メタリコ

OKUMURA選手がスペインで復帰戦

FE27FBE0-8E42-4F62-ADB8-BC2F37B5A12C
3月2日のアレナ・コリセオ土曜定期戦に出場後、虫垂炎を患い欠場中のOKUMURA選手。

AE242C93-F44A-41BD-B1D3-5E34DC00B3D9

6月21日と22日にアトランティス選手とアトランティスJr.選手の親子とともに遠征するスペインで復帰が決定しました。〈OKUMURAのスペインでの復帰戦が決定、現状などコメントを発表!/プロレスTODAY〉

先週12日に配信されたインフォルマにアトランティス選手とゲスト出演。
OKUMURA選手の出演は51分22秒から

CMLLに遠征した小林香萌選手や本間多恵選手の通訳として度々インフォルマに出演したり、OKUMURA選手自身のSNSを見ていると激減してしまった体重も徐々に回復しているように感じていました。
スペイン遠征後の“Tifon de Osaka”のCMLLマット復帰を心から願っています。


そしてもう1つCMLLに新たなレフェリー誕生のニュースを。
5月31日のフイシオ・フィナルでヴィールス選手との敗者引退マッチに惜しくも敗れ、27年のルチャドールとしてのキャリアに幕を下ろしたメタリコ選手。
こちらも12日のインフォルマで発表がありましたが、18日のアレナ・メヒコ火曜定期戦の第1試合で「ティグレ・インファンテ」の名でレフェリーとして第2の人生を歩み始めました。






ヴィールス選手vsメタリコ選手の敗者引退マッチが追加 5月31日フイシオ・フィナル

ウルティモ・ゲレーロ選手vsマスカラ・アニョ・ドスミル選手、小林香萌選手vsアマポーラ選手の2つのカベジェラ・コントラ・カベジェラなど全6試合が発表されていた5月31日開催のビッグショー「フイシオ・フィナル」。
5月19日のアレナ・メヒコ日曜定期戦の第4試合で行われたフライエル選手&メタリコ選手&ペガソ選手vsヴィールス選手&スティグマ選手&ダーク・マジック選手のレレボス・インクレイブレスでロープを掴んでヴィールス選手から3カウントを奪ったメタリコ選手が試合後にヴィールス選手に対してカベジェラ・コントラ・カベジェラをアピール。
これに対しヴィールス選手はなんと敗者引退マッチを要求。
メタリコ選手はこれを承諾していましたが、22日のインフォルマに両選手がゲスト出演。
調印書にサインし「フイシオ・フィナル」での敗者引退マッチが正式に決定しました。

1時間4分2秒から19日のアレナ・メヒコ日曜定期戦の試合のダイジェスト動画に続いて2選手の出演シーン。

ヴィールス選手は1968年12月生まれの50歳、1986年4月デビューのキャリア33年。
“ペケーニョ・ヒガンテ”や“ペケーニョ・グラン・マエストロ”と称されるアレナ・メヒコのルチャクラスで後進の指導に当たるプロフェソールの1人。
メタリコ選手は1969年11月生まれの49歳、1992年デビューでキャリア27年。
今月4日のアレナ・コリセオ土曜定期戦で行われたカベジェラ・コントラ・カベジェラで勝利し、ディストゥルビオ選手の髪を刈ったばかり。

ヴィールス選手とメタリコ戦のカレラ・コントラ・カレラが追加され「フイシオ・フィナル」は全7試合に変更されました。

A35A3FCA-1ADC-4A71-9C20-91F4A920CEBE

●第7試合 カベジェラ・コントラ・カベジェラ
ウルティモ・ゲレーロ選手vsマスカラ・アニョ・ドスミル選手

●第6試合
カリスティコ選手&ボラドールJr.選手&ミスティコ選手vsミステル・ニエブラ選手&ネグロ・カサス選手&バルバロ・カベルナリオ選手

●第5試合 CMLL世界タッグ王座戦
(王者組) ディアマンテ・アスール選手&バリエンテ選手vsグラン・ゲレーロ選手&エウフォリア選手 (挑戦者組)

●第4試合 カベジェラ・コントラ・カベジェラ
小林香萌選手vsアマポーラ選手

●第3試合 敗者引退マッチ
メタリコ選手vsヴィールス選手

●第2試合
アンヘル・デ・オロ選手&ニエブラ・ロハ選手&ソベラノJr.選手vsメフィスト選手&ルシフェルノ選手&エフェスト選手

●第1試合
ブルー・パンテルJr.選手&レイ・コメタ選手&ブラック・パンテル選手vsミステリオッソJr.選手&カワト・サン選手&ディストゥルビオ選手

当初、ヴィールス選手が出場予定だった第1試合には奇しくもメタリコ選手に敗れて丸坊主となり、現在は緑を基調としたコスチュームにイメージチェンジしたディストゥルビオ選手が入りました。
カベジェラ戦が2試合、敗者引退マッチ、そしてCMLL世界タッグ王座戦と豪華、且つ各選手の命運がかかるビッグショー「フイシオ・フィナル」がいよいよ8日後に迫ってきました。




リアル「パパはわるものチャンピオン」ディストゥルビオ選手vsメタリコ選手のカベジェラ戦

4D362A51-DE81-48AF-8489-EA16DCDF10FD
5月4日のアレナ・コリセオ土曜定期戦の第4試合で行われたディストゥルビオ選手とメタリコ選手のルード同士のカベジェラ・コントラ・カベジェラ。
ライブ配信はなく、Twitterで結果を先に知りました。


昨年のファンタスティカマニアに初来日し「乱れ」Tシャツで人気者になったディストゥルビオ選手が残念ながら敗北、自慢の赤い長髪を失う結果となりました。

決戦から程なく例によってディストゥルビオ選手の奥様のプリンセサ・ドラダさんが動画をYouTubeにアップ、一部始終を確認することが出来ました。
1本目はレフェリーからのロープブレイクの制止を無視して攻撃を続けるディストゥルビオ選手が反則負け。
2本目はメタリコ選手をコーナーに座らせ、ダブルニーアタック3連発でディストゥルビオ選手が3カウント奪取。
3本目はレフェリーの死角をつき急所へのローブローからメタリコ選手が3カウントを奪取し勝利。
「騙してズルしていただき」的ないかにもルード同士らしい闘いでした。
リング上で髪を切られる辱しめを受けることとなったディストゥルビオ選手が観客席から呼び込んだのが息子さんでした。
ルチャリブレの世界ではマスクや髪を失う時にご家族が涙ながらにマスクを取り、髪を切るシーンがよく見られますが、ディストゥルビオ選手の息子さんはお父さんの髪にハサミを入れた後、汚い手で父から勝利したメタリコ選手の手をあげ、なんと勝利を祝福!
この行動にびっくりすると同時に昨年公開された棚橋弘至選手主演の映画「パパはわるものチャンピオン」で描かれた親子のストーリーを思い出し、大感動しました。




「乱れ」Tシャツのディストゥルビオ選手がカベジェラ戦

9A9E1311-D132-4507-AF23-F2D581430473
昨年のファンタスティカマニア2018で初来日し「乱れ」Tシャツで人気者となったディストゥルビオ選手が5月4日のアレナ・コリセオ土曜定期戦の第4試合でメタリコ選手とカベジェラ・コントラ・カベジェラを行うことになりました。

4D362A51-DE81-48AF-8489-EA16DCDF10FD
ライブ配信のないコリセオ土曜定期戦のため、ここまでの展開がわからず突然の発表に驚きましたが、以前の対戦カードを調べてみるとルード同士のディストゥルビオ選手とメタリコ選手は4月20日に10分1本勝負のマッチ・レランパゴで対戦。
翌週の27日にも今度は通常の3本勝負でマノ・ア・マノで対戦していることがわかりました。
この2週のアレナ・コリセオ土曜定期戦で両者の間に遺恨が生じたことは間違いなさそうですが、CMLLのHPはそれぞれの定期戦が終わり画像がアップされると前週のものは見られなくなってしまいます。
どうしたものかと思案していましたが、あることを思い出しました。
それはディストゥルビオ選手の奥様のプリンセサ・ドラダさんがご主人の試合の度に観戦に出掛け、動画を撮影し、自身のYouTubeチャンネルにアップしていることを。
さっそく確認してみると、やはりありました。

まずは20日のマッチ・レランパゴ。

01989E25-14F9-491E-B66A-26B9219DC09E
結果はダブルフォールの引き分けに終わりますが、普段以上に空中弾を披露し内容に満足したのか、健闘を讃え握手の手を差し出すメタリコ選手に対してディストゥルビオ選手はこれを拒み、どこまでも不満そう。
観客から投げ込まれた大量のおひねりには目もくれず早々にリングを後にしています。

そして翌週27日のマノ・ア・マノ。

7B9055F8-78C1-4A03-AB24-9AE197232173
1本目はディストゥルビオ選手がコーナーのメタリコ選手へダブルニーアタックを放ち3カウントを奪取して先取。
2本目はディストゥルビオ選手がレフェリーのロープブレイクの制止を聞かずにメタリコ選手が反則勝ち。
3本目、レフェリーの死角をついた急所蹴りから3カウントを奪いディストゥルビオ選手が勝利。
ルードとしての常套手段とはいえ敗れたメタリコ選手はもちろん納得がいくはずもなくマイクでカベジェラ・コントラ・カベジェラをアピール。

ディストゥルビオ選手は1979年3月生まれの40歳、2004年12月デビューでキャリア14年。
昨年のファンタスティカマニア参戦に合わせて製作した「乱れ」Tシャツは現在は着用しておらず、バ「乱れ」Tシャツを着用した自身のイラストが描かれたTシャツを着用。
昨年の日本のファンの大歓迎ぶりにディストゥルビオ選手はもちろん、メキシコで留守を守った奥様のプリンセサ・ドラダさん、そして息子さんは日本語の勉強を始める程、一家揃って親日家になってくれました。

メタリコ選手は1969年11月生まれの49歳、1992年デビューでキャリア27年。
マイクを持ち入場曲に合わせて口パクした後に電飾のネクタイを光らせてエデカン達とダンスするなど何パターンかコミカルな入場シーンを見せてくれます。

前座戦線を賑わす中堅ルード同士の生き残りをかけたカベジェラ戦。
決戦を目前にディストゥルビオ選手とメタリコ選手は5月1日 (日本時間では2日午前6時から) のインフォルマにゲスト出演します。




カテゴリ別アーカイブ
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile

MISTICO TIGER

本名/非公開
生年月日/非公開
デビュー戦/'07年3月17日
身長/170cm
体重/80kg
出身地/非公開
趣味/プロレス観戦
   プロレスマスク収集

Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


free counters
Archives
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ