マスカラ・ドラダ

NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2012 オフ・ザ・リング Part1

FANTASTICA MANIA 2012の観戦記もようやくラストとなりました。
今回も「オフ・ザ・リング」で締めくくります。

まずは大会初日、1月21日(土)から。
無事に2days観戦出来ることになった喜びを噛みしめながら、少し早めに会場へと向かう。
残念ながら水道橋も小雨が降り、気温もかなり低く、寒い寒い。
友人達と合流して、ルチャドール達を待つ。
しばらくするとやって来ました!

ボラドールJr.
まずはルード陣営が会場入り。
凍てつく寒さにルチャドール達は足早に後楽園ホールへと歩を進めます。
ボラドールJr.、メフィスト、ミステリオッソJr.、OKUMURAの4選手がまとまって来たので、焦点が定まらず。
また、小雨というバットコンディションのため、ここは色紙にサインをもらうことは断念。
なんとかボラドールの横顔のみカメラに収めることに成功。
本当に寒い中でしたが、ルチャドール達の姿を見て早くもテンションは上がりまくります(笑)

マキシモ
ディアマンテ
マスカラ・ドラダ
続いてテクニコ勢も会場入り。
こちらもルードと同じくラ・ソンブラ、マスカラ・ドラダ、ルーシュ、マキシモ、ディアマンテの5選手がいっぺんにやって来たのでソンブラとルーシュの写真は撮り損ねました。

ボラドールJr. メフィスト
ボラドールJr. メフィスト
ボラドールJr.
ボラドールJr. サイン
メフィスト
メフィスト サイン
初日のTシャツサイン会、試合開始前はボラドール&メフィストの2選手!
今回は今までにサインをもらったことのないボラドールJr.、メフィスト、ルーシュ、ミステリオッソ、ディアマンテの5人からサインをもらうのが、自らへ課した最低ノルマ(笑)
迷うことなく速攻で大会記念Tシャツを買って、用意した色紙にサインをもらいました。
タッグを組む訳ではないのに、ちょうど反転された赤と黒のマスクとコスチュームの2人。
このヒラヒラ生地のマスクは1枚欲しいんですよね。
ここ数年ずーっとネットで見ていたボラドールは肌の色が白い印象があったのですが、初めて間近で見るとやはりメキシカン、浅黒い肌をしていてびっくりしました。

ミステリオッソJr. OKUMURA
ミステリオッソJr.
ミステリオッソJr. サイン
OKUMURA
OKUMURA サイン
第3試合終了後のサイン会はミステリオッソ&OKUMURA選手。
ここで早くも最低ノルマ5選手のうち3選手のサインをゲット。
特別、何も言わないのに・・・というかスペイン語はほんの少しの単語しか知らないので、何も言えずにカメラを向けだけなのに書いたばかりのサイン色紙を持ってくれたミステリオッソ。
この人、ホントにいい人です!
そして1年ぶりの日本マット里帰りのOKUMURA選手。
実は大会2日目はOKUMURA選手と親交のある友人からOKUMURA選手を通じてチケットをお願いしていました。
その友人からOKUMURA選手がこのブログを読んで下さっているということを昨年聞いてはいましたが、私がサインをもらっている所で「彼があのブログの〜」とOKUMURA選手に紹介してくれました。
「あぁ、あのMask Maniaへの?2年前くらいから誰がやってるのか不思議だったんですよ」と。
予期せぬ展開に動揺しまくった私の口から出た言葉は「すみません」だけ(笑)

マスカラ・ドラダ
マキシモ
OKUMURA
ミステリオッソJr.
ラ・ソンブラ
ディアマンテ
ルーシュ
メフィスト
ディアマンテ サイン
初日から盛り上がったせいか、会場を後にするルチャドールたちは上機嫌。
皆、気さくにファンサービスしていましたが、NWA世界ヒストリック・ウェルター級の前哨戦に敗れたソンブラだけは足早に去って行きました。
試合ではアベルノとのコラボマスクを被っていたメフィスト、この時は神の子も加えたトリプルコラボ!!
ディアマンテは面長で鼻が高くて素顔はグアポそうな感じ。
この時にサインもゲットしました。
大会初日、1番のインパクトを与えたルーシュ、近くで見てもやっぱりグアポでした。
ボラドールだけは見ることなく会場を後にしました。

この日はこの後、色々あって帰宅したのが深夜2時前(笑)
撮ってきた画像を少しだけ確認し、6時半に目覚ましをセットして3時過ぎに寝ました(汗)
興奮してアドレナリンが出まくっているせいでしょうか、目覚ましが鳴る前の6時20分には何故か目が覚める(爆)
準備を整えて友人と合流し、9時頃には再び水道橋着。
用事を済ませた後、後楽園ホールへ向かいました。

すみません。
全てを書き上げて更新しようと思ったら、またもや痛恨の文字数オーバー(汗)
大会2日目の模様はパート2に続きますm(__)m




 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

1・22 NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2012 第3試合

KUSHIDA
マスカラ・ドラダ
マスカラ・ドラダ KUSHIDA
マスカラ・ドラダ
マスカラ・ドラダ KUSHIDA
KUSHIDA マスカラ・ドラダ
マスカラ・ドラダ KUSHIDA
マスカラ・ドラダ KUSHIDA
KUSHIDA マスカラ・ドラダ
KUSHIDA マスカラ・ドラダ
マスカラ・ドラダ KUSHIDA
マスカラ・ドラダ KUSHIDA
KUSHIDA マスカラ・ドラダ
KUSHIDA マスカラ・ドラダ
マスカラ・ドラダ KUSHIDA
マスカラ・ドラダ KUSHIDA
マスカラ・ドラダ KUSHIDA
マスカラ・ドラダ KUSHIDA
マスカラ・ドラダ KUSHIDA
マスカラ・ドラダ KUSHIDA
マスカラ・ドラダ
マスカラ・ドラダ KUSHIDA
マスカラ・ドラダ
第3試合はCMLL世界ウェルター級選手権試合。
先に入場したチャレンジャー、KUSHIDAは目の縁に94と入ったマスクを被っていました。
リングに入る前に脱いでしまったので写真は取り損ねました。
ただ、このマスク、おそらく喉にゴムの入った簡易的な物だったと思います。
そしてチャンピオン、マスカラ・ドラダは銀ラメ生地のライオンの描かれたオーバーマスクで登場。
オーバーマスクの下は初日と同じ黒生地に金模様のマスク。
ただし、この日は後頭部に模様が追加された喉紐式のマスクでした。

興味深かったのは観客の声援。
必ずと言って良いほど、まずはKUSHIDAコールが起こったのですが、そこにドラダコールが重なり、結局はドラダコールの方が上回るという現象。
2010年5月に初来日して以来、巡業にも帯同して奇想天外な空中戦で観る者の度肝を抜き、時に垣間見える憎めない愛らしい性格で日本のファンを魅了してきた成果がこの声援に現れていたと思います。
こうなるとハッスルするのがメキシカンであり、ドラダ。
観客の声援に後押しされ、この日も多彩な空中弾を披露してくれました。

KUSHIDAが見せたタランチュラ式ゆりかもめは原点の高田道場と師匠TAJIRIを彷彿とさせました。
また、2005年に単身メキシコに渡り、何のツテもない中、アレナ・メヒコで練習し、苦労してやっとルチャドールのライセンスを取得したKUSHIDAのこれまでのキャリアを全て吐き出すかのような技の1つ1つにこの試合に懸ける気持ちは十二分に伝わって来ました。
獣神サンダー・ライガーとYOSHI-HASHIがCMLL遠征から帰国し、現在はここ数年では珍しく新日本プロレスのレスラーがCMLLに上がっていない状況。
ここはKUSHIDAがタイトル奪取して第2の故郷メキシコに旅立つのかな?という予想もありました。
それはそれで面白い展開になりそうだしと、どちらに肩入れすることなくニュートラルな心境で試合を見ていました。
それでもやっぱり、ちょっとドラダ寄りでしたが(笑)

KUSHIDAが繰り出すタランチュラ式ゆりかもめ、バズソーキック、ムーンサルトプレス、そして前夜のフィニッシュだった9469を凌ぎ、勝敗を分けたのはミッドナイトエキスプレスの自爆だったような気がします。
最後はロープを利用しての丸め込み。
KUSHIDAからするといつものように空中弾が来ると思っていた所に不意をつかれた形だと思います。

昨年のFANTASTICA MANIAでは田口隆祐にベルトを奪われたドラダ。
今年は見事に勝利して喜びが大爆発!
こういうドラダの姿を見ていると、なんだかこちらまで嬉しくなります。
文句なく日本におけるドラダのベストバウトでした。
日本でも完全に認められましたね。
試合後のコメント「最高だよ。この第二の故郷で、ファンのみなさんと一緒に闘えて、防衛できたことが凄くうれしいね。」がまた泣かせてくれます。

第3試合 60分1本勝負
CMLL世界ウェルター級選手権試合
〈王者〉○マスカラ・ドラダ(13分22秒 ドラダ式ウラカンラナ)KUSHIDA×〈挑戦者〉
※マスカラ・ドラダが4度目の防衛に成功
〈大会結果詳細/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉
〈試合速報/スポーツナビ〉




 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

1・21 NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2012 第4試合

ルーシュ
マスカラ・ドラダ
マスカラ・ドラダ ルーシュ
KUSHIDA
後藤洋央紀 KUSHIDA マスカラ・ドラダ ルーシュ
マスカラ・ドラダ KUSHIDA
マスカラ・ドラダ KUSHIDA 後藤洋央紀
マスカラ・ドラダ KUSHIDA
ルーシュ 後藤洋央紀
ルーシュ 後藤洋央紀 マスカラ・ドラダ
後藤洋央紀 ルーシュ
後藤洋央紀 ルーシュ
ルーシュ 後藤洋央紀
ルーシュ 後藤洋央紀
KUSHIDA ルーシュ
ルーシュ 後藤洋央紀 KISHIDA
ルーシュ 後藤洋央紀 KISHIDA
KUSHIDA マスカラ・ドラダ
KUSHIDA
KUSHIDA マスカラ・ドラダ
とんでもない奴がメヒコからやって来た!
噂通り、いや噂を越える日本向き!!
ルーシュ、すげぇ!!
メキシコでの試合の動画はいくつか観ていますが、こんなに凄いとは思っていませんでした。
まさにルーシュ・インパクト!!!
いや、本当に初日を観て1番印象に残ったのがルーシュでした。
筋骨隆々の肉体とリングシューズのヒラヒラから日本では決して評価が高いとは言えませんが、アルティメット・ウォリアーを思い出してしまいました。
イケメンでビルドアップされた見栄えのする肉体、そして荒々しさ。
けれども時折、宙を舞う新時代ルチャ戦士。
新日本プロレスはまた1人、掘り出し物を見つけてしまいました。
ルーシュを生で観てメキシコ人初のIWGPヘビー級王者の誕生を期待せずにはいられません。
堂々とした佇まいながら、まだキャリア4年半の23才!
まだまだ伸びしろはたっぷりあるでしょう。
さっそく春のニュージャパンカップや真夏のG1にエントリーされそうな予感。

2日目のシングルマッチの前哨戦、ルーシュと後藤洋央紀だけでなく、マスカラ・ドラダとKUSHIDAも熱い火花を散らしました。

第4試合 30分1本勝負
後藤洋央紀&○KUSHIDA(10分24秒 9469)マスカラ・ドラダ×&ルーシュ
〈大会結果詳細/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉
〈試合速報/スポーツナビ〉




 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

1・4東京ドームにアトランティス ドラダ バリエンテ参戦!

昨日、ようやく新日本プロレスからCMLL絡みを含むドーム大会の全対戦カードが発表されました。
〈1.4東京ドームで、武藤敬司vs内藤哲也が電撃決定! 真壁vs高山! MVPのパートナーはシェルトン・ベンジャミン!! 全カード決定!!/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉

実はドームの先、1月21、22日に開催されるCMLL FANTASTICA MANIA 2012の参加選手がメキシコの会見で発表された時に1・4ドームの参加選手も発表されていました。

第2試合 AERIAL KINGDOM feat.CMLL SUPER ESTRELLAS 30分1本勝負
獣神サンダー・ライガー&タイガーマスク&KUSHIDA&マスカラ・ドラダvsアトランティス&TAKAみちのく&タイチ&バリエンテ


ジュニア戦士のごった煮的な印象も受けますが、豪華なカードが並ぶドーム大会ですし、FANTASTICA MANIAも控えていますので、日本マット界最大級の大会にCMLLルチャドールが3人も出場することを喜ぶとします。
アトランティスは最近までルードだったので問題ないと思いますが、バリエンテが鈴木軍と共闘するルード側とは!
ルードとして、新たな一面を引き出すのか、それともいつも通りの空中戦を展開するのか。
あんまり何も考えずに普段通りに飛んだ方が良さそうですね。

アトランティス マスカラ・ドラダ バリエンテアトランティスは今年のFANTASTICA MANIAに参戦した時に長いキャリアの中で何度も来日しているが、初めての新日参戦に張り切っていたそうで、今回は初のドーム出場、海千山千のベテランもきっと更に張り切ってくれるでしょう。

今年上半期、新日マットに連続参戦し、CMLL世界ウェルター級を奪回するなど活躍したドラダはおよそ半年ぶりの来日。
「昔ながらの陽気なメキシカン」だというドラダ。
新日のレスラーや関係者からもその憎めないキャラが愛されているようですし、来年も定期的に来日して欲しいルチャドールです。
本人たっての希望でオーダーされ、帰国後にアレナ・メヒコでも着用したタイガーとお揃いのジャンパー。
今回は4代目タイガーと同じチームですから、長いドームの花道を虎のジャンパーを着用して登場するのを密かに期待しています。

そして!
一昨年5月、ドラダと共に初来日したバリエンテが1年8ヶ月ぶりに待望の再来日!
あの時は飛行機に積んだ荷物が試合に間に合わず、相当ナーバスになっていたようです。
急場しのぎのコスチュームでもあの日の観客の心を鷲掴みにしたバリエンテ。
今回はトラブルなく来日し、思う存分、ドームの巨大空間を華麗に舞ってくれることを願います。

この大会に現在CMLL遠征中のライガーとCMLLで1年半、武者修行していた吉橋伸雄がYOSHI-HASHIのリングネームで帰って来ます。
入れ替わりでメキシコへと向かう選手は誰になるのでしょう。

2012年も日墨の、そして新日本プロレスとCMLLの交流が更に深まるように願いつつドームに行きたいと思っています。
メインの棚橋弘至vs鈴木みのる、セミの武藤敬司vs内藤哲也の2試合はやっぱり、観たい!と思わせるカードですから!!




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン Mistico Tiger 3rd Trade Mask

「CMLL FANTASTICA MANIA 2012」出場選手決定!

ボラドールJr.正直言ってびっくり!
昨年よりも1ヶ月ほど早く、来年1月21日&22日に後楽園ホールで開催される「NJPW Presents CMLL FANTASTICA MANIA2012」に来日する9人のルチャドールが発表されました。
今朝、友人から電話が入り、メキシコでは既に発表されたことを知り、携帯でネットチェック。
どうもこういった発表はいつもメキシコで先に行われることが多く、ちょっと困りますが、夕方には新日本プロレスからも発表がありました。
〈ボラドール、ミステリオッソ、ルーシュ、ディアマンテが大挙初上陸!! 来年1.21&22『CMLL FANTASTICA MANIA』出場選手決定!/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉

【テクニコ】
ラ・ソンブラ
マスカラ・ドラダ
マキシモ
ルーシュ
ディアマンテ

【ルード】
ボラドールJr.
メフィスト
ミステリオッソJr.
OKUMURA

ついに“CMLL最後の大物”ボラドールの来日が決定!
'09年にミスティコが初来日し、CMLLと新日本プロレスの交流が活発になった頃から、理由は書きませんが、この人の来日はおそらくないだろうと思っていました。
きっと“神の子”のCMLL離脱、WWE入りがなければ、永遠に“未だ見ぬ強豪”で終わったような気がします。
しかし、昨年の主役がいなくなった今、再びFANTASTICA MANIA開催となれば“切り札”“目玉”として浮上してきたのが“鳥人二世”ボラドールJr.だったのだと思います。
最近は様々なコスプレで試合しているのが話題になっているボラドールですが、日本での2戦のうち1試合は通常のトレードマスクで登場してもらいたいです。
現在、渡墨中の“ルチャ伝道師”大川昇カメラマンのブログによると「日本のファンはマーベル好きかな?」と聞いていたそうです。

もはや新日常連ガイジンとなったソンブラとドラダ。
そして今年の第1試合を2日間盛り上げたマキシモが再来日。
来年の第1試合は今年と同一カードがもう1度見たいと思いますし、それ以外だとマキシモ&男色ディーノの日墨ゲイオーケストラとTAKAみちのく&タイチの対戦も面白そうですね。
ルーシュとディアマンテの近未来スペル・エストレージャ候補の戦いっぷりも注目です。
イケメンのルーシュは日本の女性ファンのハートも掴んじゃうんですかね?
ボラドール以外のルード勢も仕事師揃い。
中でも'09年2月以来の来日となるバキバキボディのメフィストは好きなルチャドールの1人です。

今年のミスティコvsアベルノに匹敵する鉄板カードがないのが気がかりですが、代わりとなるカードはソンブラvsボラドールか、ドラダvsメフィストか・・・。
初日のメインは「ブラック・キャットメモリアル」として棚橋弘至&内藤哲也&ソンブラvs中邑真輔&高橋裕二郎&ボラドールのような今年と同様、日墨の架け橋となってくれたネコさんを偲び、なおかつこの大会ならではのルチャドールとルチャに対応出来る選手の夢の組み合わせが実現すると良いと思います。
さぁ、どんなカードが組まれるのか?
わくわくしながら次の発表を待ちたいと思います!



そして、思いのほか早く発表されて困りましたが、本日をもって「FANTASTICA MANIAに参戦して欲しいマスクマン」の投票は終了します。
総投票数39、投票して頂いた皆さんありがとうございました。
それでは寄せられたコメントとともに結果発表です。

★第1位 ボラドールJr. 15票
●コスプレ衣装も楽しみw (女性/30代/大阪)
●断然ボラドール!ミスティコと戦い合ったりするくらいハイレベルなのに去年来日しなかったので。 (女性/20代/大阪)
●やはり、彼しかいないでしょう! (男性/40代/埼玉)
●CMLLの未来日選手で一番見たいルチャドールです (男性/30代/東京)

ボラドールの名では未来日の期待感と何となく色んな所で来日を匂わせていたので、きっとあるだろうと思っていました。
間違いなく来年のFANTASTICA MANIAの主役は彼でしょう!

★第2位 ミステル・ニエブラ 4票
●ネブリナ(エル・ヌド)と独特な張り手は必見 (男性/30代/静岡)

残念ながら参戦はなりませんでしたが、この選手のコミカルルードキャラは見たい!
きっと日本でも人気が出ると思います。

★第3位 サングレ・アステカ 3票
●マスクが好き! (男性/30代/大阪)
●一時期よく来日してましたが、リンピオになったみたいなので久々に来日してほしいです。 (男性/30代/東京)

テクニコに転向したサングレ・アステカ。
マスクは個性的ですし、久しぶりに来日してもらいたいルチャドールの1人です。

★第3位 イホ・デル・ファンタスマ 3票

飛び抜けたセールスポイントはないような気がしますが、しなやかな身のこなしやトータルバランスの取れた選手だと思います。
意外と日本マットにフィットするような気がしています。

★第5位 シコシス 2票

初代はマスクの形状から「偽ライガー」と言われていまたね。
現在はボラドール&オリンピコとナショナルトリオ王者。

★第5位 ディアマンテ 2票

この人も初来日決定!
ルチャドールの中では大型の部類、期待の新星。

★第5位 ポルボラ 2票
●ルードのポルボラでしょ (男性/10代/東京)

奇抜なマスクデザイン。
これからに期待のルチャドール。

★第5位 メトロ 2票
●なんかきになる (男性/40代/東京)
●メトロ選手のマスクが好きでファンになったので、今回是非とも来日してほしいです。 (男性/50代/東京)

この人も大型の部類。
得意のジャーマンスープレックスホールドはドス・カラスJr.を思い出させます。

★第9位 エフェスト 1票

エフェストのマスクデザインも好きなんです。
いつかアベルノ&メフィストとトリオで来日して欲しい!

★第9位 ストゥーカJr. 1票
●80年代活躍したまだ見ぬエストレージャストゥーカの実弟ストゥーカJrが断然見たいです! (男性/30代/神奈川)

あぁ、この人のマスクも大好き(笑)
そして独特の空中姿勢を見せる飛び技も必見!
ホントに来日して欲しい!

★第9位 サグラード 1票

かつてナショナルトリオ王者だったサグラード。
パートナーだったボラドールやソンブラに水をあけられてしまいました。

★第9位 ゲレーロ・マヤJr. 1票
●ゲレロ・マヤJrに来て欲しいですね。ルードはヴィルスを筆頭にカンセルベロ、ラジエルを是非。 (男性/20代/東京)

この人のマスクは日本人では想像し得ない奇抜な色使い。
そこがメヒコらしい。

★その他
●カネックJrで新日本にリベンジを! (男性/20代/東京)
現在はCMLLマットに上がっていませんが、スゴーく共感させらました。
府中プロレス参戦をきっかけに日本マットでブレイクなんてことになったら、まさにジャパニーズドリームですね!

●ショッカー
とりあえずマスクマンではありませんので・・・。
けれど来日して欲しいルチャドールではあります。
ショッカーだとどうしても仮面ライダーを連想してしまうので、リングネームは是非あちらに合わせてショッケルで。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン Mistico Tiger 3rd Trade Mask

多忙につき

1週間以上、ブログを放置していましたが、ちゃんと生きています(笑)
TwitterやFacebookはその時、その時の感情で短い文章をすっと書けますが、ブログはちょっとそういう訳にはいかないだろうと思ってしまう性分でして・・・。

サボっている間に今年の上半期のほとんどを日本で活躍したマスカラ・ドラダが帰国しました。
今朝はFITING TV サムライ「Sアリーナ」のキャスターでお馴染みの三田佐代子さんのコラムで書かれていたドラダのちょっといい話に思いがけず、ウルッとしてしまいました。
先日のスーパージュニアのシリーズが終わった後も引き続き日本に滞在し、Jスポーツの6人タッグトーナメントにも出場したのがCMLLからやってきたドラダ。ディファで6人タッグを見ながら「ドラダはこんなに日本に長くいて大丈夫なんだろうか。CMLLの定期戦に出なくて平気なのかなあ?」と喋っていたら、「彼が日本にいたいって望んだんですよ」との声が。振り返ると、そこには新日本プロレスの菅林社長がいらしたのです。

「彼が自分でもっと新日本のスタイルを学びたいと。だから6人タッグにも出てもらったんです。ライバルの多いCMLLを空けて大丈夫なのかって聞いたら、帰ったら自分の力でまたそこを奪い取るからいいんだって。彼の心意気ですよ。」

そうおっしゃる菅林社長の横顔は誇らしげで、とても嬉しそうでした。CMLLの若きスターが、日本でも学びたがっている。それはとても嬉しいことであり、誇らしいことでもあります。



新日本プロレスから参戦ガイジン選手が発表される度「えっ!?またドラダ?」と正直、思ったりもしました。
次期シリーズにはイッテンヨン東京ドーム以来の来日となるエクトール・ガルサの参戦が発表されていますが、もうこうなったらとことんドラダには日本のスタイルも学んでもらって数年後、本当の意味でCMLLのトップに君臨する凄いルチャドールになってもらいたい!!
今後はドラダ、他のルチャドール、ドラダ、他のルチャドール、そしてまたドラダ・・・みたいな順番でCMLLから新日のシリーズに参戦してくれればと思います。
まだまだ見たいルチャドールはいますし。
私的な希望はドラゴン・ロホJr.とミステル・ニエブラです!
反対に新日からCMLLへ中邑真輔と入れ替わりで内藤哲也(-_@>の遠征が発表されました。
昨年、棚橋弘至&タイチ&OKUMURAのCMLL世界6人タッグ王座奪取がありましたが、ここ数年のCMLLマットで1番インパクトを残した日本人は内藤だと思います。
自他ともに認めるメキシコ好き。
全てをリセットして再び日本で輝くために大いにメヒコで暴れて欲しいと思います!


Gスピリッツ Vol.20 (タツミムック)
Gスピリッツ Vol.20 (タツミムック)
クチコミを見る

そして明日はGスピリッツの発売日です。
気になる内容は以下の通り。
■特集
90年代の全日本プロレス

[証言]
川田利明
「俺は常に馬場さんの嫌いなことをやってきた。小橋や秋山をボコボコにした理由? 元子さんに可愛がられていたからだよ」

和田京平レフェリー
「三沢に現場の全権を譲った後、馬場さんが寂しそうな顔でポツリと“変わったなあ、何かあったのかな”って…」

菊地毅
「若い頃は切磋琢磨していたというよりも、“俺はアマチュア出身で強ぇんだ!”って小橋選手や北原選手と張り合ってました」

渕正信
「スタン・ハンセンは裏でいろいろなプランを出してくれたよ。ジョニー・エースは…腰が高過ぎてカッコ悪いなって(笑)。今、彼は全日本で得たノウハウをWWEで使ってるのかな」

大森隆男
「オーソドックスなプロレスじゃ秋山準に勝てないから、“もう全日本スタイルなんて関係ねぇや!”って先輩に嫌がられるようなことも平気でやりましたよ」

太陽ケア
「90年代までのプロレスは“ナチュラル”だった。あまり考え過ぎず、感じたまま自然に動く。それが本当のサイコロジーじゃないかと思うんだ」

仲田龍リングアナウンサー
「下の選手のために動いてくれたんだけど、『三沢革命』は良かったのか悪かったのか…。“自由”と“勝手”は意味が違うからね」

[座談会]
90年代の「馬場」と「三沢」

■特別企画
[検証――8・26夢のオールスター戦]
あの9試合は、いかにしてマッチメークされたのか?
証言:元・東京スポーツ編集局長 櫻井康雄

■連載
[Talk about a million secrets of BUMP]
キム・ドク
ミスター・ビッグマウスの毒ガス放談(前編)

[実録・国際プロレス]
【第10回】大位山勝三
「僕が相撲を辞めた直後に、親方が日本プロレスに電話したんですよ。“もし大位山が行ったら、絶対に入れないでくれ!”って」

[ミル・マスカラスが「悪魔仮面」と呼ばれた時代]
――ロス登場から初来日までの1033日
【第3回】集団リンチ事件の真相

[アリーバ・メヒコ]
“太陽仮面”ソラール
バレ・トド上等の愛すべきマスクマン
苦難に満ちた3階級制覇への道(後編)

[コアラの国のプロレス]
―豪州マット裏面史―
【第1回】ルー・テーズの団体壊滅作戦

[原悦生の格闘写真美術館]
【第20回】ガイジンと呼ばれる優越


やっぱり1番気になるのは太陽仮面物語の後編です!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン Mistico Tiger 3rd Trade Mask

DOMINION 6.18 大阪で田口vsドラダのCMLL世界ウェルター級リターンマッチ決定!

史上初の他団体所属、飯伏幸太の優勝で激闘の幕を閉じた「BEST OF THE SUPER Jr. XVIII 〜Bring it on!〜」。
メキシコCMLLから参戦したマスカラ・ドラダは残念ながら予選リーグ敗退、決勝トーナメント進出はなりませんでした。
けれど、全選手が満身創痍になりながらの過酷なリーグ戦をよく完走したと思います。
全公式戦を振り返れば、獣神サンダー・ライガー、田口隆祐、TJP、外道に勝利して8点をマーク。
“世界最高峰”新日ジュニアの中で堂々の結果だと思います。
あわよくば決勝トーナメント進出、でもそう簡単にはいかないだろうと想像していましたので、公式戦最終日の試合前まで進出の望みを繋いでいたのは大健闘だったと思います。

マスカラ・ドラダ 田口隆祐スーパージュニア後のビッグマッチ「DOMINION 6.18」大阪府立体育会館大会の全カードが発表され、1月22日に奪われたCMLL世界ウェルター級のリターンマッチが決定しました。
〈6.18大阪で、デヴィットvs飯伏のIWGP Jr.戦、内藤vs裕二郎、田口vsドラダのCMLL戦!全カード決定!!/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉

初来日の昨年5月、そして11月はタッグマッチで、今年1月のFANTASTICA MANIAではシングルで田口相手に「さぁ!盛り上がりはここからだ!」と思った矢先にころっと負けているシーンを見て「うーん、どうも苦手なタイプなのかな?」と思っていましたが、スーパージュニア公式戦では勝利していますので、ここは5ヶ月ぶりにタイトル奪還を期待しています!

そして更に6月21〜23日のディファ有明3連戦「 J SPORTS CROWN 〜無差別級6人タッグトーナメント〜」に棚橋弘至&KUSHIDAと組んで出場します。
〈今年もやります!『J SPORTS CROWN 〜無差別級6人タッグトーナメント〜』ディファ有明3連戦、開催決定!!/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉

このチーム、3人が3人とも「天才」と形容される超陽性トリオ。
ドラダは「アイツはいい奴」と新日レスラーズから愛されていることが伝わってきていますし、棚橋、KUSHIDAともメキシコマット経験者ですから、これちょっと結果も期待しています。
新日のエースにしてIWGPヘビー級チャンピオンと組む3日間はドラダにとって良い経験になるでしょうね。
まだ22才のドラダ、5年、10年経った時、すげぇルチャドールになっているような気がしてきました。
ディファ3連戦は全て平日と観戦には行けませんが、棚橋&KUSHIDA&ドラダの活躍を願っています!


そういえば、ドラダがCMLL世界ウェルター級タイトルマッチを行う「DOMINION 6.18」の試合前にはCMLLがアレナ・メヒコで開催するビッグショー「Juicio Final」の結果が出ます。(メキシコ現地時間は17日)
ご存知の方も多いと思いますが、全カードを記載しておきます。

(1) OKUMURA&吉橋伸雄vsストゥーカJr.&メトロ
(2) ブラソ・デ・プラタ&イホ・デル・ファンタスマ&バリエンテvsレイ・ブカネロ&エル・テハノJr.&テリブレ
(3) ネグロ・カサス&ディアマンテ&イホ・デル・シグノvsブルー・パンテル&フエゴ&ポルボラ
(4) ショッケル&デルタ&ゲレーロ・マヤJr.vsウルティモ・ゲレーロ&アンヘル・デ・オロ&レイ・エスコルピオン
(5) ラ・ソンブラ&ストロングマン&ルーシュvs中邑真輔&ミステル・ニエブラ&メフィスト
(6) アベルノvsラ・マスカラ[マスカラ・コントラ・マスカラ]

正直、とんでもないマスカラ戦が組まれたもんだと思っています。
既に報じている所もあるので書きますが、アベルノが永遠のライバル、シン・カラ(ミスティコ)を追ってWWE入りの噂が流れています。
ただ、この情報を打ち消すように「WWEに行くなんて言っていない」というアベルノのコメントがルチャ系のサイトに載っていたりと今ひとつハッキリしません。
いったい、どうなってしまうのか!?
マスカラ戦の行方を静かに見守りたいと思います。
大きな大きな金看板を失ったCMLL、ミスティコの実弟であるアストロ・ボーイがアルゴスと改名し、もう1人の弟アルヘニスのいるライバル団体AAAに移籍したりと、そのパワーバランスが少し崩れてきているようで、ちょっと心配しています。








人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン Mistico Tiger 3rd Trade Mask

BEST OF THE SUPER Jr. XVIII 〜Bring it on!〜を観戦して来ました!

BEST OF THE SUPER Jr. XVIII 〜Bring it on!〜P1150754BEST OF THE SUPER Jr. XVIII 〜Bring it on!〜
5月29日に後楽園ホールで行われたBEST OF THE SUPER Jr. XVIII 〜Bring it on!〜第3戦を観戦して来ました!
もちろん最大のお目当てはマスカラ・ドラダ。
ここに来てドラダのトンパチぶりがクローズアップされる中、初戦は獣神サンダー・ライガーに勝利、続く公式戦2戦目のTAKAみちのく戦に勝利すれば一気に勢いに乗るのではないかと期待して後楽園ホールへ向かいました。

TAKAみちのく
マスカラ・ドラダ
マスカラ・ドラダ
TAKAみちのくマスカラ・ドラダ
マスカラ・ドラダ TAKAみちのく
マスカラ・ドラダ
マスカラ・ドラダ TAKAみちのく
マスカラ・ドラダ TAKAみちのく
マスカラ・ドラダ TAKAみちのく
マスカラ・ドラダ TAKAみちのく
TAKAみちのく マスカラ・ドラダ
TAKAみちのく マスカラ・ドラダ
マスカラ・ドラダ TAKAみちのく
マスカラ・ドラダ TAKAみちのく
マスカラ・ドラダ TAKAみちのく
マスカラ・ドラダ TAKAみちのく
マスカラ・ドラダ TAKAみちのく


小島軍(仮)から鈴木軍(仮)と新日マットではヒールのTAKAに対して試合開始早々からドラダコールが発生。
これで気を良くしてガンガン飛べれば良かったのでしょうが、場外に落ちたTAKAはドラダの空中弾を警戒して場外の奥へと逃げる。
ドラダの見せ場は鉄柱越えのプランチャとロープ渡りからのドロップキックぐらいだったでしょうか。
エプロンからのムーンサルトは標的のTAKAを越えてしまうミスもあり、この日のドラダは本領発揮出来ず。
凄いときは物凄く凄いのにダメな時はあっさり負けてしまうんですよねぇ(>_<)
逆に言えば、TAKAが上手くいなして勝利したとも言えますが・・・。
そういえばドラダ戦を前にTAKA代表、こんなツイートを
今日はルチャリブレ(*_*)最初に入った団体がルチャな団体だったしメキシコ修行にも行った。しかしルチャは苦手。自分的には別競技くらいの感覚。飛ぶだけの華やかなイメージがあるが緻密な細かい技術が必要だ。プロである以上対応せねば。今日は第一試合だし火付け役にならないとなぁ(*_*)

ルチャへの苦手意識はドラダの次の公式戦の対戦相手、飯伏幸太も様々な所で語っていますが、この辺りは選手でないとわからない感覚ですね。
でも、さりげなくルチャの技カンパーナを繰り出したのは見逃していません!

第1試合 30分1本勝負
「BEST OF THE SUPER Jr. XVIII」Bブロック公式戦
○TAKAみちのく(9分45秒 ジャストフェイスロック)マスカラ・ドラダ×
〈大会結果詳細/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉
〈試合速報/スポーツナビ〉

試合後のコメントを読むとその昔、長州力から「あいつ宇宙人か?」と言われたTAKAがドラダに対して同じセリフを言ってますね(笑)
これで2戦して1勝1敗、残りの公式戦は6つ。
観戦には行けませんが、持てるポテンシャルを全開出来るよう全力で応援したいと思います!
頑張れ!ドラダ!!
結果はともかく“ジュニアの祭典”での経験はこれからのルチャドール生活に絶対活きるはず!
過酷なシリーズを大きなケガなく駆け抜けろ!


その他の試合も観戦記とまではいかないまでも撮ってきた画像はアップしたいと思っています。
でも、多重ロマンチックさんからプレッシャーかけられた中邑真輔のメヒコ遠征(汗)やアベルノvsラ・マスカラのマスカラ戦、そしてもう1つ大きなニュースが飛び込んで来ましたので、さてさて、どうなることやら・・・。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン Mistico Tiger 3rd Trade Mask

開幕目前!「BEST OF THE SUPER Jr. XVIII 〜Bring it on!〜」



マスカラ・ドラダいよいよ今週木曜に開幕する新日本プロレス「BEST OF THE SUPER Jr. XVIII 〜Bring it on!〜」。
1月の「NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2011」以来、4ヶ月ぶりの観戦に既にワクワクしております。
ご存知の通り、この伝統ある“世界最高峰のジュニアの祭典”にCMLLから飛来するのは今回が実に6度目の来日となる“脅威の五次元殺法”マスカラ・ドラダ。
ドラゴン・ロホJr.など、まだまだじっくり見てみたいルチャドールがいる中で「またドラダ!?」という感は拭えませんが、決まった以上はCMLLのトップの1人として大活躍を願っています。
スーパージュニア後の6月21〜23日、ディファ有明3連戦「J SPORTS CROWN 〜無差別級6人タッグトーナメント〜」にも棚橋弘至&KUSHIDAと組んでエントリーが決まっていますし、もうここはとことん新日スタイルを身に付けて、最大の持ち味である空中戦+アルファの獣神サンダー・ライガーの言う「凄い選手」へと進化を遂げて欲しいと思います!

Bブロックにエントリーされたドラダのスーパージュニアの日程をまとめてみました。

■5月26日(木) 18:30〜 東京・後楽園ホール
第3試合 30分1本勝負
「BEST OF THE SUPER Jr. XVIII」Bブロック公式戦
vs 獣神サンダー・ライガー

■5月28日(土) 18:00〜 東京・ディファ有明
公式戦なし

■5月29日(日) 18:30〜 東京・後楽園ホール
第1試合 30分1本勝負
「BEST OF THE SUPER Jr. XVIII」Bブロック公式戦
vs TAKAみちのく

■6月2日(木) 18:00〜 愛知・豊橋市総合体育館・第2競技場
第5試合 30分1本勝負
「BEST OF THE SUPER Jr. XVIII」Bブロック公式戦
vs 飯伏幸太

■6月3日(金) 18:30〜 和歌山・岩出市立市民総合体育館
第7試合 30分1本勝負
「BEST OF THE SUPER Jr. XVIII」Bブロック公式戦
vs 田口隆祐

■6月4日(土) 18:00〜 京都・KBSホール
第4試合 30分1本勝負
「BEST OF THE SUPER Jr. XVIII」Bブロック公式戦
vs ザ・グレート・サスケ

■6月5日(日)17:00〜 兵庫・明石市立産業交流センター
第1試合 30分1本勝負
「BEST OF THE SUPER Jr. XVIII」Bブロック公式戦
vs 佐々木大輔

■6月7日(火) 19:00〜 東京・ディファ有明
第1試合 30分1本勝負
「BEST OF THE SUPER Jr. XVIII」Bブロック公式戦
vs 外道

■6月8日(水) 19:00〜 東京・ディファ有明
30分1本勝負 ※試合順は得点経過により当日発表予定
「BEST OF THE SUPER Jr. XVIII」Bブロック公式戦
vs KUSHIDA

6月10日(金)18:30〜 東京・後楽園ホール(最終戦)
「BEST OF THE SUPER Jr. XVIII」決勝戦 
準決勝戦の勝者vs準決勝戦の勝者
「BEST OF THE SUPER Jr. XVIII」準決勝戦
Aブロック1位 vs Bブロック2位
「BEST OF THE SUPER Jr. XVIII」準決勝戦
Aブロック2位 vs Bブロック2位


曲者揃いのBブロックでこと奇想天外さならサスケ、飯伏、ドラダが3トップですね(笑)
ドラダとサスケ、飯伏との対戦は観たかったのですが、豊橋と京都ですから・・・。
あぁ、そういえば新日本プロレスオフィシャルWEBサイトでは遂に「CMLLを代表するトンパチヤロー」なる称号がドラダに与えられてしまいました。
ドラダは愛すべきトンパチですから、そこんところ宜しくお願いします(^_^;)
冗談はさておき、場外フェンスなしのジュニア仕様、とにかく遠慮なく飛んで対戦相手とお客さんのド肝を抜いて欲しいです!
“ジュニアの祭典”参戦に向けて、スーパージュニア用のマスクを既に用意しているとか、いないとか(^o^;
また連日、試合結果、星取りが気になって、試合が行われている時間はtwitterや新日携帯サイトを覗いてしまいそうです。
頑張れ!ドラダ!!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン Mistico Tiger 3rd Trade Mask

ドラダ初の巡業帯同 5・3どんたくでライガーのCMLL世界ミドルに挑戦

マスカラ・ドラダ4月16日(土)三重・四日市オーストラリア記念館で開幕する新日本プロレスの「NEW JAPAN BRAVE 2011」と5月3日(火・祝)福岡・福岡国際センター「レスリングどんたく 2011」、5月4日(水・祝)岡山・岡山県卸センター・オレンジホール「NEW JAPAN LIVE IN OKAYAMA」にマスカラ・ドラダの参戦が発表されました。
そして、新日にとっては次のビッグショーとなる5月3日「レスリングどんたく 2011」で獣神サンダー・ライガーの保持するCMLL世界ミドル級王座に挑戦します。

昨年5月8日にJCBホールで開催された「SUPER J TAG TOURNAMENT 1st.」で初来日以来、この1年間で実に5度目となるハイペース。
今年はイッテンヨン東京ドーム、同じ1月の22&23日の「FANTASTICA MANIA 2011」にも参戦していますので、これが早くも3度目の来日!
シリーズの日程を見てみると4月19日(火)後楽園ホールと唯一、関東での開催があるだけで他は全て関東よりも西の地で行われます。
ドラダ参戦となれば観戦したい!と思いますし、4月3日に同じ後楽園ホールで行われた「NEW DIMENSION〜Pray,Hope,Power〜」が大爆発と勢いに乗る新日だけに久しぶりの観戦に出掛けたいところですが、いかんせん平日なので今回は断念します。
もう少し待てばCMLLルチャドールの参戦があると思われるスーパージュニアがありますし・・・。

ミスティコという“玉”を失い、“飛車角”に当たるであろうラ・ソンブラとドラダのうち一方をおよそ3週間の巡業に帯同させるCMLLの決断には驚きましたが、そこはライガーに明け渡し1年が経つCMLL世界ミドル級王座奪還が至上命令のようです。
現地時間、4月7日(木)、メキシコ・CMLLが、アレナメヒコ内のサロンにて記者会見を行った。この会見に登場したのは、脅威の“5次元空中殺法”を持つ天才ルチャドール、マスカラ・ドラダ。
 
 この会見では、マスカラ・ドラダが自身の持つ、CMLL世界スーパーライト王座を返上することがあきらかとなった。返上の理由はライガーの持つミドル級選手権に専念するためというから、気合が入っている。
 
 加えて、すでに日本では発表済みだが、ドラダが新日本プロレスの4月シリーズ『NEW JAPAN BRAVE』への参戦がアナウンス。さらに、5月3日『レスリングどんたく』福岡大会で行われるCMLL世界ミドル級選手権、王者・ライガーへの挑戦に向け「新日本のビッグショーでライガーを倒し、CMLLのベルトを取り戻しメキシコに持ち帰ってくる」とコメント。
 
 ライガーが、ネグロ・カサスからベルトを奪取したのが、1年前の『どんたく』。1年越しの奪回チャンスだけに、ドラダを送り出すCMLL側も期待が大きい。ドラダが福岡でどんな闘いを見せるか、注目だ。

この会見の模様はYouTubeに動画がありました。



一時はCMLL世界タイトルのウェルター、スーパーライト、6人タッグの3つとナショナル6人タッグの4冠王に輝いていましたが、今回のスーパーライト返上で残るはソンブラ&ラ・マスカラと保持するCMLL世界6人タッグのみ。
CMLL世界ミドル級王座奪還へ背水の陣で臨みます。

そして今回の来日がドラダにとっては初となる新日の巡業帯同。
少しの不安はありますが、カネックの時代とはガラリと雰囲気の変わった新日本プロレス。
今はメキシコマット経験者も多いですし、伝え聞いたり、感じたりしているドラダの性格的には大丈夫だと思います。
シリーズ途中の4月22日(金)長野・松本めいてつショーホールからはメキシコマットの経験豊富なロッキー・ロメロが参戦して来るのもドラダにとっては心強いかもしれません。
ジュニアが主役のシリーズではないので通常通り、場外フェンスが設置されるであろうことの方が、ちょっと心配だったりします。
でもドラダの“5次元空中殺法”で西日本のファンの人達を多いに沸かしてくれることでしょう!
この巡業で新日スタイルも勉強して「どんたく」でベルト奪取!が理想ですね。
きっと今回の経験はメキシコに帰ってからも活きると思います。


そして!
WWEでのTVデビューを果たしたシン・カラが今度はスマックダウンに登場!!



ハンドスプリング・エルボーからティヘラ、そして場外へトルニージョ!
しかし、ロウのシェイマスといい、スマックダウンのスワガーといい、とにかくデカい。
よくわかりませんが、ロウとスマックダウンの両ブランドで顔見せなんていう破格のデビューは今まであったのでしょうか?
来週はいよいよ初TVマッチとなるのでしょう。
どちらのブランドでどちらの相手と抗争をおっ始めるのか?
やっぱり彼の動向は気になります!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile
Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


マスク画像
観戦画像
free counters
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ