ブラック・キャット

1・21 NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2012 第5試合

獣神サンダー・ライガー
内藤哲也 獣神サンダー・ライガー ディアマンテ
ディアマンテ 内藤哲也 獣神サンダー・ライガー
ディアマンテ
内藤哲也 獣神サンダー・ライガー ディアマンテ
メフィスト 中邑真輔
獣神サンダー・ライガー 内藤哲也 ディアマンテ
獣神サンダー・ライガー 高橋裕二郎
ディアマンテ
ディアマンテ メフィスト 内藤哲也
ディアマンテ 内藤哲也 メフィスト
ディアマンテ 内藤哲也
ディアマンテ 内藤哲也
内藤哲也 ディアマンテ
内藤哲也 中邑真輔
メフィスト 内藤哲也 ディアマンテ
中邑真輔 内藤哲也
内藤哲也 メフィスト
内藤哲也 メフィスト
内藤哲也 獣神サンダー・ライガー ディアマンテ
獣神サンダー・ライガー ディアマンテ
内藤組の入場の後、日墨の架け橋となってくれた故ブラックキャットさんを偲ぶセレモニー。
マル・幸枝夫人と息子の亨さんへ新日本プロレスのジャージが贈られました。
大注目のディアマンテは銀のマスクとコスチューム。
意識したのかわかりませんが、イッテンヨンのドームと同じ全身銀の獣神サンダー・ライガーともろ被り。
第4試合のルーシュが良かっただけにディアマンテへの期待も高まります。
メキシコ遠征中はよくディアマンテの家に泊まっていたというまじアミーゴの内藤哲也が同じコーナーに控えているのは心強い。
まだまだ雑な部分も見受けられましたが、この人も評判通りの天才ルチャドールの片鱗を見せてくれました。
圧巻は場外のメフィストにスペース・フライング・タイガー・ドロップと同じ動きをするが、そこにメフィストはいない!と思ったらエプロンに両手を付き、見事に着地。
またマスカラ・ドラダなども使うロープをピョンピョンと何度か跳ねてからの空中弾も見せました。
ディアマンテは公称184cmとルーシュよりも僅かながら身長が高いにも関わらず、完全な空中戦士!
弱冠19才にしてキャリア10年って!
肉体的にも技術的にも上積みされていくでしょうから末恐ろしい。
メキシコではまだトップ戦線に加わる前のルチャドールですから、昨年のドラダのように巡業に帯同させて日本のスタイルを身につけたら凄いことになりそうです。
間違いなくダイヤモンドの原石でした。

さて、この試合で目を惹いたのは内藤と中邑真輔の攻防。
イッテンヨン、武藤敬司戦の傷心を第2の故郷とも言えるメキシコの雰囲気でリフレッシュし、エンジョイしてくれればと思っていた内藤。
彼にはやはり燦々と光り輝く太陽のような存在でいて欲しいですから。
しかし、今の内藤は気楽にルチャを楽しむことを良しとしませんでした。
「今年の目標、俺の誕生日、30歳までに、IWGPヘビー級チャンピオンになるという夢!! その目標のためには、やっぱりどうしても、俺は中邑を避けてとおるわけにはいかない、と」
バッチバチと中邑に仕掛け、一気にヒートアップ。
でも所々でコーナーに待機しながらディアマンテと話していたり、初来日のアミーゴに対する心遣いも見て取れました。
そういえば、中邑はメキシコ遠征の時と同じ頭巾を被って入場しました。

第5試合 30分1本勝負
○内藤哲也&獣神サンダー・ライガー&ディアマンテ(13分33秒 スターダストプレス→片エビ固め)中邑真輔&高橋裕二郎&メフィスト×
〈大会結果詳細/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉
〈試合速報/スポーツナビ〉




 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

クロネコ

ブラック・キャットブラック・キャット マスクブラック・キャット
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ブラック・キャット(Black Cat)のリングネームでの活動で最も知られたマル・ビクトル・マヌエル(Mar Victor Manuel、1954年10月17日 - 2006年1月28日)はメキシコのプロレスラー、レフェリーである。メキシコシティ出身。プロレスラー、およびレフェリーとしての最終所属は新日本プロレス。愛称は「ネコちゃん」。

経歴
1977年メキシコにてプロレスデビュー。デビュー当時のリングネームはクロネコ(Kuroneko)であった。
メキシコの団体を中心に活動していたが、1981年にプロレス留学目的で新日本プロレスに登場する。日本でのデビュー戦は4月21日の小山ゆうえんちにて行われたタッグマッチであった(パートナー:星野勘太郎 対戦者:木戸修・永源遥組)。
以降新日本のリングをレスラー活動の中心の場としていくことになる。晩年まで用いたリングネームのブラック・キャットは日本に来てから用い始めたもので、メキシコで名乗っていた日本語に由来するリングネームを英語読みにしたものである。リングネームはブラックキャットだが、試合表のパンフレットには「クロネコ」と書かれていた。
新日本に所属している間も提携団体を中心に海外マットへも参戦し、1994年2月から6月の間はAAAでルードとして活動し、1998年1月にはWCWへ登場している。また、新日本の台湾遠征の際には、「老虎(タイガーマスク)」としてファイトしたこともある。
2000年頃から体の故障が多くなる。リハビリの間にアメリカにて栄養科学とボディビルの資格を取得。以降指導者にポジションを変えていくことになる。2003年1月からはレフェリーに転向。新日本のマットでレフェリングを行っていた。
2006年1月28日午前3時、急性心不全により死去。享年51であった。

得意技
メキシカンストレッチ
変形DDT
セントーン
キン肉バスター

今回は故・ブラックキャット選手がWCWから帰国後に被っていたマスクです。
私の所有している白ベースを被った画像は見つからなかったので黒ベースのを貼りましたが、昨年、新日でネコさんの一周忌興行が行われた際、金本が追悼の意を込めてご家族から借りて被ったのは白ベースでした。
この選手もヤングライオンの壁として前座戦線を盛り上げてくれた名脇役でした。
なにより、この人がいなければ新日とメキシコのルートはスムーズにいってなかったかもしれません。
マスクマン好きの私にとっては華やかなリング上でではなく、陰の存在として日本とメキシコの架け橋となってくれた感謝すべき選手だと思います。



  

  
カテゴリ別アーカイブ
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile

MISTICO TIGER

本名/非公開
生年月日/非公開
デビュー戦/'07年3月17日
身長/170cm
体重/80kg
出身地/非公開
趣味/プロレス観戦
   プロレスマスク収集

Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


free counters
Archives
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ