、2005年から2008年までの4年間は連続開催。
しばらく開催されずに2016年から再び連続開催されています。

96CACA4B-3213-463E-8C1D-9BCE9497797E
D39A933D-765D-43F7-BA9D-CF518623E41F
54AC514C-5637-4CA5-9689-45EF2CDAB95A
今年選出された8選手のうち、カベルナリオ選手、ソベラノ選手、フォラステロ選手の3選手が初のグランプリ出場となります。

メキシコ軍と激突する多国籍軍は21日のインフォルマで発表の予定。
CMLLに参戦中の外国人選手以外に提携団体の新日本プロレスやROHから誰が参戦するのか、とても楽しみです。




2月15日のカンペオン・ウニベルサル2019決勝戦はテリブレ選手vsニエブラ・ロハ選手

F2CEC864-6FC3-416E-A8AD-F1DCBC355796
2月8日のアレナ・メヒコ金曜定期戦のメインでタイトルホルダーのみに出場資格が与えられるトルネオ・カンペオン・ウニベルサル2019の予選2週目が行われました。
出場選手は以下の8選手。
【テクニコ】
●ボラドールJr.選手 (NWA世界ヒストリック・ウェルター級)
●ニエブラ・ロハ選手 (CMLL世界ライトヘビー級)
●ディアマンテ・アスール選手 (CMLL世界タッグ)
●ソベラノJr.選手 (ナショナル・ウェルター級)
【ルード】
●ウルティモ・ゲレーロ選手 (CMLL世界ヘビー級&CMLL世界6人タッグ)
●サンソン選手 (ナショナル6人タッグ)
●メフィスト選手 (CMLL世界ウェルター級)
●クアトレロ選手 (CMLL世界ミドル級&ナショナル6人タッグ)

トルネオ・カンペオン・ウニベルサル2019予選2週目は1時間29分23秒から

トーナメントの組み合わせを決めるバトル・ロイヤルの結果、1回戦はディアマンテ・アスール選手vsウルティモ・ゲレーロ選手、ソベラノJr.選手vsクアトレロ選手、メフィスト選手vsニエブラ・ロハ選手、ボラドールJr.選手vsサンソン選手に決定。
1回戦はウルティモ・ゲレーロ選手がプルポ・ゲレーロでディアマンテ・アスール選手に勝利。
クアトレロ選手がクアトレロ・ボム (シットダウン式BTボム) でソベラノ選手に勝利。
ロハ選手がカンパーナ・インベルティダでメフィスト選手に勝利。
ボラドール選手がウラカン・ラナでサンソン選手に勝利。
2回戦、ウルティモ・ゲレーロ選手がゲレーロ・スペシャルでクアトレロ選手に勝利。
ロハ選手がカナディアン・デストロイヤーでボラドール選手に勝利。
決勝進出者決定戦はロハ選手がカンパーナ・インベルティダでウルティモ・ゲレーロ選手から勝利し、次週15日に行われる予選1週目を勝ち上がったナショナル・ヘビー級王者テリブレ選手との決勝戦へ駒を進めました。


テリブレ選手が優勝すれば2012年以来2度目の制覇。
2009年から開催されたカンペオン・ウニベルサルを2度制覇しているのはウルティモ・ゲレーロ選手のみ。
ロハ選手は初制覇となります。

この後のCMLLは3月にビッグショー“春の大一番”オメナヘ・ア・ドス・レジェンダスが控えています。
1月に20人のルチャドールを大挙して送り込んでくれたCMLL。
ファンタスティカマニアの期間中、本国メキシコではルーシュ選手とエウフォリア選手、ストゥーカJr.選手とエチセロ選手の抗争が激化しそうでしたが、どちらも現在は沈静化。
オメナヘ・ア・ドス・レジェンダスのメインとなるマスカラ戦やカベジェラ戦となりそうな抗争は今のところ見当たりません。
宇宙一決定戦カンペオン・ウニベルサルを経てオメナヘ・ア・ドス・レジェンダスまでどんな展開が待ち受けているのか注目です。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン出場の8月31日アレナ・メヒコ金曜定期戦のカードが変更

内藤哲也選手、EVIL選手、BUSHI選手のロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンが登場することで日本とメキシコで大注目されている8月31日のアレナ・メヒコ金曜定期戦。
当初、CMLLから発表された対戦カードは内藤選手&EVIL選手&BUSHI選手vsボラドールJr.選手&ディアマンテ・アスール選手&エレア・パーク選手でした。

E0F2EBE2-101E-4626-811F-7EFA50ABAE6E
この日の全対戦カードが発表され、メインでルーシュ選手&内藤選手&BUSHI選手vsエレア・パーク選手&ボラドール選手&ディアマンテ・アスール選手がマッチメイクされました。
対戦相手は変わらぬもののインゴベルナブレスの本家とハポンのトリオに変更。
CMLLからは参戦が発表され、新日本プロレスからはなぜかCMLL参戦が発表されなかったEVIL選手はポスター画像に顔写真が入っていますが、選手名の上にはY SU VALETの文字。
今までに見たことのないSU VALETの意味を調べると「その仲間」と出てきました。
EVIL選手は内藤選手、BUSHI選手とメキシコへ同行し、アレナ・メヒコに登場するものの試合には出場しない模様。
SU VALETはタイトルマッチやマスカラ戦、カベジェラ戦で付くセコンドと区別しての表現なのかもしれません。
また、2009年にメキシコのインディー団体IWRGでオフィシアル911選手とのマスカラ戦に敗れて素顔になっている為、2012年のCMLL遠征時にはBUSHIROADのリングネームだったBUSHI選手はBUSHIのまま登場することになりました。
ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのアレナ・メヒコ登場が今回の売り。
その為、BUSHIROADではなくBUSHIの特別措置が取られたということなのでしょう。
まあまあ細かいことは気にするなよと言われそうですが、個人的には85年のルチャリブレの歴史の中で数々の偉大なマスクマンが涙を流しマスクと決別してきただけに先人達の無念を思うと特別措置は今回1度きりであって欲しいと思います。



85アニベルサリオで組まれたルーシュ選手&バルバロ・カベルナリオ選手vsボラドール選手&マット・ターバン選手のカベジェラス・コントラ・カベジェラスへ2組の抗争はますます激化中。
24日のアレナ・メヒコ金曜定期戦で行われた前哨戦ではカベルナリオ選手がロープを掴んでターバン選手からまんまと3カウントを奪い勝利。
この決着に納得のいかないターバン選手はカベルナリオ選手とのマノ・ア・マノをアピール。
31日のセミで両者の一騎討ちが実現することになりました。
この展開を受けてのカード変更なのかもしれません。
CMLLの現在進行形の最も熱い抗争の中心人物のルーシュ選手が内藤選手、BUSHI選手と組むことでメインに組まれた試合がより激しくなるのは間違いありません。
そして、EVIL選手はもちろん、デ・ハポンを迎え入れる本家インゴベルナブレスの介入はあるのか?
1月のファンタスティカマニア以来の合体にトランキーロではいられません。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

内藤選手&EVIL選手&BUSHI選手のロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンが8月31日のアレナ・メヒコ金曜定期戦に登場

8月22日にCMLLが9月14日に開催される年間最大興行、創立85周年大会アニベルサリオに関する記者会見を行いました。
85アニベルサリオの対戦カードの発表と目玉カードの調印式が行われるものと思っていましたが、その他にも諸々の発表があり、日本時間で深夜に行われた会見、早朝に目が覚めてネットチェックして、あまりのボリュームに驚きしました。
よって今回の発表については数回に分けて更新したいと思います。

まずは内藤哲也選手、EVIL選手、BUSHI選手のロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの8月31日アレナ・メヒコ金曜定期戦出場のニュース。



会見開始から7分20秒後に内藤選手が登場するVTRが流されました。

オラ アミーゴス
ナイトーがアレナ・メヒコに帰って来る
ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンがアレナ・メヒコに帰って来る
次の8月31日アレナ・メヒコで会いましょう
お見逃しなく
アディオス

アレナ・メヒコ内の会見場にカメラが戻ると司会のフリオ・セサール・リベラ氏から内藤選手だけではなくBUSHI選手とEVIL選手の参戦と対戦相手がボラドールJr.選手、ディアマンテ・アスール選手、エレア・パーク選手であることも発表されました。

7E2BCE74-B3A5-4AC4-ACCB-C81858B3B723
39195DA8-B666-4B0E-A499-2896DD4D5646
内藤選手のアレナ・メヒコ参戦は昨年11月12日以来。
この時はルーシュ選手、盒競劵蹈狒手とのインゴベルナブレス日墨合体トリオでマルコ・コルレオーネ選手、ボラドール選手、ディアマンテ・アスール選手と対戦。
奇しくもボラドール選手、ディアマンテ・アスール選手の2選手とは再びアレナ・メヒコで対戦することになりました。

デ・ハポンのメンバーで唯一メキシコと接点のなかったEVIL選手はもちろんCMLL初参戦。
“ルチャの殿堂”アレナ・メヒコをダークネスワールドに染めるか?

BUSHI選手は2012年にテクニコのBUSHIROADのリングネームでCMLL遠征して以来6年ぶりのアレナ・メヒコ。
2009年12月3日IWRGのアレナ・ナウカルパンでオフィシアル911選手にマスカラ・コントラ・マスカラで敗れ素顔になっているBUSHI選手が同じリングネームでマスクを被ることが認められない為にBUSHIROADを名乗りました。
会見では「BUSHI」とアナウンスされたので、そのままアレナ・メヒコに登場するものと思われます。

迎え撃つ側のボラドール選手と言えば、今年1月22日の大雪に見舞われたファンタスティカマニア最終戦でもデ・ハポンと対戦。
内藤選手&ヒロム選手&BUSHI選手vsボラドール選手&ソベラノJr.選手&ドローン選手の対戦で内藤選手が入場時にボラドール選手にロープを上げろと挑発。
プライド高きボラドール選手が怒りをあらわにするシーンが見られました。
試合後にも「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン、なんて汚い連中なんだ?どこでもやってやるよ!アイツらに勇気があるならメキシコまで来てみろ。今日は負けてしまったが、その時は俺たちの方が力が上だということを見せてやる!」とコメント。〈新日本プロレスOFIFICIAL WEBSITE〉
ホームであるアレナ・メヒコでは内藤選手への敵意をさらに剥き出しにしそうな予感。
85アニベルサリオでルーシュ選手&バルバロ・カベルナリオ選手vsボラドール選手&マット・ターバン選手のカベジェラス・コントラ・カベジェラスが決定。
デ・ハポンとしてはボラドール選手を痛めつけ盟友ルーシュ選手のアシストをしたいところでしょう。

ディアマンテ・アスール選手は17日のオカダ・カズチカ選手と6人タッグで対戦した時に真正面からぶつかり、試合後もオカダ選手に突っかかっていました。
オカダ選手とやり合う様を見て、この人はメキシコのマイケル・エルガンだと思いました。
再びのニュージャパンの選手との対戦は願ってもいないチャンス到来。
アマチュアレスリングの猛者であり、屈強な肉体を誇るディアマンテ・アスール選手。
EVIL選手とのど迫力の真っ向勝負に期待します。

そしてここに噂された85アニベルサリオでのルーシュ選手とのマスカラ・コントラ・カベジェラが流れたエレア・パーク選手が入りました。
大一番が流れてしまったとは言え、現在のルーシュ選手の1番の怨敵。
デ・ハポンの狙いはやはりエレア・パーク選手とその甥っ子のボラドール選手のファミリア・レアルでしょう。
この日の全対戦カードは未発表ですが、本家ロス・インゴベルナブレスのルーシュ選手、ルーシュ選手の父ラ・ベスティア・デル・リング選手、そして現在は負傷欠場中のテリブレ選手の介入も十分に考えられます。
ただし、エレア・パーク選手の巨体にはいささか手こずりそうな気もします。


昨年のアレナ・メヒコ登場はライブ配信のない日曜定期戦。
今回は金曜定期戦ですから、もちろんライブ配信があります。
日本時間で9月1日の午前10時30分開始。

8月はレインメーカーに続いてロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのアレナ・メヒコ登場。
特に内藤選手はメキシコのファンにも絶大な人気を誇るだけにアレナ・メヒコの観客がどんな反応を示すのか、とても楽しみです。
そして、今回は残念ながら出場出来ないヒロム選手がドラゴン・リー選手との激闘で大熱狂させたアレナ・メヒコのリングに再び立つことを焦らずに待っています。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

レインメーカー圧巻のCMLLデビュー

8月17日のアレナ・メヒコ金曜定期戦の最大の注目は新日本プロレスのオカダ・カズチカ選手の原点の地メキシコ凱旋。

4C45F3F6-EF94-4D76-A739-A56CA88FE951
オカダ選手はウルティモ・ゲレーロ選手&ネグロ・カサス選手と組み、ミスティコ選手&ディアマンテ・アスール選手&バリエンテ選手とセミで対戦。

オカダ選手出場のセミは1時間21分から

最新の編曲された入場テーマ曲で“ルチャの殿堂”に11年ぶりに姿を現したオカダ選手は風船は持たずに正調のガウンを着用していました。
この試合に登場したルチャドール5人は全員が新日マット経験者。
オカダ選手と組んだウルティモ・ゲレーロ選手とカサス選手は親日家として知られます。
テクニコvsルードの図式ながら、オカダ選手のルード側にそれほどのブーイングが飛ばなかったのは絶大な人気を誇るベテランルード2人とのトリオだったからかもしれません。
ファンタスティカマニアの常連選手であるウルティモ・ゲレーロ選手とは毎年組んでいるだけに抜群の連携を見せてくれました。

A59AB270-B606-4E0C-BCE5-7B98AB9482F6
ミスティコのマスクを破かんとするメキシコならではの光景以外はフラップジャック、リバースネックブリーカー、ドロップキック、フィニッシュのレインメーカーと日本でお馴染みの技を繰り出しつつも何の違和感もなくルチャリブレに順応するオカダ選手の凄さを改めて実感。
この辺りの話は後ほど紹介する試合後のインタビューでオカダ選手自身が語っています。
得意技のうちツームストンパイルドライバーだけは出さなかったのはメキシコではマルティネーテと呼ばれるこの技が禁じ手で即反則負けとなるからでしょう。
「ここメヒコはオレの縄張り」とばかりに兄ルーシュ選手譲りの負けん気の強さを見せたミスティコ選手を振り切り、最後はレインメーカーで勝利。
勝負が決まった後に熱くなったディアマンテ・アスール選手に突っかかられる一幕もありました。

この試合の画像はCMLL公式HPにあります。
「LUCHA SEMIFINAL」をクリックorタップしてください。 (次の24日アレナ・メヒコ金曜定期戦戦の後に更新されると見られなくなります)

快勝に大はしゃぎのオカダ選手、ウルティモ・ゲレーロ選手、カサス選手のバックステージインタビュー動画。

そして、こちらが通訳の方が入り日本語でメキシコの各種メディアのインタビューを受けるオカダ選手の動画。
「ずっと憧れていたCMLLのアレナ・メヒコ」
「オカダ・カズチカ=メキシコで学んだこと」
「ルチャリブレの血が流れている」
などなど印象に残る言葉の最後はスペイン語で締めくくると思わせてからの「どうもありがと…」で取材陣の笑いを引き出し、オカダ選手が心からCMLLのリングを楽しんだことが伝わってきました。
今回は1試合のみの参戦でしたが、次の機会には数週間の遠征で様々なルチャドールと組み、また闘って欲しいと思います。

B2CC7D3B-81E0-4EEF-950C-152B8BBE0239
オカダ選手への応援ボードを掲げる観客もちらほら見受けられました。
ニュージャパンのスペル・エストレージャを大歓迎してくれるメキシコのファンの姿に新日本プロレスとCMLLの交流が更に深まり、選手の往来が増えることを願わずにはいられません。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

オカダ選手が出場する17日アレナ・メヒコ金曜定期戦のカードが変更に

新日本プロレスからオカダ・カズチカ選手が参戦することで注目の8月17日のアレナ・メヒコ金曜定期戦。

F8D5CD52-96F7-458F-A9DF-20A1A448AB92
当初発表された対戦カードはこちら↑でしたが

4C45F3F6-EF94-4D76-A739-A56CA88FE951
CMLLではこういうことがよくあるのですが、こちら↑に変更となりました。

メインに出場予定だったキング・フェニックス選手が抜けて、フェニックス選手の所にセミに出場予定だったカリスティコ選手。
セミに出場予定だったカリスティコ選手の所に第3試合に出場予定だったディアマンテ・アスール選手。
第3試合に出場予定だったディアマンテ・アスール選手の所に第2試合に出場予定だったゲレーロ・マヤJr.選手。
第2試合に出場予定だったゲレーロ・マヤJr.選手の所に当初のカードには名前がなかったエスフィンへ選手が入りました。
このカード変更により、セミでオカダ選手が対戦することになるのはミスティコ選手&ディアマンテ・アスール選手&バリエンテ選手となりました。
オカダ選手に上背では劣るものの鍛え上げられた屈強な肉体と圧巻のパワーを誇るディアマンテ・アスール選手はアマチュアレスリングをバックボーンのルチャドール。
2012年のWORLD TAG LEAGUEにルーシュ選手とのタッグで参戦し、これが今までキャリアの中で唯一の来日です。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

メインはディアマンテ・アスールvsピエローのマスカラ戦!3.17オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス

CMLLが現地時間2月22日に会見を開き、3月17日 (金) に開催されるビッグマッチ、春の大一番「オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス」の全対戦カードが発表されました。


●第1試合
エストレジータ&マルセラ&プリンセサ・スヘイvsアマポーラ&ティファニー&セウシス

●第2試合
ドラゴン・リー&ストゥーカJr.&ティタンvsエウフォリア&グラン・ゲレーロ&ニエブラ・ロハ

●第3試合
アトランティス&カリスティコ&マルコ・コルレオーネvsルーシュ&ラ・マスカラ&クラネオ

●第4試合 NWA世界ヒストリック・ミドル級王座戦
(挑戦者) マット・ターバンvsウルティモ・ゲレーロ (王者)

●第5試合 CMLL世界6人タッグ王座戦
(王者組) ボラドールJr.&ミスティコ&バリエンテvsメフィスト&エフェスト&ルシフェルノ (挑戦者組)

●第6試合 マスカラ・コントラ・マスカラ
ディアマンテ・アスールvsピエロー


image
顔を合わせる度に互いのマスクを剥ぎ合い、熱く火花を散らしていたディアマンテ・アスール選手とピエロー選手がついにマスカラ戦で雌雄を決することになりました。

記録を調べてみると、ディアマンテ・アスール選手は2007年にロマノのリングネームでデビュー。
2009年に2代目のメトロに改名。
このメトロ時代にマスカラ・ドラダ選手とストゥーカJr.選手とのトリオで第29代ナショナル6人タッグ王者組に。
この時の3人のコラボマスクが印象に残っています。
2012年に現在のディアマンテ・アスールに再び改名し、アトランティス選手と組み第32代CMLL世界タッグ王者組となり、新日本プロレスのワールドタッグリーグにルーシュとのタッグで初来日。
翌2013年には第4代NWA世界ヒストリック・ライトヘビー級王者になっています。
今年がちょうどデビュー10周年の節目に当たりますが、ロマノ、メトロ、そして現在のディアマンテ・アスールはいずれもマスクマンでしたが、マスカラ戦に挑むのは今回が初めてになります。
メジャータイトルの獲得経験はありますが、ケガで欠場してしまうことも多く、今一歩スペルエストレージャへと上り詰められていない印象があります。
183cm、102kgの分厚い肉体から放たれる豪快無比なジャーマンスープレックスホールドが最大の武器。
今回のマスカラ戦は大チャンス到来です。

一方のピエロー選手はご存知の通り、ルーシュ選手、ミスティコ選手、ドラゴン・リー選手の3兄弟の父。
1994年にドクトル・ケントのリングネームでデビュー。
その後、現在はルーシュ選手のニックネームになっているトロ・ブロンコの名を始め、様々なリングネームでキャリアを重ね、2013年からピエローを名乗りました。
2002年のポデール・メヒカ時代にミステル・メヒカ選手と組み、ベネノ選手とビオレンシア選手に敗れてマスクを失ったこともあります。

ルーシュ替え玉 ピエロー
考えてみれば、昨年のオメナヘ・ア・ドス・レジェンダスで行われたマキシモ・セクシー選手とルーシュ選手のカベジェラ・コントラ・カベジェラでルーシュ選手の影武者的に黒覆面にスーツ姿の出で立ちで入場ゲートに現れたのがピエロー選手でした。
そして、本物のルーシュ選手がマキシモ選手を急襲。
ピエロー選手の介入もあり、ルーシュ選手がマキシモ選手の自慢のピンクのモヒカンを刈ったのです。
この時点でのピエロー選手はルーシュ3兄弟の父であることは一般的には知られておらず、さらにサグラード選手、ミステリオッソJr.選手とのプエルトリコ軍として、一介の中堅ルードにすぎなかったので、何故ルーシュ選手のセコンドに付いたのかが謎でした。
その後、正式にロス・インゴベルナブレスに加入。
あれから僅か1年という期間でCMLLのビッグマッチに堂々のメイン登場です。

どちらにとっても負けらないマスカラ戦。
運命の勝敗の行方はやはり、ルーシュ選手、ラ・マスカラ選手のロス・インゴベルナブレスが鍵を握っていると思います。
会見でもピエロー選手と共に登場し、3人がかりでディアマンテ・アスール選手のマスクを引き裂き、さらにはストンピング。
ほとんど集団リンチのような状態でしたが、おそらくはマスカラ戦にも介入してくると思われます。
はたしてディアマンテ・アスール選手に大ダメージを与える吉と出るのか、はたまたレフェリーに反則を取られる凶とでるのか。


image
セミではCMLL世界6人タッグ王者組のスカイチームとナショナル6人タッグ王者組のロス・イホス・デル・インフィエルノが王者対決ですが、ダブルタイトルマッチではなくCMLL世界6人タッグ王座戦として行われます。


セミ前の第4試合ではウルティモ・ゲレーロ選手の持つNWA世界ヒストリック・ミドル級王座にマット・ターバン選手が再びCMLLマットに登場し、挑戦します。


CMLLの創始者であるサルバドール・ルッテロ氏とルチャリブレの歴史に偉大なる功績を残した人物の2人を讃える大会、オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス。
今年は1981年に蔵前国技館で初代タイガーマスク選手とも闘ったビジャノ形手がアレナ・メヒコのリングに招かれ、セレモニーが行われます。
ビジャノ形手と初代タイガーマスク選手の試合は 新日本プロレスワールドで視聴可能です。






人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

テリブレ&タマ・トンガがCMLL世界タッグ王座奪取!!

10月12日(金) にアレナ・メヒコで行われたレジェンダ・デ・アスールからCMLL遠征をスタートさせたタマ・トンガはルードとしてファイト。
日本では底抜けに明るい超陽性キャラクターなのでルードはどうなのかとも思っていましたが、実にノビノビとそしてイキイキとCMLLマットを楽しんでいるように見受けられます。
日本との違いは裸足ではなく黒いリングシューズを着用していることくらい。
レジェンダ・デ・アスールに優勝し、11月21日(水)開幕のWORLD TAG LEAGUEにルーシュとのコンビで初来日するディアマンテ・アスールとの抗争中。
11月11日(日)アレナ・メヒコのメインではアスールとタマ・トンガがシングルで激突。
レフェリーの死角をつき、アスールのマスクを剥いでからの丸め込みとすっかりルードらしさを身に付けたタマ・トンガが勝利し、遺恨は更に深まるばかり。

迎えた11月13日(火)アレナ・メヒコのメインイベントはアトランティス&ディアマンテ・アスールの王者組にテリブレ&タマ・トンガが挑戦するCMLL世界タッグ王座戦。
アトランティス&ディアマンテ・アスールvsテリブレ&タマ・トンガ
結果は王者組が2度目の防衛に失敗、テリブレ&タマ・トンガが第33代王者組となりました。
〈あのタマ・トンガがメヒコで初栄冠!! テリブレとCMLL世界タッグ選手権を奪取!!/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉

記録を調べてみると数年前までエル・テハノJr.とのタッグで売っていたテリブレも意外とこのタイトルは初戴冠。
タマ・トンガはCMLLでのタイトル初挑戦で見事に王座奪取。
CMLL世界タッグの歴史を見ると1995年6月30日にベルトを巻いたヘッドハンターズ以来のメキシコ人以外の外国人王者。
この結果を受け、ふとルーシュ&ディアマンテ・アスールがWORLD TAG LEAGUE参戦前に挑戦し、王座奪取して来日となれば面白いと思いましたが、もう来週21日(水)にWORLD TAG LEAGUE開幕ですから挑戦は無理。
抗争相手を失う形となるタマ・トンガは次は誰をターゲットとするのか?
そしてCMLL世界タッグ初防衛戦の相手に名乗りを上げるのはどのチームだ?


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

WORLD TAG LEAGUE 2012にルーシュ&ディアマンテ・アスール参戦!!

新日本プロレスからルチャ好きを狂喜乱舞させる発表が続々と!
まずは今年からシリーズ名称が変更されたWORLD TAG LEAGUE 2012にCMLLからルーシュ&ディアマンテ・アスールの参戦が決定!!
最終戦の12月2日(日)の愛知・愛知県体育館では準決勝と決勝が行われるため、カード未発表ですが、その他の日のルーシュ&アスール絡みのカードを記載しておきます。
■11月20日(火) 東京・TOKYO DOME CITY HALL
第1試合 20分1本勝負
後藤洋央紀&“ザ・マシンガン”カール・アンダーソン&獣神サンダー・ライガー&KUSHIDAvsルーシュ&ディアマンテ・アスール&タイガーマスク&BUSHI

■11月21日(水) 東京・TOKYO DOME CITY HALL
第3試合 30分1本勝負
Bブロック公式戦 vs天山広吉&小島聡

■11月23日(金・祝) 岡山・岡山県卸センター・オレンジホール
第2試合 30分1本勝負
Bブロック公式戦 vs矢野通&飯塚高史

■11月24日(土) 京都・KBSホール
第2試合 30分1本勝負
Bブロック公式戦 vs田中将斗&高橋裕二郎

■11月25日(日) 広島・広島グリーンアリーナ・小アリーナ
第2試合 30分1本勝負
Bブロック公式戦 vsランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.

■11月27日(火) 千葉ポートアリーナ・サブアリーナ
第2試合 30分1本勝負
Bブロック公式戦 vs中西学&ストロングマン

■11月28日(水) 茨城・茨城県立スポーツセンター
第2試合 30分1本勝負
Bブロック公式戦 vsMVP&シェルトン・ベンジャミン

■12月1日(土) 石川・石川県産業展示館2号館
試合順未定
棚橋弘至&田口隆祐&KUSHIDAvsルーシュ&ディアマンテ・アスール&BUSHI

〈11月20日(火)開幕!!『WORLD TAG LEAGUE 2012』の対戦カード決定!! TDC大会、愛知大会には桜庭&柴田が特別参戦!/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉

今年のFANTASTICA MANIAで初来日したルーシュはG1にも参戦し、今回が3度目の来日。
開幕戦では公式戦が組まれていませんが、第1試合で8人タッグながら後藤洋央紀と激突。
また真正面からぶつかり合う2人の熱いファイトが展開されそうです。
翌22日は天山との猛牛対決となるテンコジ戦が組まれています。
ディアマンテ・アスールは今回が初来日。
今年の2月に前名メトロからダィアマンテ・アスールへと転身。
アトランティスと組みCMLL世界タッグを奪取後、レジェンダ・デ・アスールにも優勝とめきめき頭角を現しトップ戦線入り。
現在はCMLLに遠征中のタマ・トンガと熱い火花を散らす抗争中。
華麗な空中戦を売りにするタイプではありませんが、ジャーマンスープレックスを得意技にするなど日本のスタイルにアジャスト出来るルチャドールだと思います。
ルーシュも今年は年間最大のビッグショー、アニベルサリオのメインでテリブレとのカベジェラ・コントラ・カベジェラに勝利して確固たるトップの1人としての地位を築きました。
ルーシュとアスールはCMLLで最もブレイクした2人と言えるかもしれません。
IWGPタッグ王者のアーチャー&スミスを筆頭に一筋縄ではいかないメンツの揃ったBブロックではありますが、それなりの結果も内容も残して欲しいと思います。

最後に初来日のディアマンテ・アスールの試合動画を紹介します。
10月12日(金) にアレナ・メヒコで行われたレジェンダ・デ・アスール。
もちろん優勝はディアマンテ・アスールですが、この試合がタマ・トンガのCMLL初戦でした。
慣れないリングでコーナー最上段に飛び乗り損ねるシーンもあります。
その他の出場選手はウルティモ・ゲレーロ、ボラドールJr.、アトランティス、ラ・ソンブラ、ミステル・アギラ、ショッケル、マルコ・コルレオーネ、テリブレ、ルーシュ、ブラソ・デ・プラタ、クラネオ、ディアマンテ、ミステリオッソJr.、そして来年のFANTASTICA MANIAで初来日が決定したエウフォリアです。




 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

タマ・トンガのCMLLタイトル初挑戦が決定!!

10月12日(金)のレジェンダ・デ・アスール出場から初めてのCMLL遠征を行っているタマ・トンガ。
ルードとしてCMLL世界ヘビー級王者のテリブレやゲレーロスから脱退したNWA世界ヒストリックとCMLL世界のミドル級2冠王ドラゴン・ロホJr.とレイ・エスコルピオンと共闘し、メインやセミに登場、CMLL公式サイトなどの画像だけでも想像よりも遥かに上のポジションで実にイキイキと闘っている雰囲気が伝わってきます。
現在は今年のレジェンダ・デ・アスールの優勝者ディアマンテ・アスールとの抗争が激化、対戦する度にアスールのマスクを剥ぎ、遺恨は深まるばかり。
今週日曜日、11日のアレナ・メヒコではマスカラ・ドラダvsポルボラのCMLL世界ウェルター級タイトルマッチやショッケル&ブラソ・デ・プラタ&バリエンテvsボラドールJr.&ドラゴン・ロホJr.&レイ・エスコルピオンといったカードを押しのけ、ディアマンテ・アスールvsタマ・トンガのマノ・ア・マノ(シングルマッチ)が堂々のメインイベントにマッチメイクされました。
更に6日(火)のアレナ・コリセオでの試合後、タマ・トンガがタイトル挑戦のアピールをして、遂にタマ・トンガのCMLLで初のタイトルマッチが決定しました!

11月13日(火) アレナ・メヒコ 対戦カード

11月13日(火)のアレナ・メヒコでアトランティス&ディアマンテ・アスールvsテリブレ&タマ・トンガのCMLL世界タッグ王座戦が組まれました!
アトランティス&アスールにとってこれが2度目の防衛戦。


タマ・トンガのこのツイートは前にも紹介しましたが「mi Hermano luchador 'Terrible'!」とは日本語にすると「オレのブラザー、ルチャドールのテリブレだ!」てな感じでしょう。
今年のアニベルサリオでルーシュとのカベジェラ戦に敗れ、テリブレの髪は現在この長さですが、もともとは長髪。
対戦相手を威嚇する舌出しポーズももともとやっていて、髪が長ければ結構、似た者同士のタッグかもしれません。
海千山千の大ベテラン、レジェンダのアトランティスとメトロからキャラチェンジ後、あれよあれよという間にトップ戦線に躍り出たディアマンテ・アスールのコンビが対戦相手ですが、タマ・トンガの勢いをもってすれば、タイトル奪取は十分にあり得ると思います。
頑張れ!タマ・トンガ!!


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン
カテゴリ別アーカイブ
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile

MISTICO TIGER

本名/非公開
生年月日/非公開
デビュー戦/'07年3月17日
身長/170cm
体重/80kg
出身地/非公開
趣味/プロレス観戦
   プロレスマスク収集

Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


free counters
Archives
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ