ニエブラ・ロハ

84 アニベルサリオ

メキシコ現地時間で8月16日、CMLLは9月1日開催のグランプリと9月16日開催のアニベルサリオに関する会見を行いました。

このうち、創立84周年記念大会となる年間最大興行アニベルサリオでニエブラ・ロハ選手とグラン・ゲレーロ選手、女子のプリンセサ・スヘイ選手とセウシス選手の2つのマスカラ・コントラ・マスカラが先行発表されました。
2カードともアニベルサリオの実現するのではないかと噂されていた対戦です。

image
ニエブラ・ロハ選手とグラン・ゲレーロ選手はもともとウルティモ・ゲレーロ選手率いるロス・ゲレーロス・ラグネロスのメンバーでした。
ところが今年春頃からニエブラ・ロハ選手が対戦相手のテクニコの選手と試合中に握手を交わしたり、もう1人のゲレーロスのメンバーであるエウフォリア選手を含めた連携に加わらなかったりと不穏な行動を続けた挙句にゲレーロスを離脱し、テクニコに転向してしまいました。
「テクニコになるのは構わない。だが、そのマスクのデザインは俺のモノだ。ゲレーロスを抜けるなら、そのマスクを返せ」ともっともな怒りを露わにしたのがウルティモ・ゲレーロ選手でした。
これに対し、ニエブラ・ロハ選手がゲレーロスに加入する前のテクニコ時代のキャラクターであるアンヘル・デ・プラタに戻るのか注目していましたが、ニエブラ・ロハ選手はニエブラ・ロハの名のままゲレーロスとの抗争に突入。
当初はウルティモ・ゲレーロ選手とのマスカラ・コントラ・カベジェラを要求していましたが、徐々にその矛先は弟のグラン・ゲレーロ選手へと向けられていきました。
ディアマンテ・アスール選手とピエロー選手、ピエロー選手とバンジェリス選手、ブルー・パンテル選手とサム・アドニス選手の抗争がわりと早い段階でマスカラ・コントラ・マスカラ、カベジェラ・コントラ・カベジェラの決着戦が組まれるなかで、ゲレーロスとニエブラ・ロハ選手の抗争の決着戦は組まれずにいました。
いよいよ、最も注目される舞台で実現します。
Luchawikiで記録を調べてみると、奇しくも2人は2008年デビューのキャリア9年。
それぞれの前身キャラクターを含めて、今回が初のマスカラ戦です。

プリンセサ・スヘイ選手とセウシス選手はナショナル女子王座を巡って、何度も何度も闘っている間柄。
現王者がスヘイ選手で前王者がセウシス選手。
セウシス選手が王者時代の昨年6月から今年2月にスヘイ選手のベルト奪取を経て現在まで7度の王座戦はこの2人の間でしか行われていません。
余談ですが、プエルトリコ出身のセウシス選手がメキシコ人のみ挑戦出来るナショナル王座になぜ挑戦し、王者だったのかがわかりません。
不思議に思って調べてみるとネグロ・カサス選手の奥さんでパナマ人のダリス選手やデムス3:16選手の奥さんで日本人のHIROKA選手も戴冠はなりませんでしたが、挑戦していました。
男子ではあり得ないと思いますが、女子は緩いのでしょうか?

スヘイ選手が1980年生まれで1996年デビュー、マスカラ戦は4戦無敗。
セウシス選手は1998年生まれで2008年デビュー、マスカラ戦は2戦無敗。

アニベルサリオで実現か?と噂されていたルーシュ選手とディアマンテ・アスール選手のマスカラ・コントラ・カベジェラは今回の会見では発表されませんでした。
おそらく残りは4試合程になるかと思われます。
心して大一番の追加発表を待ちたいと思います。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

トルネオ・カンペオン・ウニベルサル予選2週目

image
7月7日のアレナ・メヒコ金曜定期戦のカードが発表されました。
メインは“宇宙一決定戦”トルネオ・カンペオン・ウニベルサルの予選2週目。
参加選手は以下の8人です。

●アトランティス選手 (ナショナル・ライトヘビー級)
●ウルティモ・ゲレーロ選手 (NWA世界ヒストリック・ミドル級)
●マルコ・コルレオーネ選手 (CMLL世界ヘビー級)
●メフィスト選手 (CMLL世界ウェルター級 ナショナル6人タッグ)
●ニエブラ・ロハ選手 (CMLL世界ライトヘビー級)
●ミスティコ選手 (CMLL世界6人タッグ)
●ソベラノJr.選手 (ナショナル・ウェルター級)
●エフェスト選手 (ナショナル6人タッグ)

やはり、今年は提携団体の新日本プロレスとROHからの参戦はなく、CMLL最強戦士決定戦となりました。
前週の予選1週目を勝ち上がったボラドールJr.選手と14日の決勝戦で激突するのは誰になるのか?
なんとなくではありますが、ウルティモ・ゲレーロ選手かメフィスト選手が予選2週目を勝ち上がる気がしています。
心情としてはソベラノ選手を応援していますが、現状ではまだまだここは敷居が高過ぎると感じています。
並み居る強豪との対戦経験はますますソベラノ選手の成長に拍車をかけると思います。

セミには6月30日のアレナ・メヒコ金曜定期戦で「2代目 (?) ラ・ソンブラ」を登場させたルーシュ選手&ピエロー選手のロス・インゴベルナブレスが今度はリッペル選手とのトリオでショッケル選手&テリブレ選手&バンジェリス選手と対戦。
ピエロー選手vsバンジェリス選手のカベジェラ・コントラ・カベジェラを翌週に控えるインゴベルナブレスが次に仕掛ける手はいったい何なのか?
謎の黒覆面の男「2代目ソンブラ」がカードに組み込まれるのか、発表を楽しみにしていました。
リッペル選手とのトリオが発表されたことに加え、衝撃的な登場をしたわりに入場するバンジェリス選手を襲撃したピエロー選手に加勢した後はセコンドに付くこともなく、あっさりとバックステージに消え、その後も姿を現さなかったことを考えると「2代目ソンブラ」が即インゴベルナブレス入りはなさそうな気配。
バンジェリス選手への陽動作戦要員だったのでしょうか?

image
セミ前の第2試合には“他人のマスク被りたがりルチャドール”ミステリオッソJr.選手が登場。
今回の対戦相手にマスクマンはペガソ選手しかいませんが、ソベラノ選手、ゲレーロ・マヤJr.選手、フエゴ選手、ストゥーカJr.選手、ドローン選手に次ぐ6人目の犠牲者になってしまうのか要注目です。
対戦相手のマスクを剥がしては自ら被ってしまう怪行動を続けるミステリオッソ選手。
この怪行動が話題となり、ついにはソベラノ選手のマスク以外を持参して、毎週話題のルチャドールが登場するインフォルマにゲスト出演。
“マスクハンター”というよりもミステリオッソ選手の悪ふざけやイタズラに見えてしまうのは自分だけでしょうか?
前代未聞の怪行動にどこかコミカルさが感じられるのはミステリオッソ選手の陽気な性格がリング上で解放されたからではないかと思うのです。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

トルネオ・デ・ラ・グラン・アルテルナティバ2017決勝戦

6月9日アレナ・メヒコ金曜定期戦で行われた「トルネオ・デ・ラ・グラン・アルテルナティバ2017」の予選2週目は大本命のカリスティコ選手とソベラノJr.選手のチームがボラドールJr.選手とフライエル選手にマスクを引き裂かれながらも見事に勝ち上がりました。〈RESULTADOS VIERNES ARENA MEXICO: !CARISTICO Y SOBERANO A LA FINAL DE LA GRAN ALTERNATIVA!/CMLL公式HP〉

image
この結果により、次週16日のアレナ・メヒコ金曜定期戦のメインでカリスティコ選手&ソベラノJr.選手vsウルティモ・ゲレーロ選手&サンソン選手の決勝戦が行われることが決定しました。

とにもかくにも、この2人が並び立つ姿を見られることを本当に嬉しく思います。
今年1月のファンタスティカマニアで日本のファンからも注目を集め、4月にはコパJr.制覇、5月にはナショナル・ウェルター級王座奪取とスペル・エストレージャへ一気に駆け上がらんとするソベラノ選手が6月もグラン・アルテルナティバ優勝という栄冠を掴み取るのか大注目です。


予選2週目が行われた9日のアレナ・メヒコでは事件も勃発。
前週、ラ・マスカラ選手のCMLL離脱からルーシュ選手とピエロー選手の親子2人だけとなってしまったロス・インゴベルナブレス入りをアピールしたバンジェリス選手。
ルーシュ選手とピエロー選手に「顔じゃねぇよ」とばかりに無碍もなく拒否されたバンジェリス選手がアルテルナティバ2週目にアクマ選手とのタッグでエントリーしていたピエロー選手を予選1回戦の試合後に入場ゲートで急襲。
バンジェリス選手からバットや場外フェンスで傷めつけられたピエロー選手の右腕はドクターストップとなり、2回戦はやむなく不戦敗となってしまいました。
新たに勃発した因縁対決も16日のアレナ・メヒコの第3試合にラインアップされています。
9日は出場予定がなく、父ピエロー選手の救出に駆け付けられなかったルーシュ選手の怒髪天を突くかのような表情が目に浮かびます。


最後にラ・マスカラ選手とマキシモ・セクシー選手のCMLL離脱によって空位となったタイトルの王者決定戦の結果を。
CMLL世界ヘビー級は6月6日のグアダラハラで王者決定戦が行われ、マルコ・コルレオーネ選手が第19代王者になりました。
コルレオーネ選手はCMLLでシングルの王座初戴冠。
CMLL世界ライトヘビー級は6月10日のアレナ・コリセオで決定戦が行われ、ニエブラ・ロハ選手が第16代王者に。
ニエブラ・ロハ選手もCMLLのシングル王座は初戴冠。
そして、マスカラ選手の前の第14代王者は弟のアンヘル・デ・オロ選手で同タイトルの兄弟戴冠は初。
さらにアンヘル・デ・オロ選手は現在のCMLL世界ミドル級王者です。
ニエブラ・ロハ選手のロス・ゲレーロス・ラグネロス離脱、テクニコ転向はこの結果を見ると大成功。
しかし、これにゲレーロスの面々が黙っているとは到底思えません。

バンジェリス選手とインゴベルナブレス、ニエブラ・ロハ選手とゲレーロスの抗争は9月のCMLL年間最大興行アニベルサリオに向けて、さらにメラメラと燃え上がっていきそうな気配です。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

6月10日アレナ・コリセオ土曜定期戦でCMLL世界ライトヘビー級王者決定戦

ラ・マスカラ選手とマキシモ・セクシー選手のCMLL解雇により空位となっているCMLL世界ヘビー級とライトヘビー級の2つの王座。
ヘビー級は6月6日のグアダラハラ火曜定期戦で王者決勝戦が行われることが既に発表されていますが、ライトヘビー級は6月10日のアレナ・コリセオ土曜定期戦で王者決勝戦が行われることが発表されました。

image
出場選手はテクニコ6人、ルード4人の計10人。

●カリスティコ選手
●ジョニー・アイドル選手
●ニエブラ・ロハ選手
●ストゥーカJr.選手
●ミステリオッソJr.選手
●バルバロ・カベルナリオ選手
●リッペル選手
●ドローン選手
●ブルー・パンテル選手
●ポルボラ選手

人気、実力ともに“神の子”カリスティコ選手が頭1つ抜けているように思いますが、2015年10月のCMLL復帰後、メフィスト選手の保持するCMLL世界ウェルター級に2度、ウルティモ・ゲレーロ選手の保持するNWA世界ヒストリック・ミドル級に1度挑戦し、ベルト奪取ならず。
もはやベルトを超越した存在ではありますが、やはり獲れるものは獲ってもらいたいと思うのがファン心理。
CMLLが管理するタイトルならば、なおのことです。
是非ともこのチャンスを掴んでベルトを巻いて欲しいと思います。
そして、ストゥーカ選手とミステリオッソ選手も大好きなルチャドール。
この3人の中から新チャンピオンが誕生すれば個人的にはとてもハッピーです。

第16代CMLL世界ライトヘビー級王者に輝くのは、いったい誰だ?



人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

トルネオ・デ・ラ・グラン・アルテルナティバ2017 2週目

6月2日からアレナ・メヒコ金曜定期戦で3週にわたって開催されているトップルチャドールと中堅・若手が組むタッグトーナメント「トルネオ・デ・ラ・グラン・アルテルナティバ2017」。
予選1週目はウルティモ・ゲレーロ選手とサンソン選手のチームが勝ち上がりました。〈RESULTADOS VIERNES ARENA MEXICO: !SANSON CERCA DEL ESTRELLATO!/CMLL公式HP〉

image
そして、6月9日のアレナ・メヒコ金曜定期戦の対戦カードが発表され「アルテルナティバ」予選2週目にエントリーするタッグチームも発表となりました。

●カリスティコ選手&ソベラノJr.選手
●メフィスト選手&ラシエル組
●ボラドールJr.選手&フライエル選手
●ネグロ・カサス選手&カネロ・カサス選手
●ニエブラ・ロハ選手&ドローン選手
●バリエンテ選手&アストラル選手
●アンヘル・デ・オロ選手&オロJr.選手
●ピエロー選手&アクマ選手

1週目がテクニコ、ルードともに4チームがエントリーされましたが、2週目はテクニコが5、ルードが3チームとなりました。
このうち、血縁関係があるのはボラドール選手とフライエル選手、ネグロ・カサス選手とカネロ・カサス選手の2チームでどちらもおじと甥の関係にあたります。
1週目のウルティモ・ゲレーロ選手&サンソン選手の勝ち上がりをズバリ的中させてしまったので、ちょっと調子に乗って2週目も予想してみますが、“神の子”カリスティコ選手とコパJr.制覇に続き、ナショナル・ウェルター級王座戴冠とまさに飛ぶ鳥を落とす勢いのソベラノ選手のチームが大本命だと思います。
ウルティモ・ゲレーロ選手とカリスティコ選手、サンソン選手とソベラノ選手のライバル関係もあり、決勝戦にふさわしいカードとなりそうです。
対抗はロス・ゲレーロス・ラグネロス離脱、テクニコ転向で注目を集めているニエブラ・ロハ選手と派手ないでたちと特異な技のレパートリーを持つドローン選手がバランスの良いチームだと思います。

予選1週目は普段は組むことの少ないパートナーとのハーフマスクを被って登場した選手が数人いました。
2週目もこれは続くと思われますが、カリスティコ選手とソベラノ選手がハーフやデザインをミックスしたコラボマスクで登場なんてことになったら、めちゃくちゃ欲しくなってしまいそうです。

image
まさか、この2人のタッグがこんなに早く実現するとは思いませんでした。
私にとっては「夢のタッグ2017」。
「グラン・アルテルナティバ2017」を制覇すれば、ソベラノ選手のスペル・エストレージャへの道はますます加速度を増しそうです。

ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア帰りのドラゴン・リー選手は「アルテルナティバ」にはエントリーされず、セミでアトランティス選手、ミスティコ選手と組み、ウルティモ・ゲレーロ選手、エウフォリア選手、グラン・ゲレーロ選手のゲレーロスと対戦します。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

ついにゲレーロスと決別! ニエブラ・ロハがテクニコに再転向

image
現在、新日本プロレスのベスト・オブ・ザ・スーパー・ジュニアに参戦中のドラゴン・リー選手を始め、テクニコ勢とクリーンな闘いを望んでいるのか?試合中に握手を求めたりと長らく不穏な行動が続いていたニエブラ・ロハ選手がロス・ゲレーロス・ラグネロスからがついに離脱!


5月19日のアレナ・メヒコ金曜定期戦のセミで行われたアトランティス選手&バリエンテ選手&アンヘル・デ・オロ選手vsウルティモ・ゲレーロ選手&グラン・ゲレーロ選手&ニエブラ・ロハ選手でニエブラ・ロハ選手がゲレーロスの親分ウルティモ・ゲレーロ選手にとうとう直接攻撃を仕掛けました。

当然、この行為にウルティモ&グランのゲレーロ兄弟は大激怒。
勝負が決まった後でニエブラ・ロハ選手のマスクを剥ぎ取りました。
これを助けに入ったのが、弟のアンヘル・デ・オロ選手。
客席から投げ込まれたオロ選手の応援用マスクを被ったニエブラ・ロハ選手は再び、「アンヘル・デ・プラタ」に戻り、オロ選手と兄弟でゲレーロスとの抗争に突入することを暗示させましたが…。



バックステージでは「ニエブラ・ロハ」のマスクを被り、兄弟でゲレーロスに宣戦布告。

image
発表された翌週26日のアレナ・メヒコ金曜定期戦のセミのカードはミスティコ選手&アンヘル・デ・オロ選手&ニエブラ・ロハ選手vsウルティモ・ゲレーロ選手&エウフォリア選手&グラン・ゲレーロ選手。
発表通りに「ニエブラ・ロハ」として、そのまま登場するのか?
名前はそのままで、ウルティモ・ゲレーロ選手のデザインが色濃いマスクからはチェンジして登場するのか?
それとも「アンヘル・デ・プラタ」として登場するのか?
入場シーンから注目です。
ウルティモ・ゲレーロ選手からマスカラ・コントラ・カベジェラを要求されたこの遺恨。
9月に開催される年間最大のビッグマッチであるアニベルサリオにそれぞれの弟を巻き込み、繋がっていくことも十分に考えられます。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile
Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


マスク画像
観戦画像
free counters
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ