メフィスト

タマ・トンガCMLL遠征初戦でレジェンダ・デ・アスールにエントリー

10月12日 アレナ・メヒコ 対戦カード
いよいよ今週金曜日から初めてのCMLL遠征をスタートするタマ・トンガ。
その10月12日アレナ・メヒコ金曜定期戦のカードが発表されました。
タマ・トンガはメインイベントの前に行われる第8回レジェンダ・デ・アスールに出場。
「レジェンダ・デ・アスール」は直訳すれば「青の伝説」。
これはルチャリブレの英雄の1人、ブルー・デモンの功績を称えるトーナメントで日本風に表現すれば「ブルー・デモン杯」といった感じでしょう。
ミステル・ニエブラ歴代の優勝者は2000年の第1回がブルー・パンテル、2003年の第2回がタルサン・ボーイ(トスカーノ)、2004年の第3回がウニベルソ・ドスミル、2005年の第4回がリスマルクJr.、2006年の第5回がレイ・ブカネロ、2008年の第6回がテリブレ、2011年の第7回がミステル・ニエブラと今回、これを書くにあたって調べてみたら、実は毎年開催されている訳ではないことに気付き、びっくり。
レジェンダ・デ・アスールと並ぶもう1つ、こちらはエル・サントの功績を称えるレジェンダ・デ・プラタもやはり毎年開催されている訳ではありませんでした。
話をレジェンダ・デ・アスールに戻しますが、優勝者にはブルー・デモンが象られたベルト、そしてマスクの付いた盾が贈られます。
今年の参加選手はテクニコがルーシュ、アトランティス、マルコ・コルレオーネ、ディアマンテ・アスール、ラ・ソンブラ、ショッケル、ブラソ・デ・プラタ、ディアマンテの8人。
ルードがテリブレ、ミステル・ニエブラ、ウルティモ・ゲレーロ、ミステル・アギラ、ミステリオッソJr.、エウフォリア、クラネオの7人。
これにタマ・トンガが加わり、16人でトーナメントを行いますが、対戦カードの並びから言ってもテクニコとルードの人数から言ってもどうやらタマ・トンガはルードとして戦うことになるようです。
ブリンス・デヴィットがテクニコなので陽性キャラクターのタマ・トンガもてっきりテクニコだとばかり思っていました。
ルーシュとのワイルド系イケメンタッグ結成も期待していました。
さあ、ルードとしてどんなファイトを見せてくれるのか?
意外と新たな一面を見せてくれそうな気もしますが、あまりテクニコ、ルードという立ち位置に縛られることなく、日本と同様の底抜けに明るい奔放な闘いをした方が持ち味を存分に発揮出来ると思います。
身体能力の高さはピカイチなだけにアレナ・メヒコの観客がどんな反応を示すのか、楽しみでなりません。
いくら華麗な空中戦を見慣れているメヒコのルチャファンでもコーナーポスト最上段にひとっ飛びなんてルチャドールはおそらく見たことはないはずですから。

そして!
この日のメインがまた良いじゃないですか!!
マスカラ・ドラダ&ティタン&2代目ミスティコvsアベルノ&メフィスト&エフェスト!!
バンバン飛べて未来ある若者達が海千山千のイホス・デル・アベルノに挑みます。
何をしたってなんとかしてくれる相手達ですから、細かいことは考えずにぶつかっていって欲しいです。
あぁ、遂にアレナ・メヒコ金曜定期戦にミスティコvsアベルノが形を変えて帰って来るんですね!
もちろん私にとって初代ミスティコ=シン・カラは今でも、いや永遠にスーパーヒーローであり続けるでしょうが、それでもやはりアレナ・メヒコが、そしてCMLLがあの時と同じ熱狂に再び包まれようとしていることは本当に嬉しいことです。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

2代目ミスティコ鮮烈デビュー!!

2代目ミスティコようやく大注目の2代目ミスティコのデビュー戦がYouTubeにアップされました!
新時代のミスティコ、デビューの舞台は8月3日(金)“ルチャの殿堂”アレナ・メヒコ、全6試合中の第4試合でした。
対戦カードはアンヘル・デ・オロ&バリエンテ&ミスティコvsメフィスト&エフェスト&エウフォリア。
現地、メキシコ時間の8月3日の夜は時差があるので日本では8月4日。
“マスクの先生”からメールをもらって気付いたのですが、8月4日と言えば1983年、蔵前国技館での寺西勇戦を最後に初代タイガーマスクが突如として引退を表明、姿を消した日。
初代タイガー最後の日にミスティコの2代目がデビュー、初代タイガーと初代ミスティコが2大アイドル、ヒーローの私には実に不思議な感覚でした。



以前にも書きましたが、この動画がアップされる前、デビュー直後に観客席から撮影された動画を見ました。
緊張でガチガチになってもおかしくないシチュエーションで前名ドラゴン・リーの2代目ミスティコは想像を遥かに超える鮮烈かつ華麗にデビュー。
その興奮を現在メキシコ滞在中できっとこの歴史的なデビュー戦をアレナ・メヒコで目撃したであろう“師匠”にメールしました。
翌日、返信がありましたが、ルードの方が好きな“師匠”もやはり2代目ミスティコを大絶賛。
そして最近は寂しかったアレナ・メヒコの客席が、マスカラ・コントラ・マスカラなどが行われるビッグショーでもないのに久しぶりにお客さんで埋まったと教えてくれました。
実際に動画を見てみても、あの時の熱気が戻っているように思います。
2代目ミスティコの入場や攻勢に出るシーンでは女性や子供から黄色い声援が飛び、男性ファンからはちょっとブーイング(笑)
これ完全に初代の頃と同じ熱狂空間で本当に嬉しく思いました。
圧巻は3本目、入場花道を走ってロープを駆け上がり、リング内のメフィストに何かを仕掛けようとするが、破かれたマスクで視界が悪かった為かミスして前転、立て直してメフィストを投げた後、場外のエウフォリアにスワンダイブのシューティングスターアタック敢行!!
犯したミスを帳消しにする見事な場外ダイブ、これは凄い!!

昨年の9月に新日本プロレス公式携帯サイトの「インタビューAREA」のコーナーで内藤哲也がCMLLのオススメの選手としていの一番に名前を出したのがドラゴン・リーでした。
「軽量級なんですけど、飯伏(幸太)を超える男です、これは。凄いですよ、シューティングスタープレス(の回転)で立ちますからね。彼の兄貴でルーシュというのがいるんですけど、彼もなかなかですね。こっちは完全にヘビー級なんですけど、以前、(吉橋)伸雄を丸坊主にした選手です。この兄弟には、ぜひ来て欲しいですね」
この内藤の言葉が脳裏に蘇りました。
この質問したの私ですし(笑)
つくづく2代目がドラゴン・リーで良かったと思いました。
そう簡単でないのはもちろん十分承知ですが、彼ならもしかすると初代を超えるかもしれないと思わせるデビュー戦の内容でした。

もう1つ気になったのは今回は何かと引き立て役、良い兄貴分的な振る舞いに徹していたアンヘル・デ・オロ。
今後はタッグを組む機会が増えそうです。
マスカラ・ドラダ&アンヘル・デ・オロ&2代目ミスティコのヌエボ・スカイチーム的なトリオ結成に期待してしまいますが、一方で初代ミスティコとボラドールJr.のように数年後は骨肉の構想を繰り広げていそうな予感もします。
ドラダもオロもまだまだ若いですが、更に若いスペル・エストレージャ候補の登場にうかうかしてはいられません。

そして、やっぱり気になる2代目のマスクについて。
2代目襲名会見から数々のテレビ出演などのプロモーションで被っていたのは2代目用に作られた物ではないと思いますが、このデビュー戦にはさすがにきっちりサイズの合った銀ラメ、金模様のマスクで登場しました。
初代を作っていたフーリガンやアンヘル・アステカ、ブシオ、ローリンではなく、前名のドラゴン・リーの時代からマスクを供給していた新しいメーカーの物のようです。
今のところ、トレードカラーの銀地に金模様のマスクしか見かけていませんが、こちらは初代と同じように今後は様々なカラーで見る者を楽しませてくれるでしょうね。
ゆくゆくは初代のイメージは残しつつ、2代目独自のデザインも取り入れるようになるのでしょうか?
うーむ、楽しみです!!


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

2代目ミスティコのデビュー戦のカードが決定!!

2代目ミスティコがデビューする8月3日(金)のアレナ・メヒコのカードが遂に発表されました!

viernes

■第6試合 CMLL世界タッグ選手権試合
〈王者組〉ウルティモ・ゲレーロ&ドラゴン・ロホJr.vsアトランティス&ディアマンテ・アスール〈挑戦者組〉

■第5試合
マスカラ・ドラダ&マキシモ&ショッケルvsボラドールJr.&ミステル・ニエブラ&ネグロ・カサス

■第4試合
アンヘル・デ・オロ&バリエンテ&ミスティコvsメフィスト&エフェスト&エウフォリア

■第3試合
ストゥーカJr.vsフェリーノ

■第2試合
トリトン&ディアマンテ&フエゴvsミステリオッソJr.&OKUMURA&ナマハゲ

■第1試合
スタルマン&モロトフ&ティグレ・ブランコvsアルカンヘル・デ・ラ・ムエルテ&スカンダロ&ノスフェラトゥ


第4試合というポジションから新たなミスティコの物語はスタート、同じ空中戦士のオロ&バリエンテと組み、メフィスト&エフェスト&エウフォリアの仕事のデキるベテランルードと激突します。
一時は2代目ミスティコ襲名の噂もあったオロにとって、自分よりも若いドラゴン・リーが会社からプッシュされ、脚光を浴びるのは心中穏やかではないかもしれません。
同じチームながら「オレが、オレが」とライバル心を剥き出しにしたファイトになる可能性もあります。
2代目ミスティコとアンヘル・デ・オロ、数年後には初代ミスティコとボラドールJr.のようにテクニコ、ルードの立ち位置を変え、激しく火花を散らす抗争を・・・なんて妄想を今からしてしまいます。
2代目襲名会見からテレビや雑誌などのメディアに露出する時は銀ラメ生地に金ホログラムの同じマスクを被っているようですが、実際のリングデビューではどんな出で立ちで登場するのかも楽しみです。

そういえば29日(日)の新日本プロレス後楽園大会の試合後、ホールの前でルーシュと少し話す機会がありました。
「弟が2代目ミスティコとしてデビューするのにあなたは日本にいるから弟の晴れ舞台が見れないね」と言うと「そうなんだよ」と。
「弟は顔似てるの?」と聞くと「いや、弟の方がグアポ(イケメン)だよ」と言ってました。
ルーシュの謙遜なのか、弟想いの兄だからなのか、ルーシュよりもグアポかどうかはともかく、マスクから唯一覗く眼差しは初代がやんちゃ坊主の目だったのに対し、2代目はすごく優しいかわいい目をしていますね。
近年稀に見る空前絶後の大プロモーションに見事応えることが出来るのか、全く新しい2代目をデビューから追える幸福感を噛みしめつつ、あたたかく見守りたいと思います。
そして本物のスペル・エストレージャへと登り詰めた暁にはFANTASTICA MANIAなど新日本マット登場を期待しています!











この日のメインには前名メトロからキャラクターチェンジ後、トップ戦線に食い込んできているディアマンテ・アスールがアトランティスとのコンビでCMLL世界タッグ王座に挑みます。
マスクとコスチュームはメトロ時代よりもクラシカルなデザインになりましたが、このキャラチェンジは大正解、真のトップ入りなるか注目です。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

Prince Devitt en Mexico

プリンス・デヴィット4月1日(日)のアレナ・コリセオ出場を最後に初のCMLL遠征を終えたプリンス・デヴィット。
3月30日(金)にはボラドールJr.からNWA世界ヒストリック・ミドル級王座を見事に奪取!
メキシコでのデヴィットの試合動画がアップされ始めています。

まずは足の負傷により予定から1週間遅れとなったメキシコデビュー戦、3月23日(金)のアレナ・メヒコ。
対戦カードはマルコ・コルレオーネ&プリンス・デヴィット&ルーシュvsウルティモ・ゲレーロ&ボラドールJr.&メフィスト。



想像以上に熱いファイトが展開されていました。
特にボラドールはIWGPJr.ヘビー級王者デヴィットを意識しまくり!
まずは背後からのミサイルキックで先制!!
激しく襲いかかったかと思えば、場外にエスケープして賺しておいて、ロープに走るデヴィットの足を掬う!!
初めての絡みでデヴィットもボラドールもヒートアップ!!
言葉の問題があるからでしょうけど、デヴィットが日本でマイクアピールというのは記憶にありませんが・・・。
そしてボラドールのこんな激昂したマイクアピールも初めて見た気がします。
「ここは俺の縄張りだ!」「IWGPジュニア王者がなんだ!?」というボラドールの激情の炎がデヴィットに引火したかのような印象です。

続いての動画は3月25日(日)のアレナ・コリセオ。
カードはプリンス・デヴィット&マスカラ・ドラダ&ショッケルvsウルティモ・ゲレーロ&ボラドールJr.&アベルノ。



久しく来日していないショッケル(ショッカー)を除けば、他は皆、ここ数年で新日本プロレスに参戦し、日本のファンにもお馴染みのルチャドールばかり。
特にルード側は強烈な布陣!
入場するなり他には目もくれず、デヴィットへと襲いかかるボラドール!
噛み付きや固定式の椅子を利用した攻撃まで繰り出しました。
後半はマスク剥ぎに出たショッケルとゲレーロが熱い火花を散らしましたが、それでもデヴィットとボラドールの抗争も激化!!

3本目は3月27日(火)のアレナ・メヒコ。
カードはプリンス・デヴィット&ラ・ソンブラ&マキシモvsウルティモ・ゲレーロ&レイ・ブカネロ&レイ・エスコルピオン。



えらい殺伐とした2本を観た後だったので、最初にマキシモのモヒカン付きフードを観て心が和みました(笑)
ボラドールがいないだけでじっくりとした試合展開になっています。
完全に気のせいですが、リングまで広くなったかのような錯覚に襲われるのが不思議です。
けれど逆に言うと、いつものCMLLのリング上のリズムに何の違和感もなく溶け込んでいるデヴィットはやっぱり凄いと思うのです。
また、メキシコ入りしてから3戦の全て対角コーナーにいたゲレーロのことを「100% Respect for Ultimo Guerrero. Top Class.」とデヴィットがTwitterに書いていたのを発見して嬉しく思いました。

コーナーに控えるデヴィットがアップになった場面では前のコリセオの試合で左耳の辺りをボラドールに噛み付かれ負った傷が確認出来ました。
さぁ!早くボラドールとデヴィットのNWA世界ヒストリック・ミドル級王座戦が観たい!!


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

まさかの結末 ブルー・パンテルvsネグロ・カサス カベジェラ戦

しばらく風邪で体調不良でした。
今年の風邪は長引くみたいですから、お気を付け下さい。

さて、まずは前回の「【Campeones de CMLL】Febrero 2012」に貼れなかった2月19日、アレナ・メヒコでのCMLL世界6人タッグタイトルマッチ、アベルノ&メフィスト&エフェストvsマルコ・コルレオーネ&ルーシュ&マキシモの試合動画から。



昨年7月にラ・ソンブラ&マスカラ・ドラダ&ラ・マカスラから奪取以来3度防衛してきたロス・イホス・デル・アベルノが4度目の防衛戦で王座陥落。
一時はそれぞれがシングルのタイトルも保持していましたが、3人ともこれで無冠となってしまいました。
第24代王者組となったコルレオーネ&ルーシュ&マキシモはこのタイトル初戴冠。
3人とも別のパートナーと組んでの戴冠もありません。
また、ルーシュはCMLL世界ライトヘビー級との二冠王となりました。
本国で更に自身のグレードを上げて再びの来日に期待!
やっぱり当たりの激しい日本のスタイルの方がルーシュには合っている気がします。


そして、もう少し早く更新したかった3月2日、アレナ・メヒコで行われたCMLL春のビッグショー「オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス」。
メインはブルー・パンテルvsネグロ・カサスのカベジェラ・コントラ・カベジェラ。
ベテラン2人の戦いは1本目、ブルパンがワキ固めで先取。
2本目はカサスがカシータ(ラ・マヒストラル)でタイスコアに持ち込む。
そして決勝の3本目はなんとダブルフォール。

ブルー・パンテル ネグロ・カサス


日本的には勝負を決するために延長、もしくは決着は次回に持ち越しで両者とも髪を守るという2つしか考えられないと思いますが・・・。
ブルパン、カサスとも延長での決着をアピールするものの認められず、ドローの裁定は覆らず。
そして、まさかまさかの2人とも髪の毛を切られる結末に!!!

ブルー・パンテル ネグロ・カサス


そんな馬鹿な!てな結末にびっくり。
本格的にルチャを見るようになったのが数年前からですが、こんな両者が髪を切られるカベジェラ戦って、かつてあったのでしょうか!?
これがマスカラ戦だったらと思うと・・・。

2008年に青豹のマスクを失ってからブルパンは初のペロン。
一方、カサスはこれがおそらく8度目のペロン。
ここ数年は2009年9月にミスティコに敗れ、翌2010年にチャーリー・マンソンに敗れて丸坊主になっています。
基本的にはパーマのかかったロングヘアのカサス。
ペロンになった後、いい感じに髪が伸びて元々のイメージが板についてきた頃にまたペロンという印象があります。
「オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス」の激闘の模様はきっとFIGHTING TV サムライで放送されるでしょう!




 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2012 オフ・ザ・リング Part2

「お前はGKさんかよっ!」と自らに激しくツッコミを入れ、後半戦出発!
今度こそ正真正銘、FANTASTICA MANIA 2012の最終更新です(笑)

OKUMURA
ボラドールJr.
メフィスト
ディアマンテ
大会2日目も前日と同じく、ルードとテクニコに分かれて会場入り。
まとまって選手が来ると、あっという間に一団が過ぎ去り、全選手を写すのは無理です。
この後、開場までの時間を利用して腹ごしらえ。

ラ・ソンブラ ルーシュ
ラ・ソンブラ
ラ・ソンブラ サイン
ルーシュ サイン
大会2日目の試合前サイン会は2部構成。
まずはソンブラ&ルーシュ。
ルーシュのサインをゲットしたことで2日目の試合前にして、過去にサインをもらったことのない選手からサインをもらうという最低ノルマ達成!
開場から試合開始までの時間を2分割した前半の早い時間だったため、サインをもらうファンの人は少なめでした。
2人のサイン会が終わって後半のボラドール&メフィストが登場するまでの間や登場後に「ソンブラのサイン会は?」と売店スタッフに聞く人を数人見かけました。

ボラドールJr. メフィスト
後半は2日連続登場のボラドール&メフィスト。
この頃には売店スペースもファンでごった返し、大盛況。
場内からマリアッチの演奏の音が聞こえて来たので自分の席へと向かいました。

ミステリオッソJr. OKUMURA
ミステリオッソJr. ポートレート
休憩時間のサイン会も前日に続き、ミステリオッソ&OKUMURA。
前日にサインもらっていますが、ミステリオッソの陽気なメキシカンを地でいくようなナイスガイっぷりに魅了されてしまったので500円のポートレートを購入、サインを入れてもらいました。

イバン
イバン
試合後は昨年に続き、会場をメヒコの空気に変えてくれたリングアナウンサーのイバンにご挨拶(もちろん通訳あり)。
前日も試合後、本部席を訪ねましたが、この日はサインしてもらって写真を撮らせてもらいました。
また来年も日本に来て欲しい!

この時、リングを見るとスーツのまま、手袋をして工具を持ち、リングの解体作業をしている菅林社長の姿が!
一言二言だけでもお話ししたい気持ちもありましたが「菅林社長、本当にありがとうございました」と心の中で語りかけ、深々とお辞儀する思いでその場を去りました。

元井美貴
ミキティコ サイン
FIGHTING TV サムライの実況席付近には、もはや多くの説明は不要の“ルチャ女子”“マスク女子”の元井美貴さんがいらっしゃるのを発見し「元井さん、すみません、ミキティコのサインっていただけますか?」とお願いしました。
すると元井さん「ミキティコから書き方を教わっているので代筆で」と(笑)
サムライスタッフの方々の「なんでミキティコのサイン書けるの?」というツッコミがあり、側にいた解説のミラノコレクションA.T.先生からも「なに!?そのサイン?」と言わんばかりの顔をされるという迫害にも負けず代筆してくれました。
こちらはこちらで周りにいた友人達から「(元井さんを前にして)いつもと顔が違う」とか散々ちゃかされていましたが(笑)
前日にもお見かけしましたが「きっと明日も来られるはずだ」と思っていました。
元井さん、今回もありがとうございましたm(__)m

ルーシュ ディアマンテ
後楽園ホールの出口へ向かうとCMLLの近未来エースの2人、ルーシュとディアマンテが売店にいました。
客足が遠のいていると聞く現在のCMLLですが、彼らを見ていると何も心配はいらないと思えました。

マスカラ・ドラダ
マスカラ・ドラダ
外に出るとルチャドール達も続々と出て来ました。
まずはマスカラ・ドラダ。
すっかり日本のファンにもお馴染みになり、愛されていることが2日間感じられました。
着々と肉体改造中、もう少しで上半身のコスチュームは着用しなくなるかもしれませんね。
また今年も驚愕の空中殺法で日本全国を沸かせて欲しいです。
この時にサインももらいました。
しかし、このサインが1番判読出来ない。
帰宅後にカバンの中から色紙を取り出し???
全てのサインを見て「これがボラドールで、これがソンブラ・・・」と消去法でドラダのものだとわかりました(爆)
向きもこれが正しいのかもわかりませんが、右利きだったはずなので筆跡からみてもこれが正解だと思います。
「字には人柄が表れる」と言いますが、まぁ彼らしいサインだと思います(笑)
そこが憎めない、愛される彼の魅力ですから!

マキシモ
マキシモ サイン
この人もFANTASTICA MANIA2年連続参戦。
前半戦に登場し、会場をあたためる陰のMVP。
今年はすっかり人気が定着した感があり、登場しただけで大声援を浴びてました。
マキシモにもサインをもらい、気がつけばCMLL所属全選手からサインゲット!
これにイバンと元井さんの代筆ミキティコまで(笑)

ミステリオッソJr.
この人はホントにいい人でした。
「また日本に来て下さい」と伝えました。
何でも出来る万能型ルード。
新日に参戦するルチャドールは空中戦の出来るテクニコが中心になっていますが、時にはこういう頼れるルードにも来日してもらってCHAOSに加わって欲しいです。
きっとキラリと光るいい仕事しますよ。
2日目の試合ではマキシモ選手に日本語で「オカマ!」と言い、大爆笑を誘っていました。

OKUMURA
「日本は寒すぎる」を連呼していたOKUMURA選手。
今回は色々とありがとうございました。
これからナマハゲとのタッグが増えそうです。
今年はオクシデンテ・ライトへビー級のベルトを持参。
海を渡った日本人ルチャドールの更なる活躍を願っています。

ボラドールJr.
“最後の大物”ボラドールJr.。
この時は真っ白なマスク。
昨年くらいまで、この人はこのまま来日せずに終わるのではないかと思っていました。
“今年の主役・目玉”に偽りなし!
ソンブラに負け、タイトル奪取はなりませんでしたが、観客を十二分に魅了しました。

メフィスト
会場の外では父カオスの目の縁の現行オリジナルを被っていたメフィスト。
言葉を交わす機会はありませんでしたが、この人もいい人なんだろうなぁという雰囲気が漂っていました。
ファンからのサインや写真を丁寧に対応する紳士のような振る舞いでした。
次はアベルノ&エフェストとのユニット、イホス・デル・アベルノ揃い踏みが見たい!

ディアマンテ
ルーシュ
新時代の大型空中戦士、ディアマンテと日本で真価を発揮しそうなルーシュの2人。
この2人も本当に素晴らしかった!
リング以外では初めてのハポンが楽しくて楽しくて仕方ないって感じが伝わってきました。
ファンのサインに気軽に応じ、積極的にポーズもとってくれる。
数年後、もっともっと大物になるでしょうけど、こういう所は変わらずにいてもらいたいです。
ルーシュを見て、ミケランジェロの製作したダビデ像を思い出したのは私だけでしょうか?(笑)
古舘伊知郎さんならルーシュを称して“動くダビデ像”なんて実況しそうです。
ルーシュは春のニュージャパンカップや真夏のG1にエントリーしても良いレベル。
ディアマンテはまたアミーゴの内藤とのタッグが見たいです。

ソンブラだけは写真を撮っていませんでした。
2日間通して、それほどファンのサインや写真に応じることなく足早に過ぎていったソンブラ。
ピリピリ感がこちらにも伝わってきました。
2010年の初来日以降、スーパージュニアやG1で実績を積み上げてきたソンブラ。
しかし、この大会の結果によってはその座をボラドールやルーシュ、ディアマンテに持っていかれかねない危機感があったと思います。
実際、ディアマンテは初来日の頃のソンブラに雰囲気が似ていると思います。
でも、こういうピリピリ感、ジェラシーは頂点を目指す選手には必要だと思います。
きっと現状を突き抜けて真のトップへと昇りつめた時、すんごい大物感を漂わせファンサービスするソンブラの姿が見れるんじゃないかと思います。

昨年のラ・マスカラのようなトラブル、アクシデントなく、今年メキシコからやって来た9人のルチャドールは皆、与えられた仕事をきっちりとこなしました。
テクニコとルード、ベテランと新進気鋭の若者のバランスもとても良かったと思います。

“プロレスの聖地”を後にして今度は“マスク好きの聖地”へ(笑)

FOTO LIBRE Numero 28
ヘロヘロの体に鞭打ってDEPO MARTさんへ行きました。
発売されたばかりのFOTO LIBRE Numero 28が一刻も早く買いたかったのです。
1番の目当てはネットを通じて知り合ったトモダチの勇姿!
帰宅してから1度、目を通したのですが、これを書くにあたってもう1度じっくり見てみたら、ウルティモ・ゲレーロのFIESTAモデルに気が付き、びっくり!
ゲレーロのFIESTAモデルと言っても、あの虎のオーバーマスク“ティグレ・ゲレーロ”ではありません。
なんで最初に見た時は気付かなかったんだろ?
DEPOさんで嬉しいことがあり、FANTASTICA MANIA2日間の感動とともに気分良く帰宅しました。


昨年は若干感じた演出面の違和感を2年目は全く感じさせなかったFANTASTICA MANIA。
初日の第1試合から沸きに沸き、大盛況&大成功!
昨年は「来年も是非!」と強く思いましたが、今年の大会を見ると来年以降も恒例となることを確信しました。
今年は男色ディーノを除くと新日にレギュラー参戦しているレスラーとCMLLの9人のルチャドールだけで大熱狂空間を作り出しました。
それでもルチャスタイルに対応出来る選手のみで真壁刀義や永田裕志などは出場しなかったにも関わらず。
この事実は何よりも大きい!
加速度を増す新日本プロレスの勢いを感じた2日間でした。
リング上では棚橋弘至を先頭に走ってきた新日本プロレス。
2日目の試合終了後に社長自らリングを解体する姿を目の当たりにして、暗黒時代からの人気回復は表には出て来ない裏方のスタッフの方々の力もあってのこのだと再認識させられました。
そして、ルチャドールに昨年よりも大きな声援が飛び、日本での彼らの認知度が確実に上がっていることも感じました。
大会直前の火曜日まで2日間通しての観戦が出来るかわからない状況でしたので、無事に観戦出来たことの喜びは一層大きいものになりました。
1年で1番シアワセを感じる2日間だったかもしれません。
ビバ!メヒコ!! ビバ!ルチャリブレ!!
新日本プロレスとCMLLの未来は明るい!!

MUCHAS GRACIAS CMLL SUPER ESTRELLAS Y TODOS





 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2012 オフ・ザ・リング Part1

FANTASTICA MANIA 2012の観戦記もようやくラストとなりました。
今回も「オフ・ザ・リング」で締めくくります。

まずは大会初日、1月21日(土)から。
無事に2days観戦出来ることになった喜びを噛みしめながら、少し早めに会場へと向かう。
残念ながら水道橋も小雨が降り、気温もかなり低く、寒い寒い。
友人達と合流して、ルチャドール達を待つ。
しばらくするとやって来ました!

ボラドールJr.
まずはルード陣営が会場入り。
凍てつく寒さにルチャドール達は足早に後楽園ホールへと歩を進めます。
ボラドールJr.、メフィスト、ミステリオッソJr.、OKUMURAの4選手がまとまって来たので、焦点が定まらず。
また、小雨というバットコンディションのため、ここは色紙にサインをもらうことは断念。
なんとかボラドールの横顔のみカメラに収めることに成功。
本当に寒い中でしたが、ルチャドール達の姿を見て早くもテンションは上がりまくります(笑)

マキシモ
ディアマンテ
マスカラ・ドラダ
続いてテクニコ勢も会場入り。
こちらもルードと同じくラ・ソンブラ、マスカラ・ドラダ、ルーシュ、マキシモ、ディアマンテの5選手がいっぺんにやって来たのでソンブラとルーシュの写真は撮り損ねました。

ボラドールJr. メフィスト
ボラドールJr. メフィスト
ボラドールJr.
ボラドールJr. サイン
メフィスト
メフィスト サイン
初日のTシャツサイン会、試合開始前はボラドール&メフィストの2選手!
今回は今までにサインをもらったことのないボラドールJr.、メフィスト、ルーシュ、ミステリオッソ、ディアマンテの5人からサインをもらうのが、自らへ課した最低ノルマ(笑)
迷うことなく速攻で大会記念Tシャツを買って、用意した色紙にサインをもらいました。
タッグを組む訳ではないのに、ちょうど反転された赤と黒のマスクとコスチュームの2人。
このヒラヒラ生地のマスクは1枚欲しいんですよね。
ここ数年ずーっとネットで見ていたボラドールは肌の色が白い印象があったのですが、初めて間近で見るとやはりメキシカン、浅黒い肌をしていてびっくりしました。

ミステリオッソJr. OKUMURA
ミステリオッソJr.
ミステリオッソJr. サイン
OKUMURA
OKUMURA サイン
第3試合終了後のサイン会はミステリオッソ&OKUMURA選手。
ここで早くも最低ノルマ5選手のうち3選手のサインをゲット。
特別、何も言わないのに・・・というかスペイン語はほんの少しの単語しか知らないので、何も言えずにカメラを向けだけなのに書いたばかりのサイン色紙を持ってくれたミステリオッソ。
この人、ホントにいい人です!
そして1年ぶりの日本マット里帰りのOKUMURA選手。
実は大会2日目はOKUMURA選手と親交のある友人からOKUMURA選手を通じてチケットをお願いしていました。
その友人からOKUMURA選手がこのブログを読んで下さっているということを昨年聞いてはいましたが、私がサインをもらっている所で「彼があのブログの〜」とOKUMURA選手に紹介してくれました。
「あぁ、あのMask Maniaへの?2年前くらいから誰がやってるのか不思議だったんですよ」と。
予期せぬ展開に動揺しまくった私の口から出た言葉は「すみません」だけ(笑)

マスカラ・ドラダ
マキシモ
OKUMURA
ミステリオッソJr.
ラ・ソンブラ
ディアマンテ
ルーシュ
メフィスト
ディアマンテ サイン
初日から盛り上がったせいか、会場を後にするルチャドールたちは上機嫌。
皆、気さくにファンサービスしていましたが、NWA世界ヒストリック・ウェルター級の前哨戦に敗れたソンブラだけは足早に去って行きました。
試合ではアベルノとのコラボマスクを被っていたメフィスト、この時は神の子も加えたトリプルコラボ!!
ディアマンテは面長で鼻が高くて素顔はグアポそうな感じ。
この時にサインもゲットしました。
大会初日、1番のインパクトを与えたルーシュ、近くで見てもやっぱりグアポでした。
ボラドールだけは見ることなく会場を後にしました。

この日はこの後、色々あって帰宅したのが深夜2時前(笑)
撮ってきた画像を少しだけ確認し、6時半に目覚ましをセットして3時過ぎに寝ました(汗)
興奮してアドレナリンが出まくっているせいでしょうか、目覚ましが鳴る前の6時20分には何故か目が覚める(爆)
準備を整えて友人と合流し、9時頃には再び水道橋着。
用事を済ませた後、後楽園ホールへ向かいました。

すみません。
全てを書き上げて更新しようと思ったら、またもや痛恨の文字数オーバー(汗)
大会2日目の模様はパート2に続きますm(__)m




 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

1・22 NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2012 第5試合

オカダ・カズチカ
中邑真輔 メフィスト
メフィスト
内藤哲也 ディアマンテ
棚橋弘至 内藤哲也
棚橋弘至 オカダ・カズチカ
ディアマンテ
ディアマンテ メフィスト
ディアマンテ メフィスト
ディアマンテ メフィスト
ディアマンテ メフィスト
ディアマンテ メフィスト
ディアマンテ メフィスト
ディアマンテ メフィスト
ディアマンテ メフィスト 中邑真輔 オカダ・カズチカ
ディアマンテ メフィスト 中邑真輔 オカダ・カズチカ
ディアマンテ メフィスト 中邑真輔 オカダ・カズチカ
ディアマンテ メフィスト 中邑真輔 オカダ・カズチカ
ディアマンテ 内藤哲也
内藤哲也 中邑真輔 棚橋弘至
内藤哲也 中邑真輔
棚橋弘至 オカダ・カズチカ
オカダ・カズチカ 棚橋弘至
ディアマンテ メフィスト
ディアマンテ メフィスト
ディアマンテ メフィスト
オカダ・カズチカ
メフィスト ディアマンテ
中邑真輔 オカダ・カズチカ メフィスト ディアマンテ
大会2日目のセミファイナルは現在の新日本プロレスの棚橋弘至とオカダ・カズチカ、中邑真輔と内藤哲也の抗争にメフィストとディアマンテが加わった6人タッグ。
第4試合に登場したルーシュよりも身長がありながら、思い切りの良い空中戦を披露したディアマンテ。
よって、画像多めになっております(笑)
ルーシュに比べれば、まだまだな部分もありましたが、身長と19才という年齢を考えれば、むしろディアマンテの方が今後の期待値では天井知らず、ぐんぐんとアップします。
あと2〜3年したら、どれだけ凄いルチャドールになるのでしょう?
現時点でルーシュよりも間違いなく良いのはマスクマンだということ(爆)
冗談はともかく、この人も良かったです。
場外のメフィストにコーナー最上段から放ったティヘラは驚愕の1発!
パートナーの内藤もエプロンでポーズを決めるディアマンテに「おいおい、アミーゴ、なんだよ?今の技は!?大丈夫なの?」的なリアクションでディアマンテに近づいていました。
さて、その内藤は前夜に続き、メフィストの縁取りが施された頭巾を試合が開始されても脱がない中邑に食って掛かる。
いつも以上にクネクネ、フニャフニャとやる気があるのかないのかわからない中邑の頭巾を剥ぎ取ると、ここから一気にヒートアップ!
中邑と内藤の組み合わせが熱くなり、ディアマンテの出番が減ってしまった気がしなくもありませんが、FANTASTICA MANIA前後で「ディアマンテとはメキシコでほぼ毎日、一緒の部屋で寝ていたぐらい仲がよかったんで。『いつか一緒に試合したいね!』とよく言ってた夢がついに実現したんで、スゲー感慨深かったですよ。」と語っていた内藤。
本当のアミーゴとタッグを組めたからこそ「オレの日本での戦いぶりをよ〜く見ていろよ」という思いもあったのかもしれません。
またタッグを組んだり、いつの日かベルトを懸けて激突!!とこの2人の夢の続き、まずはそれぞれの国でのサクセスストーリーに期待しています!

すっかり多重ではないロマンチックな(漁師さん、すみません)方向に行ってしまいましたが、リング上は火花散る大熱戦でした。
IWGPヘビー級王者、棚橋弘至はオカダ・カズチカのツームストン・パイルドライバーで2日連続の大の字。
勝負はメフィストのデビルウィングス(公式発表は雪崩式ダブルアームフェイスバスター)でディアマンテから勝利。

第5試合 30分1本勝負
中邑真輔&オカダ・カズチカ&○メフィスト(14分24秒 雪崩式ダブルアームフェイスバスター)棚橋弘至&内藤哲也&ディアマンテ×
〈大会結果詳細/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉
〈試合速報/スポーツナビ〉




 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

「CMLL FANTASTICA MANIA 2012」出場選手決定!

ボラドールJr.正直言ってびっくり!
昨年よりも1ヶ月ほど早く、来年1月21日&22日に後楽園ホールで開催される「NJPW Presents CMLL FANTASTICA MANIA2012」に来日する9人のルチャドールが発表されました。
今朝、友人から電話が入り、メキシコでは既に発表されたことを知り、携帯でネットチェック。
どうもこういった発表はいつもメキシコで先に行われることが多く、ちょっと困りますが、夕方には新日本プロレスからも発表がありました。
〈ボラドール、ミステリオッソ、ルーシュ、ディアマンテが大挙初上陸!! 来年1.21&22『CMLL FANTASTICA MANIA』出場選手決定!/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉

【テクニコ】
ラ・ソンブラ
マスカラ・ドラダ
マキシモ
ルーシュ
ディアマンテ

【ルード】
ボラドールJr.
メフィスト
ミステリオッソJr.
OKUMURA

ついに“CMLL最後の大物”ボラドールの来日が決定!
'09年にミスティコが初来日し、CMLLと新日本プロレスの交流が活発になった頃から、理由は書きませんが、この人の来日はおそらくないだろうと思っていました。
きっと“神の子”のCMLL離脱、WWE入りがなければ、永遠に“未だ見ぬ強豪”で終わったような気がします。
しかし、昨年の主役がいなくなった今、再びFANTASTICA MANIA開催となれば“切り札”“目玉”として浮上してきたのが“鳥人二世”ボラドールJr.だったのだと思います。
最近は様々なコスプレで試合しているのが話題になっているボラドールですが、日本での2戦のうち1試合は通常のトレードマスクで登場してもらいたいです。
現在、渡墨中の“ルチャ伝道師”大川昇カメラマンのブログによると「日本のファンはマーベル好きかな?」と聞いていたそうです。

もはや新日常連ガイジンとなったソンブラとドラダ。
そして今年の第1試合を2日間盛り上げたマキシモが再来日。
来年の第1試合は今年と同一カードがもう1度見たいと思いますし、それ以外だとマキシモ&男色ディーノの日墨ゲイオーケストラとTAKAみちのく&タイチの対戦も面白そうですね。
ルーシュとディアマンテの近未来スペル・エストレージャ候補の戦いっぷりも注目です。
イケメンのルーシュは日本の女性ファンのハートも掴んじゃうんですかね?
ボラドール以外のルード勢も仕事師揃い。
中でも'09年2月以来の来日となるバキバキボディのメフィストは好きなルチャドールの1人です。

今年のミスティコvsアベルノに匹敵する鉄板カードがないのが気がかりですが、代わりとなるカードはソンブラvsボラドールか、ドラダvsメフィストか・・・。
初日のメインは「ブラック・キャットメモリアル」として棚橋弘至&内藤哲也&ソンブラvs中邑真輔&高橋裕二郎&ボラドールのような今年と同様、日墨の架け橋となってくれたネコさんを偲び、なおかつこの大会ならではのルチャドールとルチャに対応出来る選手の夢の組み合わせが実現すると良いと思います。
さぁ、どんなカードが組まれるのか?
わくわくしながら次の発表を待ちたいと思います!



そして、思いのほか早く発表されて困りましたが、本日をもって「FANTASTICA MANIAに参戦して欲しいマスクマン」の投票は終了します。
総投票数39、投票して頂いた皆さんありがとうございました。
それでは寄せられたコメントとともに結果発表です。

★第1位 ボラドールJr. 15票
●コスプレ衣装も楽しみw (女性/30代/大阪)
●断然ボラドール!ミスティコと戦い合ったりするくらいハイレベルなのに去年来日しなかったので。 (女性/20代/大阪)
●やはり、彼しかいないでしょう! (男性/40代/埼玉)
●CMLLの未来日選手で一番見たいルチャドールです (男性/30代/東京)

ボラドールの名では未来日の期待感と何となく色んな所で来日を匂わせていたので、きっとあるだろうと思っていました。
間違いなく来年のFANTASTICA MANIAの主役は彼でしょう!

★第2位 ミステル・ニエブラ 4票
●ネブリナ(エル・ヌド)と独特な張り手は必見 (男性/30代/静岡)

残念ながら参戦はなりませんでしたが、この選手のコミカルルードキャラは見たい!
きっと日本でも人気が出ると思います。

★第3位 サングレ・アステカ 3票
●マスクが好き! (男性/30代/大阪)
●一時期よく来日してましたが、リンピオになったみたいなので久々に来日してほしいです。 (男性/30代/東京)

テクニコに転向したサングレ・アステカ。
マスクは個性的ですし、久しぶりに来日してもらいたいルチャドールの1人です。

★第3位 イホ・デル・ファンタスマ 3票

飛び抜けたセールスポイントはないような気がしますが、しなやかな身のこなしやトータルバランスの取れた選手だと思います。
意外と日本マットにフィットするような気がしています。

★第5位 シコシス 2票

初代はマスクの形状から「偽ライガー」と言われていまたね。
現在はボラドール&オリンピコとナショナルトリオ王者。

★第5位 ディアマンテ 2票

この人も初来日決定!
ルチャドールの中では大型の部類、期待の新星。

★第5位 ポルボラ 2票
●ルードのポルボラでしょ (男性/10代/東京)

奇抜なマスクデザイン。
これからに期待のルチャドール。

★第5位 メトロ 2票
●なんかきになる (男性/40代/東京)
●メトロ選手のマスクが好きでファンになったので、今回是非とも来日してほしいです。 (男性/50代/東京)

この人も大型の部類。
得意のジャーマンスープレックスホールドはドス・カラスJr.を思い出させます。

★第9位 エフェスト 1票

エフェストのマスクデザインも好きなんです。
いつかアベルノ&メフィストとトリオで来日して欲しい!

★第9位 ストゥーカJr. 1票
●80年代活躍したまだ見ぬエストレージャストゥーカの実弟ストゥーカJrが断然見たいです! (男性/30代/神奈川)

あぁ、この人のマスクも大好き(笑)
そして独特の空中姿勢を見せる飛び技も必見!
ホントに来日して欲しい!

★第9位 サグラード 1票

かつてナショナルトリオ王者だったサグラード。
パートナーだったボラドールやソンブラに水をあけられてしまいました。

★第9位 ゲレーロ・マヤJr. 1票
●ゲレロ・マヤJrに来て欲しいですね。ルードはヴィルスを筆頭にカンセルベロ、ラジエルを是非。 (男性/20代/東京)

この人のマスクは日本人では想像し得ない奇抜な色使い。
そこがメヒコらしい。

★その他
●カネックJrで新日本にリベンジを! (男性/20代/東京)
現在はCMLLマットに上がっていませんが、スゴーく共感させらました。
府中プロレス参戦をきっかけに日本マットでブレイクなんてことになったら、まさにジャパニーズドリームですね!

●ショッカー
とりあえずマスクマンではありませんので・・・。
けれど来日して欲しいルチャドールではあります。
ショッカーだとどうしても仮面ライダーを連想してしまうので、リングネームは是非あちらに合わせてショッケルで。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン Mistico Tiger 3rd Trade Mask

色々と盛り沢山です

今週は何かとルチャ関連のニュースが多いのでいくつかまとめてご紹介。

メフィストvsラ・ソンブラ■メフィストvsソンブラ NWA世界ウェルター級タイトルマッチ動画

3月13日(日)アレナ・メヒコで前王者ラ・ソンブラを挑戦者に迎えて行われた第56代王者メフィスト、5度目の防衛戦。
6分45秒位からがメフィストvsソンブラのタイトルマッチですが、その前には何ともサイケデリックなペイントとコスチュームの新日本プロレス、吉橋伸雄の姿も。








メフィストvsラ・ソンブラソンブラが1年10ヶ月ぶりにNWA世界ウェルター級王者に返り咲き。
マスカラ・ドラダ&ラ・ソンブラと保持するCMLL世界6人タッグタイトルと合わせて二冠となりました。
やはり、ポスト・ミスティコの1番手はソンブラなのか?
このシングル王座獲得でCMLLのエースの座が近づいたと思います。



ブラック・タイガー(5代目) ウルティモ・ドラゴン■ドラゴマニアVI 5月15(日)開催決定

今週発売された週刊プロレスNo.1571の「ニュース・ファイル」に掲載されていましたが、今年のドラゴマニアは5月15日(日)アレナ・メヒコでの開催が決定。
メインはウルティモ・ドラゴンvsブラック・タカイ・・・もとい5代目ブラック・タイガーのマスカラ戦。
現在のようにCMLLから新日本プロレスへルチャドールが頻繁にやって来るようになる以前はドラゴマニアが、ほとんど唯一の日本とルチャリブレの接点でした。

今年も日本から大物ゲストが参戦し、メヒコのスペル・エストレージャとの競演が見られると思いますし、大会の模様は例年通りファイティングTVサムライで放送されることでしょう。
現地でもまだまだ無名ながら、ドラゴマニアに出場した若いルチャドールがその後、意外な変身を遂げることがあるので、ドラゴンランブルあたりに登場する二世、三世ルチャドールにも注目です!

メキシコシティはコミッショナーが厳格で一度マスクを失った選手が再びマスクを被ることを許さず、あのシルバー・キングがシルバー・カインと改名したり、苦肉の策でマスクと同じデザインをペイントしたのを見聞きしていますが、ファンタスマと5代目ブラックの間で一悶着なんてことはないのでしょうかね?(^_^;)

ブラソ・デ・プラティーノドラゴマニアの後に今年も日本でルチャフィエスタが開催されると嬉しいです。
なんとなく暗くなってしまった日本に今こそブラソ一族の理屈抜きで楽しいルチャを届けて欲しい!



■3月30日(水)発売 Gスピリッツ

Gスピリッツ Vol.19 (タツミムック)
Gスピリッツ Vol.19 (タツミムック)
クチコミを見る

毎号毎号、ディープなルチャネタを提供してくれるGスピリッツの主な内容が発表されました。
【4万字インタビュー】
藤波辰爾の過去・現在・未来

【回想】
長州力
天龍源一郎
北沢幹之
グラン浜田
新間寿
チャボ・ゲレロ
カネック
ミル・マスカラス

【特別企画】
“放浪の殺し屋”ジプシー・ジョー「77歳のバンプ哲学」
全日本格斗打撃連盟総裁・琴音隆裕「師・力道山」と「盟友・猪木」

【好評連載】
実録・国際プロレス(第9回)=森忠大 元TBS運動部部長
カンジ・イノキのアメリカ武者修行(第4回)
ミル・マスカラス 謎の1033日(第2回)
“太陽仮面”ソラール誕生秘話


今号の特集は藤波辰爾。
“炎の飛龍”についてミル・マスカラス、カネックのインタビューがある他、昨年7月のルチャフィエスタで行われたネグロ・ナバーロとのマエストロ対決で観客を魅力したソラールの特集もあります!
今回も読み応えありそうです。


FOTO LIBRE Numero 24■FANTASTICA MANIA特集のFOTO LIBRE発売
〈写真集・FOTO LIBRE NUMERO24「 FANTASTICA MANIA2011」大特集号/DEPO MART〉
〈間もなく完成!FOTO LIBRE24/プロレスカメラマン 大川 昇のブログ〉

FANTASTICA MANIAから早いもので2ヶ月。
早々に注文して本日到着しました。
プロレスを見始めて30年、こんなに思い入れを持って観戦した大会はありませんでしたので、あの時の感動、興奮が蘇って、また涙腺が緩みました(;^_^A

獣神サンダー・ライガーの銀ラメマスクはいつもの赤ラメより小顔に見えることにちょっとびっくり(^_^)
どれもこれも良いのですが、1番好きな写真はアベルノの場外空中弾を受ける直前の両手を広げたミスティコの写真。
「オレはココだ!思いっきり飛んで来いよ!」というミスティコの覚悟がヒシヒシと伝わって来るような気がします。
一流は華麗な攻撃のみならず、受ける姿も美しい!


■新日本プロレス スーパー・ジュニアの日程発表

■『BEST OF THE SUPER Jr.XVIII』現在の日程(2大会追加予定)

●5月26日(木) 18:30〜 東京・後楽園ホール(開幕戦)
 
●5月29日(日) 18:30〜 東京・後楽園ホール
 
●6月2日(木) 18:00〜 愛知・豊橋市総合体育館・第2競技場
 
●6月4日(土) 18:00〜 京都・KBSホール
 
●6月5日(日) 17:00〜 兵庫・明石市立産業交流センター
 
●6月7日(火) 19:00〜 東京・ディファ有明
 
●6月8日(水) 19:00〜 東京・ディファ有明
 
●6月10日(金) 18:30〜 東京・後楽園ホール(決勝戦)



福島原発の問題は心配ですし、このことが海外では日本よりも深刻に報道されているのが気がかりですが、ここにはCMLLからのルチャドール派遣を熱望!
FANTASTICA MANIAではマッチメイクでちょっと損をした気がするものの活きの良さを見せてくれた新進ルード、ドラゴン・ロホJr.の参戦が第1希望。
出来れば、もう1人飛来してくれたら・・・なんて思いますが、贅沢は言えません。
4ヶ月ぶりに会場に足を運ぶことになりそうで今から楽しみです!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile
Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


マスク画像
観戦画像
free counters
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ