バリエンテ

クアトレロ選手がマスカラ戦に勝利 アンヘル・デ・オロ選手が素顔に

毎年9月に開催される年間最大興行「アニベルサリオ」に次ぐビッグマッチ、CMLL春の大一番「オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス」。
3月16日に開催された今年のオメナヘ・ア・ドス・レジェンダスのメインを飾ったのはアンヘル・デ・オロ選手とクアトレロ選手の20代同士のマスカラ・コントラ・マスカラ。
1月19日ファンタスティカマニア2018後楽園ホールでのCMLL世界ミドル級タイトルマッチの王座移動劇に端を発し、母国メキシコで抗争激化。
敗者はマスクを失う究極の決着戦。
両者の意地と名誉を賭け、死力を尽くした結果はクアトレロ選手の勝利。



昨年、CMLLに彗星の如く登場したヌエバ・ヘネラシオン・ディナミタ。
当初はソベラノJr.選手とのライバルストーリーもあり、兄サンソン選手の方が目立っていましたが、弟クアトレロ選手が大舞台のメインのマスカラ戦勝利という大きな大きな勲章を手にしました。
父はシエン・カラス選手の名門一族の血を継ぐまだ20代前半の若者。
その可能性は無限大。




昨年9月のアニベルサリオで兄二エブラ・ロハ選手がグラン・ゲレーロ選手とのマスカラ戦に敗れてからわずか半年後にマスクを失ってしまったオロ選手。
ロハ選手はマスクを脱ぐ時に父アポロ・チャベスさんをリングに招き入れましたが、今回のオロ選手は父とともに母もリングへと呼び込みました。
家族が見守るなか露わになった表情はマスクを失った悲しみよりも素顔になった今後の決意が漲るものだったように感じました。
本名ミゲル・アンヘル・チャベス・ベラスコ、ゴメス・パラシオ出身の29才、キャリア13年と自らマイクを掴み観客へ伝えました。
この抗争が勃発し、今まではほとんど見せることのなかった感情剥き出しでクアトレロ選手に向かうオロ選手の荒々しい姿は実に魅力的に見えました。
素顔になったことでさらに感情が伝わりやすくなり、且つ兄に負けず劣らずの噂通りのグアポ。
ロハ選手がマスクを失ってから急上昇したようにオロ選手の未来が明るいものになることを願っています。



8A78E938-D12B-42F9-81BE-4438FD4EB7D5
784C2C3E-8C79-42B0-9DCB-9B5A8CBCC411
F6747086-C76C-4317-A77B-A69912F32E64
マスカラ戦での決着をみたクアトレロ選手とオロ選手はオメナヘ・ア・ドス・レジェンダスの翌日の17日アレナ・コリセオ土曜定期戦を皮切りに18日アレナ・メヒコ日曜定期戦、19日アレナ・プエブラ月曜定期戦とマスカラ戦後3日続けて激突することが決まっています。
20日のアレナ・コリセオ・グアダラハラ火曜定期戦のカードは現在のところ未発表ですので、もしかすると4日連続になる可能性もあり、オロ選手としては再戦に向けて是が非でも一矢報いたいところ。


セミで行われた第38代CMLL世界タッグ王者決定トーナメント決勝戦はボラドールJr.選手&バリエンテ選手がテリブレ選手&レイ・ブカネロ選手に勝利し、新王者となりました。
ボラドール選手は2009年1月にラ・ソンブラ選手とのタッグで同タイトルを奪取して以来2度目の戴冠。
バリエンテ選手は初のCMLL世界タッグ王座奪取。




オメナヘ・ア・ドス・レジェンダスの画像→〈CMLL公式HP〉
オメナヘ・ア・ドス・レジェンダスのダイジェスト動画→〈VideosOficialesCMLL〉


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

春のビッグマッチ「オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス」全対戦カード発表

通常は開催の1ヶ月程前には発表されるビッグマッチの対戦カード。
今年のオメナヘ・ア・ドス・レジェンダスは2月7日の記者会見でアンヘル・デ・オロ選手vsクアトレロ選手のマスカラ・コントラ・マスカラが発表され、第37代王者組のネグロ・カサス選手とショッケル選手のCMLL世界タッグ王座返上、新王者決定トーナメントが3月2日と9日に予選、16日のオメナヘ・ア・ドス・レジェンダスで決勝戦が行われるスケジュールとなった為に開催直前の全対戦カード発表になりました。




CMLL創始者サルバドール・ルッテロ氏とミル・マスカラス選手の功績を讃える2018年のオメナヘ・ア・ドス・レジェンダスの全対戦カード。

IMG_2646


◎第6試合 マスカラ・コントラ・マスカラ
アンヘル・デ・オロ選手vsクアトレロ選手

ファンタスティカマニア2018のCMLL世界ミドル級王座交代劇から勃発した遺恨の決着戦。
昨年、彗星の如くCMLLに登場したラ・ヌエバ・ヘネラシオン・ディナミタの1人、クアトレロ選手が早くもビッグマッチのメインのマスカラ戦に登場。
昨年9月のアニベルサリオでオロ選手の兄二エブラ・ロハ選手がグラン・ゲレーロ選手に敗れマスクを失ってからまだ半年。
オロ選手にとっては短い期間で兄弟が続けてマスクを失うことは避けたいところでしょう。






◎第5試合 第38代CMLL世界タッグ決定トーナメント決勝戦
ボラドールJr.選手&バリエンテ選手vsテリブレ選手&レイ・ブカネロ選手

2週に渡って行われた予選の結果、勝ち上がって来たのは長年組んでいるこの2チームでした。
ロス・インゴベルナブレス入りしたテリブレ選手がここでも注目。


◎第4試合
アトランティス選手&マット・ターバン選手&二エブラ・ロハ選手vsウルティモ・ゲレーロ選手&エウフォリア選手&グラン・ゲレーロ選手

提携団体ROHからターバン選手がCMLLに再登場し、ロス・ゲレーロス・ラグネロスと激突します。


◎第3試合
ルーシュ選手&ミスティコ選手&ドラゴン・リー選手vsマスカラ・アニョ・ドスミル選手&サンソン選手&フォラステロ選手

ルーシュ選手が「テクニコでもない、ルードでもない」インゴベルナブレスの為か、なかなか組むことのない3兄弟トリオとディナミタ一族の激突。


◎第2試合
マルセラ選手&プリンセサ・スヘイ選手&小林香萌選手vsダリス選手&セウシス選手&ラ・セドゥクトラ選手

現在CMLLに上がっている日本人選手3人のうち唯一、小林選手がアレナ・メヒコのビッグマッチに登場することになりました。
対戦相手には小林選手が照準を定めているCMLL世界女子王者ダリス選手がいます。

◎第1試合
アウダス選手&フライエル選手&スタルJr.選手vsテンプラリオ選手&ヴィールス選手&ディストゥルビオ選手

ファンタスティカマニア2018で初来日し、日本のファンの好感度を上げたスタル選手とディストゥルビオ選手がビッグマッチに名を連ねていることが何より喜ばしい。
そして前名フィエロからキャラクターチェンジしたアウダス選手、マスクとコスチュームを一新したテンプラリオ選手もオープニングマッチにラインナップされ、団体の期待を感じます。




オメナヘ・ア・ドス・レジェンダスは日本時間で3月17日午前11時半からinternetv.tvでライブ配信(有料)されます。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

宇宙一決定戦 トルネオ・カンペオン・ウニベルサル

image
“CMLL版G1”とも言われる「トルネオ・カンペオン・ウニベルサル」が6月30日のアレナ・メヒコ金曜定期戦で開幕します。
「トルネオ・カンペオン・ウニベルサル」とは2009年から開催されているトーナメントでエントリーされるのはカンペオン=チャンピオンのみ。
カンペオンの中のカンペオンを決める、まさに最強戦士決定戦。
今年は6月30日に予選1週目、7月7日に予選2週目が行われ、1週目と2週目に勝ちがあった選手が7月14日に決勝戦で激突するスケジュール。
まずは6月30日の予選1週目の参加8選手が発表されました。

●ボラドールJr.選手 (NWA世界ヒストリック・ウェルター級 CMLL世界6人タッグ)
●ドラゴン・リー選手 (CMLL世界ライト級)
●アンヘル・デ・オロ選手 (CMLL世界ミドル級)
●バリエンテ選手 (CMLL世界6人タッグ)
●ネグロ・カサス選手 (CMLL世界タッグ)
●ショッケル選手 (CMLL世界タッグ)
●ルシフェルノ選手 (ナショナル6人タッグ)
●エチセロ選手 (NWA世界ヒストリック・ライトヘビー級)

今年は「カンペオン・ウニベルサル」と合わせて「コパ・ボビー・ボナレス」(ボビー・ボナレス杯) とCMLLの前身であるEMLLの創生期に活躍した選手の名を冠したトーナメントになりました。


予選2週目の参戦選手は例によって発表されてはいませんが、今年は提携団体の新日本プロレス、ROHからの参戦は残念ながらないようですので、現在のタイトル保持者から以下の8選手になると思われます。

●アトランティス選手 (ナショナル・ライトヘビー級)
●ウルティモ・ゲレーロ選手 (NWA世界ヒストリック・ミドル級)
●マルコ・コルレオーネ選手 (CMLL世界ヘビー級)
●メフィスト選手 (CMLL世界ウェルター級 ナショナル6人タッグ)
●ニエブラ・ロハ選手 (CMLL世界ライトヘビー級)
●ミスティコ選手 (CMLL世界6人タッグ)
●ソベラノJr.選手 (ナショナル・ウェルター級)
●エフェスト選手 (ナショナル6人タッグ)


過去8年のカンペオン・ウニベルサルを制し、赤いベルトを腰に巻いた歴代覇者を記しておきます。

2009年 ウルティモ・ゲレーロ選手
2010年 獣神サンダー・ライガー選手
2011年 ラ・ソンブラ選手
2012年 テリブレ選手
2013年 棚橋弘至選手
2014年 ウルティモ・ゲレーロ選手
2015年 アトランティス選手
2016年 バリエンテ選手

王者の中の王者を決めるトーナメントだけあって、ライガー選手や棚橋選手をはじめ、強豪の名が並びますが、その中でも複数年このトーナメントを制覇しているのはウルティモ・ゲレーロ選手ただ1人。
今年、宇宙一の栄冠に輝くのはいったい誰だ!?




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

2代目ミスティコ鮮烈デビュー!!

2代目ミスティコようやく大注目の2代目ミスティコのデビュー戦がYouTubeにアップされました!
新時代のミスティコ、デビューの舞台は8月3日(金)“ルチャの殿堂”アレナ・メヒコ、全6試合中の第4試合でした。
対戦カードはアンヘル・デ・オロ&バリエンテ&ミスティコvsメフィスト&エフェスト&エウフォリア。
現地、メキシコ時間の8月3日の夜は時差があるので日本では8月4日。
“マスクの先生”からメールをもらって気付いたのですが、8月4日と言えば1983年、蔵前国技館での寺西勇戦を最後に初代タイガーマスクが突如として引退を表明、姿を消した日。
初代タイガー最後の日にミスティコの2代目がデビュー、初代タイガーと初代ミスティコが2大アイドル、ヒーローの私には実に不思議な感覚でした。



以前にも書きましたが、この動画がアップされる前、デビュー直後に観客席から撮影された動画を見ました。
緊張でガチガチになってもおかしくないシチュエーションで前名ドラゴン・リーの2代目ミスティコは想像を遥かに超える鮮烈かつ華麗にデビュー。
その興奮を現在メキシコ滞在中できっとこの歴史的なデビュー戦をアレナ・メヒコで目撃したであろう“師匠”にメールしました。
翌日、返信がありましたが、ルードの方が好きな“師匠”もやはり2代目ミスティコを大絶賛。
そして最近は寂しかったアレナ・メヒコの客席が、マスカラ・コントラ・マスカラなどが行われるビッグショーでもないのに久しぶりにお客さんで埋まったと教えてくれました。
実際に動画を見てみても、あの時の熱気が戻っているように思います。
2代目ミスティコの入場や攻勢に出るシーンでは女性や子供から黄色い声援が飛び、男性ファンからはちょっとブーイング(笑)
これ完全に初代の頃と同じ熱狂空間で本当に嬉しく思いました。
圧巻は3本目、入場花道を走ってロープを駆け上がり、リング内のメフィストに何かを仕掛けようとするが、破かれたマスクで視界が悪かった為かミスして前転、立て直してメフィストを投げた後、場外のエウフォリアにスワンダイブのシューティングスターアタック敢行!!
犯したミスを帳消しにする見事な場外ダイブ、これは凄い!!

昨年の9月に新日本プロレス公式携帯サイトの「インタビューAREA」のコーナーで内藤哲也がCMLLのオススメの選手としていの一番に名前を出したのがドラゴン・リーでした。
「軽量級なんですけど、飯伏(幸太)を超える男です、これは。凄いですよ、シューティングスタープレス(の回転)で立ちますからね。彼の兄貴でルーシュというのがいるんですけど、彼もなかなかですね。こっちは完全にヘビー級なんですけど、以前、(吉橋)伸雄を丸坊主にした選手です。この兄弟には、ぜひ来て欲しいですね」
この内藤の言葉が脳裏に蘇りました。
この質問したの私ですし(笑)
つくづく2代目がドラゴン・リーで良かったと思いました。
そう簡単でないのはもちろん十分承知ですが、彼ならもしかすると初代を超えるかもしれないと思わせるデビュー戦の内容でした。

もう1つ気になったのは今回は何かと引き立て役、良い兄貴分的な振る舞いに徹していたアンヘル・デ・オロ。
今後はタッグを組む機会が増えそうです。
マスカラ・ドラダ&アンヘル・デ・オロ&2代目ミスティコのヌエボ・スカイチーム的なトリオ結成に期待してしまいますが、一方で初代ミスティコとボラドールJr.のように数年後は骨肉の構想を繰り広げていそうな予感もします。
ドラダもオロもまだまだ若いですが、更に若いスペル・エストレージャ候補の登場にうかうかしてはいられません。

そして、やっぱり気になる2代目のマスクについて。
2代目襲名会見から数々のテレビ出演などのプロモーションで被っていたのは2代目用に作られた物ではないと思いますが、このデビュー戦にはさすがにきっちりサイズの合った銀ラメ、金模様のマスクで登場しました。
初代を作っていたフーリガンやアンヘル・アステカ、ブシオ、ローリンではなく、前名のドラゴン・リーの時代からマスクを供給していた新しいメーカーの物のようです。
今のところ、トレードカラーの銀地に金模様のマスクしか見かけていませんが、こちらは初代と同じように今後は様々なカラーで見る者を楽しませてくれるでしょうね。
ゆくゆくは初代のイメージは残しつつ、2代目独自のデザインも取り入れるようになるのでしょうか?
うーむ、楽しみです!!


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

2代目ミスティコのデビュー戦のカードが決定!!

2代目ミスティコがデビューする8月3日(金)のアレナ・メヒコのカードが遂に発表されました!

viernes

■第6試合 CMLL世界タッグ選手権試合
〈王者組〉ウルティモ・ゲレーロ&ドラゴン・ロホJr.vsアトランティス&ディアマンテ・アスール〈挑戦者組〉

■第5試合
マスカラ・ドラダ&マキシモ&ショッケルvsボラドールJr.&ミステル・ニエブラ&ネグロ・カサス

■第4試合
アンヘル・デ・オロ&バリエンテ&ミスティコvsメフィスト&エフェスト&エウフォリア

■第3試合
ストゥーカJr.vsフェリーノ

■第2試合
トリトン&ディアマンテ&フエゴvsミステリオッソJr.&OKUMURA&ナマハゲ

■第1試合
スタルマン&モロトフ&ティグレ・ブランコvsアルカンヘル・デ・ラ・ムエルテ&スカンダロ&ノスフェラトゥ


第4試合というポジションから新たなミスティコの物語はスタート、同じ空中戦士のオロ&バリエンテと組み、メフィスト&エフェスト&エウフォリアの仕事のデキるベテランルードと激突します。
一時は2代目ミスティコ襲名の噂もあったオロにとって、自分よりも若いドラゴン・リーが会社からプッシュされ、脚光を浴びるのは心中穏やかではないかもしれません。
同じチームながら「オレが、オレが」とライバル心を剥き出しにしたファイトになる可能性もあります。
2代目ミスティコとアンヘル・デ・オロ、数年後には初代ミスティコとボラドールJr.のようにテクニコ、ルードの立ち位置を変え、激しく火花を散らす抗争を・・・なんて妄想を今からしてしまいます。
2代目襲名会見からテレビや雑誌などのメディアに露出する時は銀ラメ生地に金ホログラムの同じマスクを被っているようですが、実際のリングデビューではどんな出で立ちで登場するのかも楽しみです。

そういえば29日(日)の新日本プロレス後楽園大会の試合後、ホールの前でルーシュと少し話す機会がありました。
「弟が2代目ミスティコとしてデビューするのにあなたは日本にいるから弟の晴れ舞台が見れないね」と言うと「そうなんだよ」と。
「弟は顔似てるの?」と聞くと「いや、弟の方がグアポ(イケメン)だよ」と言ってました。
ルーシュの謙遜なのか、弟想いの兄だからなのか、ルーシュよりもグアポかどうかはともかく、マスクから唯一覗く眼差しは初代がやんちゃ坊主の目だったのに対し、2代目はすごく優しいかわいい目をしていますね。
近年稀に見る空前絶後の大プロモーションに見事応えることが出来るのか、全く新しい2代目をデビューから追える幸福感を噛みしめつつ、あたたかく見守りたいと思います。
そして本物のスペル・エストレージャへと登り詰めた暁にはFANTASTICA MANIAなど新日本マット登場を期待しています!











この日のメインには前名メトロからキャラクターチェンジ後、トップ戦線に食い込んできているディアマンテ・アスールがアトランティスとのコンビでCMLL世界タッグ王座に挑みます。
マスクとコスチュームはメトロ時代よりもクラシカルなデザインになりましたが、このキャラチェンジは大正解、真のトップ入りなるか注目です。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

1・4東京ドームにアトランティス ドラダ バリエンテ参戦!

昨日、ようやく新日本プロレスからCMLL絡みを含むドーム大会の全対戦カードが発表されました。
〈1.4東京ドームで、武藤敬司vs内藤哲也が電撃決定! 真壁vs高山! MVPのパートナーはシェルトン・ベンジャミン!! 全カード決定!!/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉

実はドームの先、1月21、22日に開催されるCMLL FANTASTICA MANIA 2012の参加選手がメキシコの会見で発表された時に1・4ドームの参加選手も発表されていました。

第2試合 AERIAL KINGDOM feat.CMLL SUPER ESTRELLAS 30分1本勝負
獣神サンダー・ライガー&タイガーマスク&KUSHIDA&マスカラ・ドラダvsアトランティス&TAKAみちのく&タイチ&バリエンテ


ジュニア戦士のごった煮的な印象も受けますが、豪華なカードが並ぶドーム大会ですし、FANTASTICA MANIAも控えていますので、日本マット界最大級の大会にCMLLルチャドールが3人も出場することを喜ぶとします。
アトランティスは最近までルードだったので問題ないと思いますが、バリエンテが鈴木軍と共闘するルード側とは!
ルードとして、新たな一面を引き出すのか、それともいつも通りの空中戦を展開するのか。
あんまり何も考えずに普段通りに飛んだ方が良さそうですね。

アトランティス マスカラ・ドラダ バリエンテアトランティスは今年のFANTASTICA MANIAに参戦した時に長いキャリアの中で何度も来日しているが、初めての新日参戦に張り切っていたそうで、今回は初のドーム出場、海千山千のベテランもきっと更に張り切ってくれるでしょう。

今年上半期、新日マットに連続参戦し、CMLL世界ウェルター級を奪回するなど活躍したドラダはおよそ半年ぶりの来日。
「昔ながらの陽気なメキシカン」だというドラダ。
新日のレスラーや関係者からもその憎めないキャラが愛されているようですし、来年も定期的に来日して欲しいルチャドールです。
本人たっての希望でオーダーされ、帰国後にアレナ・メヒコでも着用したタイガーとお揃いのジャンパー。
今回は4代目タイガーと同じチームですから、長いドームの花道を虎のジャンパーを着用して登場するのを密かに期待しています。

そして!
一昨年5月、ドラダと共に初来日したバリエンテが1年8ヶ月ぶりに待望の再来日!
あの時は飛行機に積んだ荷物が試合に間に合わず、相当ナーバスになっていたようです。
急場しのぎのコスチュームでもあの日の観客の心を鷲掴みにしたバリエンテ。
今回はトラブルなく来日し、思う存分、ドームの巨大空間を華麗に舞ってくれることを願います。

この大会に現在CMLL遠征中のライガーとCMLLで1年半、武者修行していた吉橋伸雄がYOSHI-HASHIのリングネームで帰って来ます。
入れ替わりでメキシコへと向かう選手は誰になるのでしょう。

2012年も日墨の、そして新日本プロレスとCMLLの交流が更に深まるように願いつつドームに行きたいと思っています。
メインの棚橋弘至vs鈴木みのる、セミの武藤敬司vs内藤哲也の2試合はやっぱり、観たい!と思わせるカードですから!!




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン Mistico Tiger 3rd Trade Mask

アクシデントを乗り越えた勇敢な空中戦士

バリエンテ
バリエンテバリエンテ
生年不明
メキシコシティー出身
1997年5月デビュー
170cm/90kg


プロフィールについて、Luchawikiには
「グアダラハラ出身 1996年5月30日デビュー」となっていますが、昨年5月8日の「SUPER J TAG TOURNAMENT 1st」参戦時に新日本プロレスから発表されたものを載せました。
また、Luchawikiでも新日本プロレスオフィシャルWEBサイトでも生年月日は不明になっていますが、こちらも昨年の来日前の『CMLL期待の「ブエロ・エストレージャ」2人を紹介!「バリエンテ」/FOTO LIBRE カメラマン・大川昇のメキシコ中心のフォトギャラリー 』に「今年で35歳になる」と書かれていますので、現在35才で今年の誕生日を迎えると36才になる1975年生まれだと思われます。

バリエンテバリエンテ増殖
現在は肉体改造に成功し、見事にビルドアップした肉体を誇示していますが、数年前まではご覧のような体型でした。
それにも関わらず、バンバン飛ぶもんですから、トップロープの踏切に失敗して場外に墜落しての負傷欠場が多かったように思います。
肉体改造してからの欠場は記憶にありません。
右の画像はバリエンテの甥っ子のバリエンテJr.とイホ・デ・バリエンテ。
肉体改造前のバリエンテはぽっちゃり体型とその体型からは想像出来ない空中戦を見せることから「スペル・アストロのよう」とよく言われていましたが、甥っ子2人の体型を見ると何やらブラソ一族に通じるモノを感じてしまいます。

'09年8月16日にアレナ・メヒコでサングレ・アステカからナショナルウェルター級王座を奪取。
第68代王者として現在まで4度の防衛に成功しています。
動画はこの時のバリエンテにとって初のタイトル奪取に成功した試合のダイジェスト。



もう1つ空中弾の詰め合わせ動画。



決して華麗な空中弾ではありませんが、この人の最大の魅力は思い切りの良さ!
まさにバリエンテ(「勇敢な」の意)の名の通り!!

さて、このバリエンテ、私にとっては思い出深いルチャドールの1人。
「SUPER J TAG TOURNAMENT 1st」で初来日した時の荷物遅配トラブルは忘れることが出来ません。
マスクとコスチュームを詰めたトランクが試合に間に合わないという不安の中、パートナーのマスカラ・ドラダからショートタイツを借り、カメラマンにしてプロレスマスクの専門店DEPO MARTを経営されている大川さんのサポートにより、マスクは以前に自身が使っていたお店の商品を、レガースはウルティモ・ドラゴンが使っていた物を借り、急場しのぎながら、何とかリングに上がる体裁が整いました。
そしてトラブルに見舞われながらも、ひとたびリングに上がれば、そんなことを微塵も感じさせない期待通りの空中戦でJCBホールの観客を魅了してくれました。
〈初来日の二人に何が・・・/プロレスカメラマン 大川 昇のブログ〉
〈バリエンテのコスチューム&マスクが届かず、全て借り物だった! / NC/プロレス専門BLOG:ブラックアイ2〉
〈バリエンテ、なんと荷物が空港に届かなかった/多重ロマンチック〉
〈それでも彼らは飛ぶ 〜僕らの“ルチャ幻想”を乗せて〜/Mask Maniaへの道!!〉


マスクはあの時のピンチを救ってくれた試合で使用した物とほぼ同仕様。
紫のリクラプンティーニに模様は銀ホログラムと金と黒と紫。
バリエンテ本人がかなり使い込んだ物らしく、紫リクプンの本体生地がくすんでいたり、銀ホログラムだった部分はほとんど剥げ、金の部分もだいぶ色褪せています。
もともと私は使い込まれた傷みの激しいマスクよりも新品か新品に近い綺麗な物が好きです。
しかし、このマスクを入手してからは本人が使い込んでくたびれたマスクも激戦を物語り、なかなか味があって良いなぁと思うようになりました。
そしてバリエンテのマスクの特徴である長いベロの内側にはあの思い出の日付が書き記されています。
よく見ると2010年であるはずが2100と90年後になっていますけど(^_^;)







  

  



順風の時よりも、むしろ逆境の時にこそ、その人の真価が問われるのだと思います。
支え、助けてくれるまわりの人達に感謝し、最善を尽くす。
日本がピンチの今だからこそ、そういう人間でありたいと思います。
あの日、バリエンテが見せてくれたファイトのように。

そして!
バリエンテの再来日を熱望します!!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW

ドラダのリングシューズも実は借り物だった!

マスカラ・ドラダ&バリエンテ
先日の「それでも彼らは飛ぶ 〜僕らの“ルチャ幻想”を乗せて〜」で書きましたバリエンテの荷物遅配騒動。
見聞きした点を線にして書いた訳ですが、更に驚愕の事実が明らかになりました。
バリエンテについては私の憶測が当たってはいましたが、まず初めにお詫び申し上げますm(__)m

驚愕の事実が明かされたのは新日本プロレスオフィシャルWEBサイトで来日前のマスカラ・ドラダ&バリエンテを徹底解説された“ルチャの伝道師”大川カメラマンのブログ〈初来日の二人に何が・・・/VIVA LA VIDA !〉
さて今回彼らに何が起こったのか!?

試合前日乗り換え地ロサンゼルスの時点で乗り換え便が5時間遅れの知らせ。
そして午前0時成田税関から僕の携帯に電話が・・・
「嘘だろ〜」嫌な予感。
すぐに確認したのは「彼らが入国できるか」「彼らの落ち度ではないか」 結果二人の落ち度ではなく航空会社の不手際で二人の荷物が着かず最短で2日後だと。

担当者が電話を本人たちと代わってくれて確認するとドラダはリングシューズ以外は持ってると。
バリエンテは何にもないと。

さてさてグズグズ言っててもしょうがない。僕ができる事はどうやってコスチュームの代わりになるものを用意するか。
いろいろなアイデアが頭をよぎる。
覆面屋さんの梅本さんに徹夜してもらうとか(笑)
結局うちにある選手からいただいたシューズやタイツを全部掻き集めたら結構あったので、これで何とか代用しようと。

到着の知らせを受けホテルへ迎えにいき、落胆する二人をとりあえず落ち着かせるためにメキシコ人の定番「松屋」で食事をさせ、急いで店に連れて行き衣装合わせ。

ここで二人の性格がはっきりわかれる。
ドラダはすぐ「俺はこのリングシューズ」と即決。
バリエンテはナーバスでなかなか決まらず、僕の案は「タイツはドラダのならパレハに見えるんじゃないかと」ただリングシューズはサイズは合ったが「明日テニスシューズを買いに行きたい」と。結局テニスシューズを買って上にレガース(これウルティモドラゴンのレガースでした)をして出場する事にしました。

なので一部ではバリエンテだけが荷物が着かなかったと思われてるみたいですがドラダのも着かず彼も人のリングシューズであれだけの飛び技を披露した訳です。

試合後には菅林社長から「また呼びます」の合格をいただいたので胸を撫で下ろした次第です。

これが二人に起きたホントのお話です。


マスカラ・ドラダもう驚き過ぎて何が何だかわからなくなってきました。
来日前にはドラダの方が注目されがちでしたので、「SUPER J TAG」終了後は荷物遅配騒動でバリエンテが注目されて良かったなんて思っていましたが、やはり事実は事実として伝えなければ気がひけます。
ドラダも不慣れなリングシューズで何の違和感も感じさせず、バンバン飛んでいたのです!
そして、ナーバスな性格のバリエンテに少しでも気持ち良く試合してもらおうと物怖じしない性格のドラダが観客に「バリエンテコール」を促したのでしょう。

菅林社長から再来日決定の太鼓判を押されたようで一安心。
次はトラブルなく来日して、更に私たちのド肝を抜く空中戦を見せてくれることを願っています。
今回の一件でこの2人、私にとっても忘れられないルチャドールになりそうです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW

それでも彼らは飛ぶ 〜僕らの“ルチャ幻想”を乗せて〜

バリエンテ新日本プロレス「SUPER J TAG TOURNAMENT 1st」大成功に終わった大会の裏でバリエンテの荷物が航空機トラブルで届かず、試合に間に合わないアクシデントが起こっていました。

今にして思えば、いくつかのおかしなことがありました。
開場前にJCBホール入口近くの喫煙コーナーで一服していたら、いつも新日の会場の売店で見かけるスタッフの方が若い方2人と私と同じように一服に来まして「バリエンテの荷物は参ったよなぁ」という会話を偶然、耳にしました。
その時は「売店で売るグッズが届いてないんだろう」くらいにしか思っていませんでした。

そして待ちに待ったマスカラ・ドラダ&バリエンテが登場。
私は2階バルコニー席でしたので、細かな部分までは見えませんでしたが「バリエンテは何故、普段は着用しないショートタイツなのだろう?」「ドラダと同じ模様が入っているけど今回の来日にお揃いのコスチュームを作ったのかな?」と思っていたのです。

試合後にSMASHの大原はじめ選手から「バリエンテの荷物が届くなくて、せっかくの来日の思い出が悪いものになってしまいそうで・・・」とかつてCMLLのリングで戦っていた仲間のことを心配されていました。
この話しを聞き、あぁそうだったのかと納得。

バリエンテ帰宅後にデジカメで撮って来た画像を確認して更に納得。(こちらの画像の方がよくわかると思います)
身に付けたショートタイツはやはりドラダから借りた物。
そしてこちらも普段は履かないレガースも他の選手からの借り物でしょう。
レガースの下はスニーカー。
不幸中の幸いはマスクマンにとっては“命”と言えるマスクだけは以前に自分が使用した物がJCBホールから至近距離のプロレスマスクの専門店DEPO MARTさんにあったこと。
遠い異国の地で思わぬトラブルに見舞われ、きっと心細かったと思いますが、こんな急場しのぎのコスチュームで我々の度肝を抜く空中戦を展開してくれていたのです。
今にして思えば、ドラダが試合中に2度、観客に向かって「バリエンテ」コールを促したのも傷心のパートナーを励ます心遣いだったのかもしれません。

P1080228いつもは事前にホームページで告知される休憩時のTシャツサイン会。
この日は試合開始前に「バリエンテ選手が行う」とアナウンスされたのも万が一、荷物が出て来なかった時に少しでもバリエンテの手元にお金が入るようにと別ルートでこちらは無事に入荷した物を急遽、販売した可能性もありますね。
サインしてもらうともったいなくて着れないので、いつもは買わないのですが、何故か昨日は買ってしまったのはルチャの神からのお告げだったのかも(^_^;)
これは袖を通すことなくバリエンテ初来日の記念として大事にします。

今回の来日では嫌な思い出もあったかもしれませんが、超絶空中殺法ですっかり魅了されてしまった日本のプロレスファンはあなた達の再来日を待っています。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW

「SUPER J TAG TOURNAMENT 1st」に行ってきました!

マスカラ・ドラダマスカラ・ドラダ
バリエンテバリエンテ
真壁刀義丸藤正道
素晴らしい大会でした!
そして何よりマスカラ・ドラダ&バリエンテへの観客の声援が嬉しかった!
ドラダのロープ渡りからのラ・ケブラーダこそ見れませんでしたが、ほぼ期待通りに飛びまくり、そして観客のハートをがっちり鷲掴みにしたのではないでしょうか。
残念ながら1回戦で負けてしまいましたが、是非とも再飛来を期待します!

今回のトーナメント、新日マット初参戦の選手を含め、参加した全ての選手がハズレなし!
大サムライコールに後押しされ、金本浩二&エル・サムライの優勝で見事なハッピーエンド。

そして「BEST OF THE SUPER Jr.?? 〜STRIKE GOLD〜」に遂にCMLLの切り札中の切り札、ラ・ソンブラの参戦決定!〈初出場なんと7名!『BEST OF THE SUPER Jr.??〜』参加15選手が決定!“CMLLの最終兵器”も上陸!!/新日本プロレス公式WEBサイト〉
ひとりぼっちのシリーズ参戦がいささか心配ではありますが、現在20才にしてCMLLのトップ戦線、テクニコ勢ではミスティコ、ボラドールJr.に次ぐスペル・エストレージャ。
きっと今回の来日は母国メキシコでも活きるはずです。
ドラダ、バリエンテに続いて、とにかく頑張って欲しい!


大原はじめ 朱里
そして今回のJCBホールでは、こんなただのファンがやっているブログに度々コメントくださるSMASHの大原はじめ選手と初めてお会いすることが出来ました。
試合開始前には朱里選手とのツーショットを、試合後には少しルチャ関係のお話しを聞かせて頂き、サインまでしてもらっちゃいました(^o^)
ありがとうございましたm(__)m


「SUPER J TAG TOURNAMENT 1st」については、もう少し書きたいことがありますので、大日本プロレス15周年記念大会の観戦記の完結後に後日、改めてと思っています。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW
カテゴリ別アーカイブ
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile

MISTICO TIGER

本名/非公開
生年月日/非公開
デビュー戦/'07年3月17日
身長/170cm
体重/80kg
出身地/非公開
趣味/プロレス観戦
   プロレスマスク収集

Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


マスク画像
観戦画像
free counters
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ