ディック東郷

なんともメキシコらしい!?トホホな話

メキシコ人が時間にルーズだとはよく聞きますが、なんともトホホな出来事が、現在ワールドツアー中のディック東郷選手のブログで明かされる。
この出来事の伏線はメキシコのルチャ雑誌「LUCHAS 2000」がハポンのレジェンダ、東郷選手に取材を申し込むところから始まります。
さっき、メキシコのルチャ雑誌「LUCHAS 2000」の取材に行ったのですが、待ち合わせ場所に記者が来ませんでした。1時間待ったのですが、体調があまり良くなかったので帰って来ました。なぜ、彼らは約束を守れないんだろ?
しかも、自分から時間と場所を指定しておいて。謎だ!

うーむ、やっぱりそういう国民性なのか?
これだけで話は終わりません。
数日後、今度は別のルチャ雑誌「BOX y LUCHA」からの取材。
しか〜し!
予想通りに・・・
ルチャ雑誌「BOX y LUCHA」の取材で、待ち合わせ場所のアレナメヒコに行って来ました。

待つ事30分。もう、この時点でおかしいです。

あちゃ〜!!
「お前もかっー!!」のタイトルからも東郷選手のご立腹ぶりが伝わります。
そして、更に思わぬ事態へと飛び火する!
それから、待つ事10分。一人の青年が声をかけてきました。

俺は記者の顔を知らないので、その人が記者だと勝手に思い込み、時計を指しながら「何時だと思ってるんだ」と言ってやりました。

すると、その青年はキョトンとした顔をしながら「俺の顔、忘れたの?マスカラ・ドラダだよ」と言って来ました。

人違いでした。そして、顔を忘れてスマン!

そんな事より、どうなっとるんじゃい!

結局、今日も記者はやって来ませんでした。

さすがに俺もかたくなるよ!

俺、北向いちゃったよ。。。

マスカラ・ドラダ偶然、その場に居合わせたドラダが取材記者と勘違いされ、東郷選手から怒られる!(笑)
いや、きっとドラダからしたら訳のわからない頭に?マークがいくつも出るような事態だったことでしょう。
ドラダにとってはとんだとばっちり。
でも何故か読んで笑ってしまいました。

東郷選手とドラダの接点というとおそらく昨年6月21〜23日に開催された新日本プロレスの「J SPORTS CROWN」 〜無差別級6人タッグトーナメント〜だけだと思いますのでマスクを被っていない素顔のドラダを忘れていても仕方ないですね。

日本人からすると時間にルーズだと感じるメキシカン。
けれど、メキシカンからすると日本人は何故そんなにせかせかしているのか不思議なのかもしれません。
日本人の常識がそのまま海外の国々の常識と同じはずがありません。
ネットを通じて海外の人とも知り合う機会の増えた現代社会。
お互いの文化を理解することが大事だと感じた出来事でした。
きっちりと時間を守るメキシカンももちろんいるでしょうし、時間にルーズな日本人もいる。
きっと割合の問題なんでしょうね。

うーむ、やっぱり東郷選手に訳もわからず怒られたドラダを想像するとおかしくて笑えて来ます。
スマン!


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

闘龍門自主興行にニンジャ・ウォリアー(ディック東郷)参戦

昨年6月30日に新日本プロレスの外道選手と国内引退試合を終え、ワールドツアーへと旅立っていったディック東郷選手。
国内引退試合の直前に行われたトークイベントで「ディック東郷の名が通じる所ではそのまま、そうではない南米等では忍者キャラで試合をする」と語っていたとのことで忍者コスチュームを楽しみにブログ「Backpacking wrestler ディック東郷の『東郷見聞録』」などをチェックしていました。
日本を発ってオーストラリアから始まったワールドツアー。
その後、ヨーロッパを周り、アメリカからメキシコ入り。
ルチャリブレの国メキシコでいったいどこのリングに上がるのだろう?と注目していましたが、1月8日付けのブログに「もしかすると、明日試合があるかも。とりあえず、会場に行ってみます。」と。
ん!?どこだ?と思っていたところで世界の“究極龍”ウルティモ・ドラゴンofficial blogで「自主興行に出さしてください!」とメールがあったことを知りました。
闘龍門自主興行ならいつもチェックしているルチャ系のサイトで画像が見れそうだと、覗いてみたらびっくり!!!

ニンジャ・ウォリアー ゲレーロ ナバーロ トラウマ2号
ディック東郷

なんとメキシコで忍者コスチュームをお披露目!
入場時は忍者頭巾を被っていました。
1月8日メキシコシティのサラ・デ・アルマスで行われた大会のメインに組まれた対戦カードはウルティモ・ドラゴン&ブラソ・デ・プラタ&イホ・デル・ファンタスマ&アンジェリコvsニンジャ・ウォリアー&ネグロ・ナバーロ&ウルティモ・ゲレーロ&トラウマ1号の8人タッグ。
ウルティモ校長も東郷選手もブログにトラウマ2号と書いてありますが、この体のデカさはナバーロさんの長男のトラウマ1号の方だと思われます。
「前から中南米に入ったら、どっかのタイミングで、東洋系キャラでやろうと思っていました。
お披露目出来て、嬉しいです。」
と試合後にブログに記されていましたが、忍者コスチュームのお披露目が南米になっていたら、発見は難しかったかもしれません。
メキシコの闘龍門自主興行で着用してくれて良かった!

それにしても東郷選手が出場したメイン以外にも日本のルチャファンにはお馴染みのマグヌスやデムス3:16、ブラソ・デ・プラティーノ、ローリン・ボーイなど豪華な顔ぶれが出場した大会だったようです。
年明け早々にも書きましたが、今年はウルティモ・ドラゴン校長のデビュー25周年で辰年!
これらのルチャドールの一部でも来日して25周年を祝う大会が日本で開催されることを願っています!!


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

ワールドツアーに旅立った“レスリング・マスター”の海援隊時代の入場用マスク

ディック東郷6月30日、国内最終試合を終え、約1年間のワールドツアー後に崇拝するチェ・ゲバラの祖国ボリビアで引退する予定の“レスリング・マスター”“マスター・オブ・セントーン”ディック東郷。
現在は既にオーストラリア入りし、現地で試合を行う他、その高いレスリング技術を買われ、新人レスラーやデビュー前のレスラー志望者に「セミナー」を行なった模様が東郷選手のブログに綴られています。
〈Backpacking wrestler ディック東郷の『東郷見聞録』〉

世界に旅立つ前の6月には縁のあるみちのくプロレス、KAIENTAI-DOJO、そしてDDTで東郷選手を送り出す大会を開催。
どれか1つでも観戦したかったのですが、懐事情で断念しました(>_<)
どれも感動的な試合とセレモニーだったようです。

〈6・5 みちのくプロレス/バトル・ニュース〉
〈6・18 KAIENTAI-DOJO/スポーツナビ〉
〈6・30 DDT/スポーツナビ〉

以前にかつての顔であるSATOのマスクは紹介していますのでプロフィールはそちらとWikipediaをご覧ください。
〈マスター・オブ・セントーンのかつての顔/Mask Maniaへの道!!〉
〈ディック東郷/Wikipedia〉

海援隊★DX海援隊★DXディック東郷今回はSATOのマスクを失い、リングネームをディック東郷と改めて、獅龍、テリーボーイとの平成海援隊、そして後にTAKAみちのく、船木勝一、中島半蔵が加わったユニット、海援隊★DX時代の入場用マスクです。
6月18日に行われたAIENTAI-DOJO「海援隊★DXファイナルカウントダウン・FINAL」では海援隊時代と同じ、青と白のロングタイツで試合をしましたが、入場時はバンダナのみで残念ながらマスクは被りませんでした。
最後にこのマスクも被って欲しかった!

今回の動画は1996年12月1日、代々木競技場第2体育館で行われた「INOKI FESTIVAL in 代々木」でのザ・グレート・サスケ&グラン浜田&スペル・デルフィン&星川尚浩&薬師寺正人vsディック東郷&Men'sテイオー&獅龍&TAKAみちのく&船木勝一のみちのく正規軍と海援隊★DXの対戦。
この試合の入場時にも東郷選手はマスクを着用しています。





国内最終試合の前後に紹介したかったマスクですが、ちょうどその頃、多忙とPC不調でタイミングを思いっきりハズしてしまいました(-_-;
頭の部分が開いた青のリクラプンティーニの本体にピラタ・モルガンやレイ・ブカネロに代表される海賊モチーフの独眼デザイン。
サインはマスクを入手後に友人にお願いして東郷選手に入れてもらいましたm(__)m



 

 




国内最終試合の直前に行われたトークイベントで「ディック東郷の名が通じる所ではそのまま、そうではない南米等では忍者キャラで試合をする」と語っていたようです。
海援隊の仲間で忍者キャラのレッスルゲート、HANZO選手に良いリングネームはないか相談したら「サスケ、シノビ・・・」と答えられ「それもういるじゃん!いいよ、HANZOでやるから!」なんてやり取りがあったようですが、いったいどんなコスチュームを身に纏うのでしょう?
現在は順調にブログが更新されていますが、これから先、行く国々で同じようにネット環境が整うとは限りません。
海外での様子がこれからも伝わって来るのか、ちょっと心配ですが、注目しています。

ディック東郷リング上ではキャラを貫き、コワモテの東郷選手ですが、リングを降りると素敵な笑顔の持ち主。
大きな怪我なくプロレス人生を終え、笑顔で無事に帰国されることを願っています。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン Mistico Tiger 3rd Trade Mask

マスター・オブ・セントーンのかつての顔

ディック東郷SATOSATO
本名 佐藤茂樹
1969年8月17日生まれ 秋田県大館市出身
1991年6月5日 ユニバーサル・プロレスにて巌鉄魁(がんてつ・さきがけ)のリングネームでMASAみちのく(現ザ・グレート・サスケ)を相手にデビュー
メキシコ遠征後 みちのくプロレスに参戦し SATOのリングネームでマスクマンとして活動
1993年10月12日スペル・デルフィンに敗れ素顔に
その後 獅龍 テリーボーイと「平成海援隊」を結成
負傷欠場からの復帰に際しディック東郷に改名
170cm/99kg

突然、飛び込んできた残念な出来事がありましたが、アビスモ・ネグロ選手を偲びつつ、平常運転と参ります。
今回、紹介するマスクは現在、ジュニアのフリーランスとして様々な団体で活躍しているディック東郷のかつてのキャラであるSATOです。
SATO時代はみちのく正規軍のサスケに次ぐNo.2として地味な印象がありましたけど、今はホントにディック東郷の名のごとくリングコスチュームをカバンに詰め、行く先々できっちりと仕事をこなす職人派レスラーですね。
物凄くレスラーらしいオーラをまとった選手だと思います。

動画ですが、デルフィンとのマスカラ戦はGスピリッツの付録DVDに収められていて、ご覧になった方も多いでしょうから、'93年7月26日に行われたサスケと組んでのスペル・デルフィン&愚乱・浪花戦をチョイスしてみました。
デルフィン軍お約束のロープを挟んでの同士討ちアームブリーカーもありますよ〜(^o^)
師匠〜(ToT)






さぁてマスクです!
クリスマス・イヴに「クリスマスカラーはメヒコカラーでもある」なんて2年連続でメヒコカラーのマスクを紹介している以外は、全くランダムにその時々で起こったことは全く関係なく紹介しているのですが、今回は時事ネタですから(^_^;)

今、日本国中を熱くさせているもの、そうです!WBC、ワールド・ベースボール・クラシック!
ルチャの本場メキシコは残念ながら第2ラウンドで敗退してしまいましたが、このメキシコの試合の観客席には案の定、マスクを被って応援している人がいたのをテレビで観ませんでしたか?
いよいよ本日、2連覇を目指し日本時間で午前10時半から今大会5度目の対戦となる韓国を相手に決勝戦に臨む侍JAPANですが、日本チームを応援するのに最適なマスクはなんだろう?と考えた結果がSATOだったのです!(^o^;)
額に日の丸の入ったエル・サムライ初期タイプかSATOかといった感じですが、SATOにはサイドに「日本」の文字も入っています!
左頬はそのまま「日本」ですが、右頬は反転していて「本日」と読めます!
つまり、この「本日」「日本」に本日の決勝戦は日本に勝って欲しいという願いを込めたという訳なんですが・・・。
笑って頂ければ幸いです(^o^)/
頑張れ!日本!2連覇だ!!
きっと岩隈投手が世界一を届けてくれるはずです!
・・・って、たまにはこんなんでもいいでしょうか?
あっ、もちろん10時半は仕事してますから、SATOのマスク被って日本を応援!という訳にはいきませんけどね(^_^;)



  

  
カテゴリ別アーカイブ
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile
Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


マスク画像
観戦画像
free counters
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ