ブラック・ウォリアー

今週のアレナ・メヒコ金曜定期戦に棚橋&タイチ&OKUMURA&ナマハゲの日本人カルテット登場

ふく面ワールドリーグ戦の観戦記の合間に挿みたかったネタの第2弾いきます!

予選リーグの2週目を突破し、8月31日(金)のカンペオン・ウニベルサル2012決勝戦にまで進出するも残念ながら栄冠を逃した棚橋弘至。
テリブレとの決勝戦から1週間後の9月7日(金)のアレナ・メヒコではメキシコならではのカードが実現します。

9月7日アレナ・メヒコ対戦カード

そう、この日からタイチがCMLL遠征を開始し日本人カルテットを結成!
先週のカンペオン・ウニベルサル決勝戦の直後にはこのカードが発表されていましたが、これを今日知ったらしいタイチがTwitterでつぶやく。
セミファイナルの第5試合に組まれたのはメヒコ・コントラ・ハポンのトルネオ・シベルネティコ。
対戦カードは棚橋弘至&タイチ&OKUMURA&ナマハゲvsネグロ・カサス&ラ・マスカラ&ブラック・ウォリアー&バリエンテ。
日本でも対戦相手によっては観客の遊び心からブーイングを食らうこともある棚橋ではありますが、今回で4度目の遠征となるメキシコではいずれもルードとして闘っています。
ですから、棚橋&OKUMURA&ナマハゲ、もしくはタイチ&OKUMURA&ナマハゲのトリオならば全く違和感はないのですが、やはり現在の棚橋とタイチが同じコーナーに並ぶことには違和感がありあり。

棚橋弘至 タイチ OKUMURAしか〜し、タイチも触れているように棚橋&タイチ&OKUMURAはCMLLの歴史に厳然とその名を刻むトリオなのです。
2年前の2010年5月7日、“ルチャの殿堂”アレナ・メヒコでエクトール・ガルサ&ラ・マスカラ&イホ・デル・ファンタスマを撃破し、第21代CMLL世界6人タッグ王者に君臨しているのです。
このベルト奪取の報をマスカラ・ドラダ&バリエンテが初来日した新日本プロレスの「SUPER J TAG TOURNAMENT 1st」のJCBホール(現TOKYO DOME CITY HALL)に向かう電車内で知り、携帯からブログに速報したので、ドラダ&バリエンテの荷物遅配の一件とともによく覚えています。
結局、このトリオは5月21日に所は同じアレナ・メヒコでラ・ソンブラ&ラ・マスカラ&マスカラ・ドラダに王座を奪われ、僅か2週間の戴冠となってしまいましたが、CMLL世界6人タッグ王座史上、メキシコ人以外の王者組は棚橋&タイチ&OKUMURAだけなのです。
対戦相手のメキシコチームもラ・マスカラとバリエンテがテクニコ、ネグロ・カサスとブラック・ウォリアーはルードと普段はあまり組む機会のない混成チームです。
もっと言うとCMLLは6人タッグが主流で8人タッグはほとんど組まれません。
チームワークに難のある同士の対決、いったいどんな連携プレイが見られるのか?
ひょっとすると珍プレイも!?
トルネオ・シベルネティコという試合形式はおそらくフォール、ギブアップを獲られた者は失格し、退場となる日本ではイリミネーションマッチと呼ばれるものと同様で最後まで生き残ったチームが勝利だと思われます。
遠い異国のメキシコで棚橋とタイチの遠征期間が生んだ偶然のカード。
あっ、そういえば前回、2人の遠征期間が重なった時にはエッチな本で意気投合したな〜んて話もありましたねぇウワハハハハハハハハハ!〈棚橋弘至メヒコで食あたり 光より早く回復した特効薬は?/Mask Maniaへの道!!〉

前回のメキシコ遠征でルード開眼したタイチは帰国後“世界一こずるい男”まっしぐら。
今回は鈴木軍に籍を残したまま「帰国は未定」の遠征ですが、昨年も「無期限」でCMLL遠征した獣神サンダー・ライガーも「紅白歌合戦を見たいから」との理由で(?)その年のうちには帰国していますので、タイチも年内に帰って来るのではと予想しています。

そして、この日のメインは奇しくも棚橋&タイチ&OKUMURAが保持していたCMLL世界6人タッグのタイトルマッチ。
王者組のルーシュ&マルコ・コルレオーネ&マキシモにウルティモ・ゲレーロ&ドラゴン・ロホJr.&レイ・エスコルピオンが挑みます。
こちらは挑戦者組のゲレーロスが仲間割れ、空中分解する気配をプンプン感じます。
前にも書きましたが、ロホはいつまでもゲレーロの傘下でいる訳にはいきません。
ルックスも良く、女性人気も高いロホですから、そろそろ一本立ちし、自分がユニットのリーダーにと野心を抱くのは自然なこと。
この野心がなければ層の厚いCMLLでトップに立つことは到底不可能だと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

テリブレvs裕二郎 CMLL世界ヘビー級タイトルマッチ動画

前回更新の【Campeones de CMLL】Junio 2012に間に合わなかった動画を紹介します。
まずは昨日発売された週刊プロレスNO.1638に掲載されている6月24日(日)にアレナ・コリセオで行われたCMLL世界ヘビー級タイトルマッチ、王者・テリブレvs挑戦者・高橋裕二郎。



6月5日、ルーシュのCMLL世界ライトヘビー級に挑戦した時にはルーシュがテクニコ、裕二郎がルードにも関わらず、ルーシュが攻勢に出ると一斉にブーイングが起きていましたが、ルード同士の対決となった今回の観客は完全にテリブレ贔屓。
会場はテリブレコール、メヒココールに包まれました。
普段は名バイプレイヤー的な印象の強いテリブレですが、こうしてマノ・ア・マノを見ると当たり前ですけど、やっぱりオールラウンドに渡る地力があります。
2本目にテリブレからタップを取った裕二郎の変形裏足4の字固めは日本ではあまり出していなかったと思いますが、この技は今回のCMLLの収穫でしょうか?
2本のベルトに挑戦して惜しくも奪取ならず。
どちらかは日本に持ち帰って欲しかったです。


続いては6月22日(金)のアレナ・メヒコで行われたナショナル6人タッグタイトルマッチ。王者組・アトランティス&デルタ&ゲレーロ・マヤJr.vsボラドールJr.&ミステル・アギラ&ブラック・ウォリアー。



かつてマスクマンだったアギラとボラドールお互いのデザインをミックスしたコラボマスクで入場。
アギラの方は自慢の?モヒカンが露出するマスクでしたが、どうせならウォリアーもコラボして欲しかったと思ってしまうのはコラボマスク好きの性ですね(笑)
しかし、最近のボラドールはアメコミとのコラボや父スペル・パルカとのハーフ等々、マスクがどんどん凝ってきています。

新進気鋭のデルタ&マヤもきらりと光る技を見せてくれましたが、海千山千のルードトリオがタイトル奪取、第33代王者組となりました。
このタイトルの記録を調べてみるとボラドールは'03年にフェリーノ&サファリ(現・エフェスト)と第23代、'07年にラ・ソンブラ&サグラードと第27代、'11年にシコシス&オリンピコと第31代と今回で4回目の戴冠。
アギラは'07年にダミアン666&ハロウィンと第26代、ウォリアーは'09年にドラゴン・ロホJr.&サングレ・アステカのポデール・メヒカで第28代と、アギラ、ウォリアーとも2度目の戴冠です。
ベテランルードトリオがベルトを巻いたのでアンヘル・デ・オロ、ティタン、トリトン、ディアマンテ・アスール、ディアマンテなど若いテクニコにガンガン挑戦してもらいたいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

FANTASTICA MANIAで待望の初来日!ドラゴン・ロホJr. PODEL MEXICAコラボ

ドラゴン・ロホJr.ドラゴン・ロホJr.
ドラゴン・ロホJr.
1982年11月3日生まれ
ドゥランゴ州ゴメス・パラシオ出身
2001年デビュー
180cm/80kg

ブラック・ウォリアーブラック・ウォリアー
ブラック・ウォリアー
本名 ヘスス・トラル・ロペス
1969年1月7日生まれ
1984年1月22日デビュー
2006年9月29日 アレナ・メヒコでのアニベルサリオ73でミスティコに敗れ素顔に
180cm/90 kg

サングレ・アステカサングレ・アステカ
サングレ・アステカ
1975年11月5日生まれ
メキシコ・シティ出身
1996年10月5日アレナ・ナウカルパンでデビュー
171cm/81kg

今回は来年1月22、23日の「NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2011」後楽園ホール大会に初来日するドラゴン・ロホJr.です。
前身のディアマンテ・ネグロを少し前に紹介したばかりですし、何故ブラック・ウォリアーやサングレ・アステカ?という疑問もあろうかと思いますが、最後までお付き合い下さい。

PODEL MEXICAPODEL MEXICAPODEL MEXICA
現在はウルティモ・ゲレーロと組み、第31代CMLL世界タッグ王者としてトップ戦線で活躍中のロホ。
タッグタイトル奪取とともにゲレーロ、アトランティスのユニット、ロス・ゲレーロス・デ・ラ・アトランティダ入りしましたが、それ以前はポデール・メヒカで活動していました。
ポデール・メヒカのオリジナルメンバーはブラック・ウォリアー&サングレ・アステカ&ドラゴン・ロホJr.でしたが、今年1月にブラック・ウォリアーがCMLLからAAAへ移籍。
ブラック・ウォリアーの抜けた穴を埋めるべくミステリオッソJr.が加わりました。

オリジナルメンバー時代の昨年8月15日のアレナ・メヒコでは当時メキシコ遠征中だった裕次郎(現・高橋裕二郎)&内藤哲也のNO LIMITとライ・メンドーサの3人と激突なんてカードもありました。







1年3ヶ月前の試合ですが、ずいぶん懐かしく感じます。
1・4東京ドームでジェフ・ハーディーの持つTNA世界ヘビー級王座挑戦というビッグチャンスを控えている内藤ですが、来年は是非またメキシコCMLLマットに再登場してもらいたい!
そして、やっぱりアレナ・メヒコのリングでブラック・ウォリアーが世界一の弾丸トペを再び放つ時が来ることを願ってやみません。
この後、ポデール・メヒカとNO LIMITの抗争はブラック・ウォリアーと裕次郎の個人闘争に発展、10月16日アレナ・メヒコでカベジェラ戦が行われ、裕次郎が勝利、ウォリアーがペロンになったのでした。

ブラック・ウォリアーサングレ・アステカドラゴン・ロホJr.
ドラゴン・ロホJr.さて、本題のマスクです。
ポデール・メヒカとして活動中にロホがコラボマスクを被ったことがありました。
私の知る限り、ブラック・ウォリアーとサングレ・アステカは被っていなかったと思いますが・・・。
3人のデザインをミックスして誕生したコラボマスク、画像を貼った以外にもいくつかのモデルがあったようでDEPO MARTさんのHPで確認出来ます。
〈ドラゴン・ロホ・ジュニア・サングレ&ウォリアー・コラボマスク〉
〈ドラゴン・ロホ・ジュニア(ポデールメヒカ)〉

今回、このマスクを選んだ理由は当ブログ唯一の恒例企画(?)「メヒコカラーはクリスマスカラーでもある」という自説に基づくクリスマスマスク、略してクリスマスクです(笑)
昨年のクレイジー・ボーイのデザインは十字架もあったりとクリスマスにぴったり過ぎて今年は悩みました。
ネタも限られていますけど、続けられるうちは続けようと思っていますが、来年は果たして!?

ポデール・メヒカの名の通り、模様は赤・白・緑のメヒコカラー。
そして最近、メキシコや日本でもよく見かけるようになった新素材、レンズ柄と言いますかプリズム模様の入った黒の生地がお気に入りです。



  

  


それでは皆さん、良いクリスマスを(^o^)/
Feliz Navidad


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW

FANTASTICA MANIAで待望の初来日!ドラゴン・ロホJr. PODEL MEXICAコラボ

ドラゴン・ロホJr.ドラゴン・ロホJr.
ドラゴン・ロホJr.
1982年11月3日生まれ
ドゥランゴ州ゴメス・パラシオ出身
2001年デビュー
180cm/80kg

ブラック・ウォリアーブラック・ウォリアー
ブラック・ウォリアー
本名 ヘスス・トラル・ロペス
1969年1月7日生まれ
1984年1月22日デビュー
2006年9月29日 アレナ・メヒコでのアニベルサリオ73でミスティコに敗れ素顔に
180cm/90 kg

サングレ・アステカサングレ・アステカ
サングレ・アステカ
1975年11月5日生まれ
メキシコ・シティ出身
1996年10月5日アレナ・ナウカルパンでデビュー
171cm/81kg

今回は来年1月22、23日の「NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2011」後楽園ホール大会に初来日するドラゴン・ロホJr.です。
前身のディアマンテ・ネグロを少し前に紹介したばかりですし、何故ブラック・ウォリアーやサングレ・アステカ?という疑問もあろうかと思いますが、最後までお付き合い下さい。

PODEL MEXICAPODEL MEXICAPODEL MEXICA
現在はウルティモ・ゲレーロと組み、第31代CMLL世界タッグ王者としてトップ戦線で活躍中のロホ。
タッグタイトル奪取とともにゲレーロ、アトランティスのユニット、ロス・ゲレーロス・デ・ラ・アトランティダ入りしましたが、それ以前はポデール・メヒカで活動していました。
ポデール・メヒカのオリジナルメンバーはブラック・ウォリアー&サングレ・アステカ&ドラゴン・ロホJr.でしたが、今年1月にブラック・ウォリアーがCMLLからAAAへ移籍。
ブラック・ウォリアーの抜けた穴を埋めるべくミステリオッソJr.が加わりました。

オリジナルメンバー時代の昨年8月15日のアレナ・メヒコでは当時メキシコ遠征中だった裕次郎(現・高橋裕二郎)&内藤哲也のNO LIMITとライ・メンドーサの3人と激突なんてカードもありました。







1年3ヶ月前の試合ですが、ずいぶん懐かしく感じます。
1・4東京ドームでジェフ・ハーディーの持つTNA世界ヘビー級王座挑戦というビッグチャンスを控えている内藤ですが、来年は是非またメキシコCMLLマットに再登場してもらいたい!
そして、やっぱりアレナ・メヒコのリングでブラック・ウォリアーが世界一の弾丸トペを再び放つ時が来ることを願ってやみません。
この後、ポデール・メヒカとNO LIMITの抗争はブラック・ウォリアーと裕次郎の個人闘争に発展、10月16日アレナ・メヒコでカベジェラ戦が行われ、裕次郎が勝利、ウォリアーがペロンになったのでした。

ブラック・ウォリアーサングレ・アステカドラゴン・ロホJr.
ドラゴン・ロホJr.さて、本題のマスクです。
ポデール・メヒカとして活動中にロホがコラボマスクを被ったことがありました。
私の知る限り、ブラック・ウォリアーとサングレ・アステカは被っていなかったと思いますが・・・。
3人のデザインをミックスして誕生したコラボマスク、画像を貼った以外にもいくつかのモデルがあったようでDEPO MARTさんのHPで確認出来ます。
〈ドラゴン・ロホ・ジュニア・サングレ&ウォリアー・コラボマスク〉
〈ドラゴン・ロホ・ジュニア(ポデールメヒカ)〉

今回、このマスクを選んだ理由は当ブログ唯一の恒例企画(?)「メヒコカラーはクリスマスカラーでもある」という自説に基づくクリスマスマスク、略してクリスマスクです(笑)
昨年のクレイジー・ボーイのデザインは十字架もあったりとクリスマスにぴったり過ぎて今年は悩みました。
ネタも限られていますけど、続けられるうちは続けようと思っていますが、来年は果たして!?

ポデール・メヒカの名の通り、模様は赤・白・緑のメヒコカラー。
そして最近、メキシコや日本でもよく見かけるようになった新素材、レンズ柄と言いますかプリズム模様の入った黒の生地がお気に入りです。



  

  


それでは皆さん、良いクリスマスを(^o^)/
Feliz Navidad


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW

カベジェラ戦とマスカラ戦

いや〜、なんか先週からバタバタと忙しくブログの更新もままなりません(-.-;)
でも、なんとか週2回更新で頑張ります!

そんな訳でネタとしては古くなってしまいましたが・・・
まずは10月16日アレナ・メヒコのメインで行われたブラック・ウォリアーvs裕次郎のカベジェラ・コントラ・カベジェラから。
ダイジェスト版ですが動画をご覧下さい!



裕次郎ブラック・ウォリアー


7月31日のINFIERNO EN EL RINGでトスカーノをペロンにした内藤哲也に続いて裕次郎もカベジェラ戦に勝利!
毎回毎回、書いていますが、CMLLマットでNO LIMITは想像以上の大活躍!!
数週前の週刊プロレスの新日本プロレス菅林社長のインタビュー記事でも「メキシコで活躍していて帰国した時が楽しみ」といった旨の発言がありました。
一方、敗れてしまったウォリアーですが、これで評価が落ちるような選手ではありませんから、今後も“世界一のトペ”でガンガン暴れて欲しいです。


そして、もう1つは18日アレナ・メヒコでの中堅、若手マスクマン12人が金網で激突したマスカラ戦。



こちらもダイジェスト版ですがご覧下さい。



ポルボラティグレ・ブランコ


アストロ・ボーイ、フーリガン、タイガー・キッド、ぺガソ、ドクトル・エキス、レイ・コメタ、スカンダロ、フラッシュ、アルカンヘル・デ・ラ・ムエルテ、アンヘル・デ・オロの順で金網から脱出、最後はポルボラがティグレ・ブランコから勝利。
マスクを失うことになったティグレ・ブランコの正体はメキシコシティー出身の35歳、本名はセルヒオ・グスマン・シルバでした。
セミリタイア状態だったようで、もしかすると今後リングに上がることはないのかもしれません。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン MISTICO TIGER

ポスト・アニベルサリオ

本題に入る前に、まずは当ブログ、本日3時31分35秒にめでたく8万アクセスを記録しました。
訪問くださる方々に感謝、感謝ですm(__)m

週刊プロレス No.1494さて、またもやタイミングが遅くなってしまいましたが、今週号の週刊プロレスNo.1484に9月28日アレナ・プエブラで行われたミスティコvs獣神サンダー・ライガーのIWGPジュニアヘビー級タイトルマッチがなんと!カラー2ページで載りましたね(^o^)/
アレナ・メヒコ、アレナ・コリセオのいわゆる中央での大会ではなかったので、色んなサイトを見ましたけど、あまり画像がなかっただけに、これは物凄く嬉しい!

ミスティコミスティコのマスクはアニベルサリオでのネグロ・カサス戦と同仕様のようです。
週プロの写真のおかげで、このマスクの後ろには「76」の上に「ANIVERSARIO」の文字が入ったスペシャルバージョンだったことに気付きました。
最近のミスティコはホントに色々なマスクで楽しませてくれます。
マスクやコスチュームを頻繁に変えられるというのもスペル・エストレージャの証ですね。
この試合を最後にメキシコから帰国したライガーですが「ミスティコは素晴らしい選手で、いくら若いとはいえ、尊敬する部分もある」とタイトルマッチ後にコメント。
戦い終わればノーサイドで清々しいです。
是非、今度は日本でライガー・ミスティコ組が見たいです。
きっとレジェンド、ライガーがミスティコの良い所を引き出してくれるでしょう。

ブラック・ウォリアー 裕次郎そしてアニベルサリオが終わり、ライガーの帰ったCMLLマットですが、次なる闘いが展開されています。
中でも注目は2つ。
まずは16日(金)アレナ・メヒコでのブラック・ウォリアーvs裕次郎のカベジェラ戦が正式決定しました。
アレナ・メヒコ金曜定期戦ではセミに登場することの多かったNO LIMITですが、ライガーのCMLL遠征、そして裕次郎&OKUMURAのトルネオ・デ・ラ・グラン・アルテルナティバ優勝と日本人勢の大活躍でメイン登場が格段に増えているように思います。
ミスティコとのマスカラ戦に敗れてからしばらくは鈴木みのるのような奇抜なヘアースタイルだったウォリアーがここのところ髪を伸ばしているのが気がかりではありますが(笑)
さて、このカベジェラ戦、ペロンになるのはどちらでしょう?

そして18日(日)、この週はコリセオではなくアレナ・メヒコのようですが、中堅、若手のマスクマンが金網で激突するマスカラ戦が行われます。
参加選手はアルカンヘル・デ・ラ・ムエルテ、アストロ・ボーイ、ぺガソ、ティグレ・ブランコ、ドクトル・エキス、スカンダロ、フーリガン、アンヘル・デ・オロ、タイガー・キッド、レイ・コメタ、フラッシュ、ポルボラの12選手。
CMLLに登場したばかりの若手がマスクを失うのは気の毒ですが、中堅だって・・・。
しかし、特別な遺恨もないのに金網でマスクを賭けて戦うのは酷な気がしますが、それがルチャのサバイバル競争なのでしょう。
個人的にはエキスのマスクのデザインが大好きなので、なんとかマスクを守って欲しいと思っています。

そして更にストロング・マンという筋肉ムキムキマンとWWEや新日本プロレスにも参戦したバル・ビーナスが参戦して来ますので、やっぱりCMLLから目が離せません!!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン MISTICO TIGER

ブラック・ウォリアー

1969年生まれ 1984年デビュー 昨年2006年にかつてのタッグパートナーだったミスティコに敗れ素顔に。170cm/90kg
この選手のプロフィールを改めて調べてみてビックリ!
15才でデビューしてるんですねぇ。
サスケじゃありませんが「何年選手だ?こら!」って感じです。
ミスティコに敗れて素顔になってから、ちょっと表舞台からは遠ざかっている気がします。

マスクですが顔前面のフチも額から頭頂部にかけての模様も全てウォリアーの頭文字Wになってるのを、このマスクを入手してから気が付きました。
うーん、やっぱりこういうキラキラ、ピカピカ系が好きなんです!

ブラック・ウォリアー 01-斜め
ブラック・ウォリアー 01-正面
ブラック・ウォリアー 01-右
ブラック・ウォリアー 01-左
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile
Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


マスク画像
観戦画像
free counters
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ