只今絶好調の新日本プロレスから嬉しすぎる発表が!

まずは8日の後楽園ホール大会で“真夏の最強戦士決定戦”「G1 CLIMAX 22〜The One And Only〜」の参加選手、ブロック分け、公式戦が発表されましたが、注目のCMLL枠はルーシュ!!
〈今年の『G1』出場メンバーが決定!! 丸藤、べンジャミン、ルーシュ、オカダが初出場!!/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉

ルーシュ

今年のFANTASTICA MANIA以来、2度目の来日でG1初出場となるルーシュの全公式戦を抜き出してみました。

8月1日(水) 東京・後楽園ホール vs 後藤洋央紀
8月3日(金) 東京・後楽園ホール vs ランス・アーチャー
8月4日(土) 愛知・愛知県体育館 vs オカダ・カズチカ
8月5日(日) 大阪・大阪府立体育会館-BODYMAKERコロシアム vs MVP
8月7日(火) 宮城・仙台サンプラザホール vs 内藤哲也 
8月8日(水) 神奈川・横浜文化体育館 vs 天山広吉
8月10日(金) 新潟・新潟市体育館 vs 真壁刀義
8月11日(土) 東京・後楽園ホール vs 中邑真輔

初戦がFANTASTICA MANIAでもシングルで激突した後藤戦というのはありがたい。
後藤の他にCMLL遠征している内藤、中邑の手の内はわかっているでしょう。
注目は4日のオカダ戦!
ルーシュがキャリア5年の23才でオカダがキャリア8年の24才と同世代。
端正な顔立ち、恵まれた体格、優れた運動能力を持ち、短期間でトップに登り詰めた“持ち過ぎた男”はメキシコのファンからテクニコなのにブーイングを浴びています。
今年のイッテンヨンで凱旋試合の後、IWGPヘビー級王者の棚橋弘至に挑戦表明した時には大ブーイングを浴びたものの、初挑戦にして至宝奪取に成功し“新日本プロレス40年の歴史で初めて現れた本物”として大ブーイングを声援に変えたオカダはどことなく似た経歴の持ち主のように思えてきました。
闘龍門出身、メキシコをルーツに持つレインメーカーとの対戦は楽しみですし、これを機に日墨に渡ってライバルストーリーが紡がれることを期待!!

そして、ヒラヒラシューズ対決となる内藤戦もやっぱり楽しみです。
ヒラヒラ付きのリングシューズはルーシュから許可を得て履いていることを内藤は公言しています。
最近、ルーシュの実弟ドラゴン・リーが2代目ミスティコを襲名することになって、この一族についてちょっと調べてみたのですが、ルーシュのリングシューズのヒラヒラは父トロ・ブロンコから受け継いだ物だったんですよね。
このLuchawikiの画像はちょっと橋本真也に似ているような・・・。

CMLLの重量級ルチャドールの中では最も日本向きでパワーで押すアグレッシブなスタイルのルーシュなのでアーチャー、MVP、真壁、天山と並みいるトップファイターとの対戦も注目しています。


私のテンションを更に上げた発表がこちら!
〈7.29(日)後楽園でデヴィvsボラドール、ロウ・キーvs飯伏の“2大ジュニア戦”!! IWGPタッグ決定戦のルール変更!!/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉

ボラドールJr.

こちらも今年のFANTASTICA MANIAで「ボラドールJr.」としては初来日した“鳥人二世”の再来日が決定!
NJPW 40th anniversary Last Rebellion
7月29日(日) 12:00 東京・後楽園ホール

第7試合 60分1本勝負
ダブルメインイベントII CMLL認定NWA世界ヒストリック・ミドル級選手権試合
(第4代王者)プリンス・デヴィットvsボラドールJr.(挑戦者)
※デヴィット2度目の防衛戦

第6試合 60分1本勝負
ダブルメインイベントI IWGPジュニアヘビー級選手権試合
(第63代王者)ロウ・キーvs飯伏幸太(挑戦者)
※ロウ・キー2度目の防衛戦

第5試合 30分1本勝負
棚橋弘至&真壁刀義&後藤洋央紀&内藤哲也vs中邑真輔&オカダ・カズチカ&高橋裕二郎&YOSHI-HASHI

第4試合 30分1本勝負
天山広吉&小島聡&永田裕志vs矢野通&飯塚高史&石井智宏

第3試合 30分1本勝負
“ザ・マシンガン”カール・アンダーソン&MVP&シェルトン・ベンジャミン&ルーシュvs鈴木みのる&ランス・アーチャー&TAKAみちのく&タイチ

第2試合 20分1本勝負
獣神サンダー・ライガー&タイガーマスク&井上亘vs田口隆祐&BUSHI&タマ・トンガ

第1試合 20分1本勝負
キャプテン・ニュージャパン&KUSHIDAvs外道&邪道


プロレスリング・ノアの丸藤正道を除くG1参戦選手が出場!

もちろんルーシュもやって来る!

セミはロウ・キーvs飯伏のIWGPジュニア王座戦!

そしてメインはデヴィットのNWA世界ヒストリック・ミドル級に前王者ボラドールが至宝奪還のためメキシコから飛来!!

これは観戦するしかない!!と早速チケット押さえました。
外様同士の対戦とは言え、IWGPジュニアをセミに押さえて、デヴィットとボラドールのタイトルマッチがメインに組まれたのは本当に驚きました。
3月30日に“ルチャの殿堂”アレナ・メヒコでデヴィットにベルトを奪われてから早4ヶ月。
今度は舞台を日本の“プロレスの聖地”後楽園ホールに移し、ボラドールがFANTASTICA MANIAでのラ・ソンブラ戦を上回る最高の試合を見せた上でベルト奪還するのを期待しています!!
しかし、G1前に超豪華な出場選手&対戦カード、ホントに最近の新日本プロレスは凄い!!


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン