マット・ターバン

ボラドール選手を撃破しマット・ターバン選手がNWA世界ヒストリック・ウェルター級王者に

3月30日のアレナ・メヒコ金曜定期戦のメインで行われた王者ボラドールJr.選手vs挑戦者マット・ターバン選手のNWA世界ヒストリック・ウェルター級カンペオナート。
2014年8月にラ・ソンブラ選手を破り同タイトル2度目の戴冠以来、実に3年7ヶ月の長きに渡り19度の防衛を誇るボラドール選手がまさかの王座陥落。
提携団体ROHから2度目のCMLL遠征となったマット・ターバン選手が第8代新王者となりました。

4F9A0E56-B3D9-4111-975D-EE30DBB204DD


1時間41分頃からがNWA世界ヒストリック・ウェルター級戦

ボラドール選手のセコンドは甥のフライエル選手、テクニコとしてCMLL参戦していたターバン選手にはトランプ大統領の顔がプリントされている星条旗を振る同じアメリカ人でルードのサム・アドニス選手が付き、ボラドール選手が白ベースに緑と赤のメキシコ国旗カラーのコスチュームを着用してきたこともあり、闘いの構図はメキシコvsアメリカとなりました。
1本目はボラドール選手がバッククラッカーで早々に先取。
2本目はフロッグスプラッシュでターバン選手が取り返しました。
互いに得意技で1本ずつ取った後の決勝の3本目は一進一退の攻防。
若干、ティランテスレフェリーの疑惑のカウントもありましたが、勝負の分かれ目はトップロープ上の攻防だったように感じます。
コーナー上のターバン選手をスパニッシュフライで仕留めんとロープを上がったボラドール選手をターバン選手が撃墜し、ボラドール選手は急所を痛打。
そのままトップロープに足を掛け、ターバン選手必殺のクライマックスが決まり、見事に3カウント奪取、ボラドール選手の長期政権に終止符を打ちました。
ベルトを手にしたターバン選手は感極まった表情を見せベルトにキス。




もともとは「NWA世界ウェルター級」だったものを2010年8月に現在の「NWA世界ヒストリック・ウェルター級」と改称し、ベルトのデザインも一新したタイトル。
初代王者がメフィスト選手、2代と6代がラ・ソンブラ選手、3代ネグロ・カサス、4代マスカラ・ドラダ選手、5代と7代がボラドール選手とCMLLのトップ選手が巻いてきたベルトに初の外国人王者が誕生しました。




そして、新王者ターバン選手のCMLL遠征はタイトル奪取した30日のアレナ・メヒコ金曜定期戦で終了、アメリカROHへ帰ります。
CMLL側から見ればタイトルの海外流出。
タイトル奪還へROHへとルチャドールを送り込むのか?
送り込むのなら前王者ボラドール選手なのか?
それとも別の選手となるのか?
ROHのリングでアメリカ人選手を挑戦者に迎えて防衛戦が行われることもあるかもしれません。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

18日のアレナ・メヒコ金曜定期戦からジュース・ロビンソンとマット・ターバンが登場

8月4日のアレナ・メヒコ金曜定期戦で行われたブルー・パンテル選手とサム・アドニス選手のカベジェラ・コントラ・カベジェラはまもなくLUCHA FIESTA 2017に初来日するアドニス選手が勝利。
ブルー・パンテル選手はこれでカベジェラ戦の戦績は2勝2敗1分け。
2012年3月にネグロ・カサス選手と引き分けた時には両者が髪を切られましたので、これで3度目の丸坊主となってしまいました。

今後のCMLLは9月1日のグランプリと15日のアニベルサリオに向けて、1年で最も盛り上がるシーズンを迎えます。

image
image
image
今週18日アレナ・メヒコ金曜定期戦からグランプリにも多国籍軍として参戦する新日本プロレスのジュース・ロビンソン選手、ROHからはマット・ターバン選手が登場します。
既に発表されている対戦カードは18日のアレナ・メヒコがボラドールJr.選手&ディアマンテ・アスール選手&バリエンテ選手vsマルコ・コルレオーネ選手&マット・ターバン選手&ジュース・ロビンソン選手。
翌19日のアレナ・コリセオがマルコ・コルレオーネ選手&マット・ターバン選手&ジュース・ロビンソン選手vsショッケル選手&ピエロー選手&エチセロ選手。
両日ともコルレオーネ選手とのトリオでメインに出場。
18日アレナ・メヒコの対戦カードに「テクニコスvsテ
クニコス」とあるようにターバン選手もジュース選手もテクニコとしてCMLL遠征することになりました。
トリオを結成するコルレオーネ選手は表向きはイタリア人ということにはなってぃすが、もちろんマーク・ジンドラックとしてアメリカや日本で活躍していたアメリカ人。
2人にとっては英語が通じるありがたい存在のような気がしますが、昨年の同時期にCMLL遠征したKUSHIDA選手が自身のPodcast「KUSHIDAのナイショ話」で「マルコに英語で話しかけてもメキシコ生活が長いのでスペイン語で返ってくる」と話していたので、どうなることやら。
最近はウルティモ・ゲレーロ選手やルーシュ選手が英語でマイクアピールすることもありますが。

今週はカリスティコ選手とサム・アドニス選手がウルティモ・ドラゴン選手30周年興行LUCHA FIESTA 2017に参戦のため日本へ。
ミスティコ選手、ティタン選手、ウルティモ・ゲレーロ選手、レイ・ブカネロ選手の4人はROHのイギリス遠征に帯同と若干手薄になるCMLLでターバン選手とジュース選手の闘いぶりに注目です。
まして、ジュース選手は初めてのCMLL遠征。
何人もの選手がメキシコで何かを掴んで帰ってきただけに、ジュース選手の変化を見届けたいと思います。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン
カテゴリ別アーカイブ
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile

MISTICO TIGER

本名/非公開
生年月日/非公開
デビュー戦/'07年3月17日
身長/170cm
体重/80kg
出身地/非公開
趣味/プロレス観戦
   プロレスマスク収集

Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


マスク画像
観戦画像
free counters
Archives
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ