プリンス・デヴィット

デヴィットがボラドール撃破!NWA世界ヒストリック・ミドル級王座獲得!!

3月30日(金)アレナ・メヒコ大会の結果速報です!

プリンス・デヴィットvsボラドールJr.

大注目の一戦、王者ボラドールJr.が新日本プロレスから遠征中のIWGPジュニアヘビー級王者プリンス・デヴィットを挑戦者に迎えたNWA世界ヒストリック・ミドル級タイトルマッチはデヴィットが勝利!!
第3代王者のボラドールは2月14日にグアダラハラでラ・マスカラから王座奪取、残念ながら初防衛に失敗しました。

30年来の新日ファンにとって、これは正直嬉しい結果。
昭和の時代とは全く異なる管理、運営ながら、やはり新日の選手がNWAの名を冠したタイトルを奪取すると心躍るものが今でもあります。
昨年、ヒストリックと改称され、ベルトのデザインも一新されましたが、元々はNWA世界ミドル級だったタイトル。
歴史を繙けば、第43代王者にはサトル・サヤマの名も刻まれている由緒あるベルトです。

デヴィットのCMLL遠征がいつまでなのか、アナウンスされていませんが、おそらく遅くても5月27日開幕の“ジュニアの祭典”BEST OF THE SUPER Jr. XIXには新日に帰って来ると思います。
残念ながら初防衛に失敗したボラドールですが、デヴィットとは間違いなく、日墨軽量級のトップ同士の対戦。
スーパー・ジュニアにエントリーしてデヴィットと再戦が1番ですが、例えスーパージュニアに他のルチャドールが参戦したとしてもデヴィットvsボラドールは日本でも是非実現して欲しいカードです!


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

プリンス・デヴィット メキシコデビュー!そしてボラドールとのタイトルマッチが決定!!

3月23日 アレナ・メヒコ メイン
ふくらはぎの肉離れにより当初の予定から1週遅れの3月23日(金)に“ルチャの殿堂”アレナ・メヒコのメインに出場となったプリンス・デヴィット。
対戦カードはマルコ・コルレオーネ&プリンス・デヴィット&ルーシュvsボラドールJr.&ウルティモ・ゲレーロ&メフィスト。
1ー1のイーブンで迎えた3本目、デヴィットがブラディサンデーでボラドールJr.からピンフォールを奪い、見事にメキシコデビュー戦に勝利!
まだ、この試合の動画を観た訳ではありませんが、CMLL公式サイトがアップした画像を見る限り、ケガを感じさせない躍動感溢れる写真ばかりで、まずは一安心。
この結果に納得のいかないボラドールはマノ・ア・マノ(シングルマッチ)での決着戦を要求。

3月30日 アレナ・メヒコ 対戦カード
これを受け、翌週の3月30日(金)アレナ・メヒコでボラドールvsデヴィットのタイトルマッチが決定!!
デヴィットの保持するIWGPジュニアではなく、ボラドールの保持するNWA世界ヒストリック・ミドル級にデヴィットが挑戦します。

CMLLで勃発した日墨軽量級トップ選手同士の抗争。
この抗争が新日本プロレスでも展開されると嬉しいです。
FANTASTICA MANIA2012のラ・ソンブラ戦で見せてくれたボラドールのポテンシャルは“世界最高峰”新日ジュニアの戦いに加わっても遜色のないレベルだったと確信しています!!


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

栗原あゆみvsマルセラ CMLL世界女子王座戦 動画

まずは当ブログ5周年にお祝いコメントを寄せていただいた皆さん、ありがとうございました。

3月9日(金)アレナ・メヒコで行われたCMLL世界女子タイトル戦、王者・栗原あゆみvs挑戦者・マルセラの動画がアップされました。



基本的にはメヒコvsハポンの構図ですから、マルセラがテクニカ、栗原がルーダのはずなのですが、“東洋の天使”栗原にブーイングが飛ぶこともなく、むしろ声援を浴びていました。
Facebookをやっていると感じるのですが、メキシコの野郎どもは皆、日本人女性が好きみたいです(笑)
昨日はメキシコのアレナメヒコでCMLL世界女子王座防衛戦でした。
試合は1本目とって、2本目、3本目取られて負けてしまいました。
ベルト日本に持って帰れなくてごめんなさい。
離れてても応援してくださったみなさん、本当にありがとうございました。
でも、ものすごく悔しいけど全力で戦ったから後悔はありません!!
悔しいけど。。。
でも、自分でもびっ栗するくらい前向いてます。

マルセラベルトを失う結果とはなりましたが、内容にはご本人も納得の模様。
両者が放ったダブル・ニーは強烈!
マルセラのプランチャを栗原と一緒に受けて悶絶しているナマハゲにはちょっと笑ってしまいました。

日本でタイトルを奪われた前王者マルセラがおよそ3ヶ月ぶりに本国メヒコで王座奪還。
キャリア26年の大ベテラン、まだまだ健在です。
写真は2010年5月、大日本プロレスに参戦した時に撮影した物です。


さて、栗原あゆみと入れ替わるように3月16日、アレナ・メヒコの金曜定期戦から登場予定だったのが、IWGPジュニアヘビー級王者プリンス・デヴィット。
前日の15日に無事、メキシコ入りしたのは日本でも報じられましたが・・・。
〈プリンス・デヴィットがメキシコ到着!! CMLL遠征がいよいよ本格スタート!!/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉
CMLL公式サイトでも報原因がじられていませんが、どうやら、ふくらはぎの肉離れで16日の出場はキャンセル。
日本を発つ前のIWGPジュニアヘビー級タイトルマッチなど激戦のダメージが出たのか?
予定より1週遅れて、23日(金)アレナ・メヒコからの出場になるようです。

3月23日 アレナ・メヒコ 対戦カード

仕切り直しの対戦カードはマルコ・コルレオーネ&プリンス・デヴィット&ルーシュvsボラドールJr.&ウルティモ・ゲレーロ&メフィストでもちろんメインに組まれています。




 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

プリンス・デヴィットのCMLL遠征初戦のカードが決定

栗原あゆみ マルセラマルセラ
まずは残念なお知らせから。
3月9日(金)アレナ・メヒコで行われたCMLL世界女子タイトル戦、挑戦者・マルセラに王者・栗原あゆみに勝利。
栗原が2度目の防衛に失敗、マルセラが第15代王者となりました。
マルセラは同タイトル3度目の戴冠。
チャンピオンベルトをメキシコに置いてくる結果となってしまいました。

OKUMURA ナマハゲ栗原サイドのセコンドに付いていたのがナマハゲ。
画像を見て、気付いたのがマスクのマイナーチェンジ。
元々はメッシュで覆われていた口が露出しています。
これは初代タイガーマスクの牙切りと一緒で呼吸がしやすいようにと本人が切ったのかもしれません。
今後もマスクのマイナーチェンジに注目です。


3月16日 アレナ・メヒコ 対戦カード
そして栗原あゆみと入れ替わるようにメキシコ上陸を果たすのが、IWGPジュニアヘビー級王者プリンス・デヴィット。
その初戦の対戦カードが発表されました。
アトランティス&プリンス・デヴィット&ラ・ソンブラvsウルティモ・ゲレーロ&ボラドールJr.&フェリーノはメインイベントに組まれています。
デヴィットはテクニコとしてのCMLL遠征になるようです。

IWGPジュニアのベルトがメキシコに上陸するのは2009年8月15日にミスティコが両国国技館でタイトル奪取後に帰国して以来ですから2年7ヶ月ぶり。
その時は8月30日にアレナ・コリセオでネグロ・ナバーロ、9月28日にはアレナ・プエブラで獣神サンダー・ライガーと防衛戦を行い、いずれも挑戦を退けています。
今回のデヴィットの遠征で防衛戦は行われるのか?
テクニコですからボラドールやドラゴン・ロホJr.などとの防衛戦が見てみたい!
ニュージャパンのレスラーで1番ルチャスタイルに適応しそうなデヴィットの遠征、ルチャドールとどんな化学反応を起こすのか、非常に楽しみです。
イメージ的にはやっぱりペガサス・キッド=クリス・ベノワのメキシコ遠征が重なります。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

ナマハゲ試合動画

ナマハゲ最近、気になって気になって仕方のないナマハゲの試合映像がついにYouTubeにアップされました!
ただし、この動画は2月5日(日)のアレナ・コリセオでのデビュー戦ではなく、その2日後の“ルチャの殿堂”アレナ・メヒコ初登場の試合です。
カードはサングレ・アステカ&メトロ&フエゴvsミステリオッソJr.&OKUMURA&ナマハゲ。



メキシコに渡って短期間でルチャ独特の攻防の基本をしっかり身に付けていることが見て取れます。
しかし、どうも「ナマハゲ」という単語はメキシコ人には発音しにくいようです。
前半こそ、実況陣はかろうじて「ナマハゲ」と発音していますが、後半になるにつけ、その発音が徐々に怪しく、ほとんど「ナマハグァ」になっている!(笑)
2本目にコーナに投げられ尻餅をついた状態でメトロの背面アタックを食らったシーンは・・・。
現地のファンもぼちぼちその正体に気付き始めているようです。
コリセオのデビュー戦は勝利、この2戦目は敗北となりましたが、ミステリオッソ&OKUMURAの頼れるベテランルードとのトリオはナマハゲにとって勉強になることが多いでしょう。
要所要所でパワフルな攻撃を繰り出し、これからの活躍に期待です!

プリンス・デヴィットこの動画の途中にも紹介されていましたが、来月はいよいよ新日本プロレスからプリンス・デヴィットが遠征します。
〈【欠場期間を修正しました】3月15日からプリンス・デヴィット選手のメキシコCMLL遠征が決定!!/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉

CMLL公式サイトでも「完璧にメキシカンスタイルに適応することが出来る世界最高のファイターの1人がついにやって来る」といった感じで紹介されています。
ラ・ソンブラやマスカラ・ドラダなど新日常連ルチャドールにとっては最も意識している選手の1人であろうデヴィットのメキシコ遠征。
テクニコなのかルードなのか、立ち位置はまだ不明ですが、CMLLルチャドールとの絡みはどれも興味津々!
デヴィットのメキシコ遠征はCMLLに多大なる影響を与えそうな気がしています。

ディアマンテ・アスールそしてナマハゲ組と対戦したメトロが3月2日(金)に行われる春のビッグショー「オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス」でディアマンテ・アスールにキャラクターチェンジすることが発表されました。
メトロは初代が昨年3月に亡くなったファビアン・エル・ヒターノで2代目がネウトロン。
'09年1月に登場した現在の3代目メトロは前名ロマノの変身でマスカラ・ドラダ&ストゥーカJr.とナショナル6人タッグ王座を保持していたこともあります。
こちらのCMLLオフィシャルの画像の方が鮮明でマスクがよくわかりますが、一見ブルー・デモンを思わせるカラーリングとデザインに額にダイアモンドの模様が縫い付けられています。スポル生地(に見えます)に銀の縁は現在のトレンドであるホログラム素材が使われていますが、かなりクラシカルなマスクですね。
こういう方向性は良いと思います。

さて、この他、タイトルが2つ移動、また「オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス」でネグロ・カサスvsブルー・パンテルのカベジェラ戦が決定と話題の多い最近のCMLLですが、その辺りはまた後日、更新したいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

1・22 NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2012 第1試合

大会2日目もラ・ソンブラ&ルーシュ、ボラドールJr.&メフィストのTシャツサイン会をずーっと見ていたら、場内から音楽が聞こえてきて、慌てて席に着きました(笑)

マリアッチ
リング上では今年もマリアッチの演奏が行われていました。

邪道 外道 OKUMURA
YOSHI-HASHI
プリンス・デヴィット 田口隆祐 タイガーマスク(4代目)
タマ・トンガ
邪道 田口隆祐 タイガーマスク(4代目) タマ・トンガ
OKUMURA タイガーマスク(4代目)
外道 タイガーマスク(4代目) 邪道 OKUMURA YOSHI-HASHI
YOSHI-HASHI タイガーマスク(4代目)
プリンス・デヴィット 田口隆祐 邪道 OKUMURA YOSHI-HASHI
プリンス・デヴィット 田口隆祐 邪道 OKUMURA YOSHI-HASHI
タマ・トンガ OKUMURA
デヴィット 田口 タイガー(4代目) トンガ
2日目のオープニングマッチはいつもの新日ジュニアの戦いにCMLL遠征帰りのYOSHI-HASHIとCMLL所属日本人ルチャドールのOKUMURAが加わった試合。
帰国後のYOSHI-HASHIはヘビーで戦っていくようですが。
前日に続き、セコンドには下田美馬が付きましたが、特に出番なし。

この試合もやはり邪道さんに目が行ってしまいます。
この日は試合途中で半ケツも出ました(笑)
どうも最近は仕事の出来るベテランヒール&ルードに心奪われます。
もちろんヒーロー、ヒーローしたベビーフェイス&テクニコも好きですが。

ここ数年では珍しく、昨年末に獣神サンダー・ライガーとYOSHI-HASHIが帰国して、現在はCMLL遠征している新日の選手がいません。
まだメキシコに行ったことのないプリンス・デヴィットやタマ・トンガなどが行ったら、ルチャドール達とどんな戦いを見せてくれるのか、そしてメキシコのルチャファンはどんな反応を示すのか、とても興味があります。

第1試合 20分1本勝負
プリンス・デヴィット&田口隆祐&タイガーマスク&○タマ・トンガ(10分11秒 ヘッドシュリンカー→片エビ固め)邪道&外道&OKUMURA×&YOSHI-HASHI
〈大会結果詳細/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉
〈試合速報/スポーツナビ〉




 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

1・21 NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2012 第3試合

ミステリオッソJr.
邪道 外道 ミステリオッソJr.
デヴィット 田口 タイガー 邪道 外道 ミステリオッソ
邪道 タイガーマスク(4代目)
タイガーマスク(4代目) 邪道 プリンス・デヴィット
プリンス・デヴィット 外道
外道 プリンス・デヴィット
ミステリオッソJr.
田口隆祐
プリンス・デヴィット 田口隆祐 タイガーマスク(4代目)
初日の対戦カードの中でこの第3試合が1番、普段の新日本プロレスっぽい組み合わせ。
CMLLから頼れる万能型ルードのミステリオッソJr.が1人入りましたが、全くもって違和感を感じさせないのは実は凄いことだと思います。
通常シリーズでは華麗な空中弾を持つラ・ソンブラやマスカラ・ドラダなどテクニコの参戦が今年も多くなると思われますが、ミステリオッソやアベルノ、メフィストなど派手さはないが、玄人好みの仕事の出来るルードのシリーズ参戦も是非見てみたいと思います。
昔から言われていることですが、リングを下りたらルードの方が得てして良い人だったりしますし、きっとルチャドール仲間からの人望もあるのだと思います。
新型インフルエンザの影響で中止となりましたが、'09年のミスティコの対戦相手として来日するはずだった意味がよーくわかりました。
新日参戦が実現して本当に良かった!

ミステリオッソ以外にはチョップを放った後、「フォー!!」と叫んだり、対戦相手の攻撃を受けて軽やかなステップを踏んだ後、前受け身で倒れる邪道の最近の定番ムーヴに釘付け(笑)
敗れてしまったものの、ルチャリブレ、プロレスは出来るルード、ヒールがいて面白さが増すということを再確認した試合でした。

第3試合 20分1本勝負
○プリンス・デヴィット&田口隆祐&タイガーマスク(12分50秒 ダイビングフットスタンプ→片エビ固め)邪道&外道×&ミステリオッソJr.
〈大会結果詳細/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉
〈試合速報/スポーツナビ〉

栗原あゆみ
第3試合終了後に第14代CMLL世界女子王者の栗原あゆみが登場し、リング上で挨拶しましたが、物凄く緊張していたようで途中で言葉が出なくなる場面もありました。
よくよく考えてみれば、FIESTAシリーズなど男子中心の大会に出るのは専らマスクを被った“親友”の方でしたね。
これはこれで良しということで(笑)

〈大会結果詳細/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉
〈試合速報/スポーツナビ〉




 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

〜僕らの夢のオールスター戦〜 仮面貴族FIESTA2011 Wメインイベント第1試合

大ハヤブサ&サスケ&人生vs健介&サムライ&デヴィット
エル・サムライ
プリンス・デヴィット
佐々木健介
佐々木健介 エル・サムライ プリンス・デヴィット
新崎人生
大ハヤブサ サスケ
大ハヤブサ
佐々木健介 新崎人生 プリンス・デヴィット
佐々木健介 新崎人生
新崎人生 佐々木健介
大ハヤブサ
佐々木健介 ザ・グレート・サスケ
プリンス・デヴィット ザ・グレート・サスケ
エル・サムライ ザ・グレート・サスケ
大ハヤブサ エル・サムライ
新崎人生 佐々木健介
プリンス・デヴィット
大ハヤブサ エル・サムライ
大ハヤブサ ザ・グレート・サスケ 新崎人生
大ハヤブサ ザ・グレート・サスケ
佐々木健介 大ハヤブサ ザ・グレート・サスケ プリンス・デヴィット
いよいよ、ハヤブサプロデュースのWメインイベントの第1試合!
6人が6人ともヘビー、ジュニアヘビーの階級の違いはあれどトップ中のトップ選手。
この大会ならではの豪華な組み合わせに久々の大ハヤブサ登場でプレミア感が更に増す!
大ハヤブサ入場に“双子の弟”天龍源一郎のいつもの幟が出て、ドッと会場が沸く(笑)
速報!バトル☆メンで焦らされた注目のマスクは当時の本体に今大会用にアレンジした模様のマスクだったように見えました。
サスケが捕まるシーンが多かったですが、6人が6人とも持ち味を存分に発揮した試合だったと思います。
圧巻はデヴィットのノータッチ・トペコンが口火を切った場外弾5連発!
デヴィットの後、人生がプランチャ、サムライがトペ、健介のプランチャと続き、トリは大ハヤブサがエプロンを走ってのプランチャ!!
その後、サスケもケブラーダ!!
最後は大ハヤブサのテキサスクローバーホールドで決着しましたが、試合後の大ハヤブサと健介のマイクアピール、なんか健介の真っすぐな性格が出たおとぼけぶりが面白かったです。
大ハヤブサ「健介、テメエこの野郎!11月10日、俺の弟がおまえと目一杯チョップを打ち合うから覚悟しとけ」
健介「えっ!?弟なの?弟か。じゃあ、弟に35周年おめでとうって言っとけ。そして、この胸が弾け飛ぶぐらいに打ち合おうって言っとけ、お兄ちゃん、よろしくね」

第5試合 Wメインイベント第1試合 ハヤブサ・プロデュースマッチ 60分1本勝負
○大ハヤブサ&ザ・グレート・サスケ&新崎人生(19分35秒 テキサスクローバーホールド)佐々木健介&エル・サムライ×&プリンス・デヴィット
〈試合速報/スポーツナビ〉


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン Mistico Tiger 3rd Trade Mask

5・29 BEST OF THE SUPER Jr. XVIII 〜Bring it on!〜 第8試合

フジタ“Jr”ハヤト
プリンス・デヴィット
フジタ“Jr”ハヤト プリンス・デヴィット
フジタ“Jr”ハヤト プリンス・デヴィット
フジタ“Jr”ハヤト プリンス・デヴィット
フジタ“Jr”ハヤト プリンス・デヴィット
フジタ“Jr”ハヤト プリンス・デヴィット
プリンス・デヴィット
フジタ“Jr”ハヤト


プリンス・デヴィットは本当に素晴らしいジュニアチャンピオンになりましたね。
全くもって穴がないと言いますか、この選手が負けるシーンはちょっと想像し難い。
この試合の勝負の分け目はデヴィットが場外でフジタ“Jr”ハヤトをテーブルの上に寝かせ、エプロンを走ってのダイビング・フットスタンプだったような気がしてなりません。
“世界最高峰”の新日ジュニアの頂点に君臨する男が一瞬の閃きから見舞った予想外の動きにびっくり仰天。
勝負には敗れてしまいましたが、ハヤトもまた素晴らしかった。
感情をむき出しにして戦い、見る者を惹き付けるハヤトの魅力は天性のものなんでしょうね。
試合後に沸き起こった惜しみない大ハヤトコールには自然と胸が熱くなりました。

第8試合 30分1本勝負
「BEST OF THE SUPER Jr. XVIII」Aブロック公式戦
○プリンス・デヴィット(8分9秒 ブラディサンデー→片エビ固め)フジタ“Jr”ハヤト×
〈大会結果詳細/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉
〈試合速報/スポーツナビ〉


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン Mistico Tiger 3rd Trade Mask

1・23 NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2011 第4&6試合

ルチャドールの出場しなかった2試合はすみませんが1つにまとめ、簡単に。
当ブログ上だけでもミスティコvsアベルノの極上対決をメインにしたいと思います。

石井智宏 タイガーマスク(4代目)石井智宏 タイガーマスク(4代目)
タイガーマスク(4代目) 石井智宏タイガーマスク(4代目)
第4試合は4代目タイガーと石井の抗争の決着戦。
4代目タイガーがまさかマスクを失うことはなかろうと思っていましたが、予想通り石井が敗れバリカンで髪を刈られました。
ご存知のようにこの試合の後も思わぬ展開から抗争継続になりました。
アベルノしかり、石井しかり、ヒール&ルードの試合巧者が絡むと試合が盛り上がりますね。

第4試合 時間無制限1本勝負
マスカラ・コントラ・カベジェラ
○タイガーマスク(12分16秒 タイガースープレックスホールド)石井智宏×
〈大会結果詳細/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉
〈試合速報/スポーツナビ〉

飯伏幸太 ケニー・オメガ プリンス・デヴィット 田口隆祐プリンス・デヴィット 田口隆祐
ケニー・オメガ田口隆祐 飯伏幸太
ケニー・オメガ プリンス・デヴィット飯伏幸太 ケニー・オメガ 田口隆祐
プリンス・デヴィット 田口隆祐 ケニー・オメガプリンス・デヴィット 田口隆祐
プリンス・デヴィット 田口隆祐プリンス・デヴィット 田口隆祐
プリンス・デヴィット 田口隆祐 TAKAみちのく NOSAWA論外第6試合は昨年の東京スポーツ新聞社制定「プロレス大賞」のベストバウトの組み合せ。
目の前で物凄い攻防が展開されていた記憶はありますが、正直に書きますとこの試合のことをあまり覚えていません。
それはゴールデン☆ラヴァーズとApollo55の4選手が云々ということではなく、この前に行われた私の最大の楽しみだったミスティコvsアベルノが期待以上の試合になり、もうその時点でお腹いっぱい、放心状態だったからです。
このタイトルマッチは友人から送ってもらったDVDの映像で改めてじっくり楽しみたいと思います。
試合後にはTAKAみちのくとNOSAWA論外が乱入し、タイトル挑戦をアピールしましたが、ここはラ・ソンブラ&マスカラ・ドラダが登場してIWGPジュニアタッグ戦線に名乗りを上げてもらいたかった!
逆にApollo55とゴールデン☆ラヴァーズの4選手のうち田口だけはCMLL遠征の経験がありますが、他の3人のCMLLマット登場も見てみたいですね。
日本のジュニアの最先端が“ルチャの聖地”をドカンと沸かすこと必至!

第6試合 60分1本勝負
ダブル・メインイベントII
IWGPジュニアタッグ選手権試合
(挑戦者組)プリンス・デヴィット&○田口隆祐(16分32秒 ブラックサンデー→エビ固め)飯伏幸太&ケニー・オメガ×(王者組)
※ゴールデン☆ラヴァーズが3度目の防衛に失敗 Apollo55が第28代王者に返り咲く
〈大会結果詳細/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉
〈試合速報/スポーツナビ〉

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW
カテゴリ別アーカイブ
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile

MISTICO TIGER

本名/非公開
生年月日/非公開
デビュー戦/'07年3月17日
身長/170cm
体重/80kg
出身地/非公開
趣味/プロレス観戦
   プロレスマスク収集

Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


free counters
Archives
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ