陸奥伝説

6・3 みちのくプロレス 陸奥伝説 オフ・ザ・リング

ウルティモ・ドラゴン
開場時間になり後楽園ホールの中に入ってしばらくすると売店にウルティモ・ドラゴン校長が姿を現し、ファンの人々の握手やサインに気さくに応じていました。
販売していたマスクは試合用、ハイグレードセミレプリカ、応援用の3種類。
ハイグレードセミレプは内側の十字テープや裏当てなどの補強を省いた外見は試合用にかなり近い物でした。
“世界の究極龍は”やっぱり大物のオーラが出ていました。

ラッセ 剣舞
剣舞
剣舞 サイン
ラッセ
ラッセ サイン
それからまたしばらくすると今度は校長と反対側の売店に東北タッグに挑戦するマスクマンコンビ、ラッセ&剣舞の2選手が出て来ていました。
持参した色紙にサインをもらい、それを手に写真も撮らせてもらいました。
最初にサインしてもらった剣舞選手から「2人で1枚に書いた方がいいですか?」と聞かれましたが「色紙はあるので1人1枚で大丈夫です」と答えました。


ヤッペーマン1号 ヤッペーマン2号 ヤッペーマン3号
ヤッペーマン1号 ヤッペーマン2号 ヤッペーマン3号
ヤッペーマン1号 ヤッペーマン2号 ヤッペーマン3号 ポートレート
第4試合の後の休憩時間は試合を終えたばかりのヤッペーマン1号選手&ヤッペーマン2号選手、そして直前の試合でザ・グレート・サスケ社長からジャーマンでデビュー戦を解消した3号選手が売店に。
わずか1試合にして人気沸騰の3号選手が加わり、売店はサインを求めるファンが押し寄せていました。
なんとかポートレートを購入し、3人のサインを入れてもらいました。
ポートレートにサインを入れてもらった直後「さぁ、シャッターチャンスですよ」の1号選手の言葉で3人がサインの手を休め、ポーズをとってくれたので、なかなか良い写真を撮ることが出来ました。
そうそう、このポートレートを見て、思い出しましたが、この大会の前に発売された週刊プロレスにはヤッペーマンズそろい踏み、3号選手の姿が初めて公となりましたが、その写真のマスクは少しサイズが大きそうに見えて「これ大丈夫かな?」と思っていました。
このポートレートの撮影はおそらく週プロの撮影と同じ日に撮られた物だと思いますが、実際にこの日に被ったのは帽子の部分が同じピンクでも明らかに違う素材。
サイズが大きかったのを大会前に作り直したのでしょう。
たかがマスク、されどマスクです。
サイズが大きければズレやすくなり、視界に大きく影響します。
そうなれば、大きな事故に繋がりかねないだけに今大会までに新たに作り直したのは大正解。
作り直されたマスクは帽子の部分が腕や足の部分と同じリクラプンティーニで見栄えもこちらの方が良かったと思います。
ただ、この時に間近で見た真新しいマスクは対戦相手にペインとしているアジャ・コング選手がいたせいか、既に茶色の汚れがついていました。
この汚れ、綺麗に落ちるんですかね?
ヤッペーマン3号の試合で使われることのなかった幻のマスクが収められたポートレートは逆にレア度が上がって(?)ちょっと嬉しかったりしました。
大会終了後には早速、3号選手のプロフィールがみちのくプロレスのホームページに追加されたので、きっと本拠地、東北でも3選手のそろい踏みが見れるでしょう。

南野タケシ 卍丸
南野タケシ&卍丸の舎人一家も売店に出ていましたが、サインをもらうチャンスはありませんでした。
というか、画像の2人は笑顔ですが、風貌にちょっとビビってお願い出来なかった説(笑)


剣舞
全試合終了後、リングの撤収作業中の剣舞選手に声を掛け、写真を1枚撮らせてもらいました。
この日お披露目されたニューマスクを間近で撮影したかったのです。

ラッセ
ラッセ選手にもお願いしました。
てっきり紫縁のニューマスクだと思っていたら、佐藤兄弟の墨汁ミストで少し汚れてしまったのか、今までのオレンジ縁のマスクだったというのは帰って来て画像を見て気が付きました(笑)

ウルティモ・ドラゴン
出口に向かうと売店には再びウルティモ校長がいました。
試合前とは違うプライベートマスクを被っていたのはさすがだと思います。
試合も含め、3枚のマスクを見ることが出来ました。

ユリオカ超特Q
ユリオカ超特Q サイン
最後にこの日、イベントのチケット販売に来られていたユリオカ超特Qさん。
〈心はみちのくにあり/ユリオカ超特Qオフィシャルブログ 新・らっしゃい!ブログ〉
うーむ、どうしようかとちょっと悩みましたが、「すみません、サイン頂けますか?」とお願いすると「いいですよ」と応えてくれました。
「あれ!?今日、何日でしたっけ?」と聞かれましたが、日付けも入れてくれました。
色紙を持っての写真もお願いすると「らっしゃい!」のポーズで。
ありがとうございました!


2年半ぶりのみちのくプロレス観戦。
あの時にも同じことを書いたと思いますが、清々しい若手対決、職人対決、乱撃戦、コミカルな試合、そしてメインの極上の好敵手対決ととてもバラエティに富んだ素晴らしい興行でした。
気が付けば、売店に出て来なかったサスケ社長を除いて全てのマスクマンを間近で撮影出来ました。
売店スペースは良い意味でほんわかしていて、どうしても新日本プロレス観戦が多い私には気さくにサインに応じてくれる選手達に逆に驚いてしまいます。
また必ず観戦したいと思います!
まずは8月31日(金)のふく面ワールドリーグ戦を観戦出来ればいいのですが・・・。
平日ですが、諦めずホントになんとか観戦したいと思います。
今回、観戦に誘ってくれた友人には改めて感謝です。
ありがとうございました!




 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

6・3 みちのくプロレス 陸奥伝説 第7試合 拳王vsフジタ“Jr”ハヤト

フジタ“Jr”ハヤト
拳王 フジタ“Jr”ハヤト
拳王 フジタ“Jr”ハヤト 新崎人生
フジタ“Jr”ハヤト
フジタ“Jr”ハヤト
拳王 フジタ“Jr”ハヤト
フジタ“Jr”ハヤト 拳王
拳王 フジタ“Jr”ハヤト
拳王 フジタ“Jr”ハヤト
フジタ“Jr”ハヤト 拳王
フジタ“Jr”ハヤト 拳王
拳王 フジタ“Jr”ハヤト
フジタ“Jr”ハヤト 拳王
拳王 フジタ“Jr”ハヤト
拳王 フジタ“Jr”ハヤト
フジタ“Jr”ハヤト 拳王
拳王 フジタ“Jr”ハヤト
フジタ“Jr”ハヤト 拳王
拳王 フジタ“Jr”ハヤト
拳王 フジタ“Jr”ハヤト
フジタ“Jr”ハヤト 拳王
フジタ“Jr”ハヤト 新崎人生
フジタ“Jr”ハヤト 南野タケシ 卍丸 Ken45°
フジタ“Jr”ハヤト
フジタ“Jr”ハヤト
「試合前に勝ったら何を喋るか考えてたんですけど、ちょっと忘れちゃいました。ホントに勝てて最高です。そして、おい、クソ拳王!オマエがいなかったら俺はここまで来れなかったかもしれない。今日、俺に負けて悔しいだろうな。そしてオマエはもっと強くなって、また俺の高い壁となるんだろうけど、その時はまた俺は勝つまでオマエに食らいついてやるよ。今日より熱い、やり過ぎてる試合、また2人でしようぜ。ホントに拳王、オマエのおかげだと思ってるからよ、ありがとうございました。そして、やっとこのベルトが俺の元に来たので、これは俺のベルトではなく、ここに来ているお客さん全員、そして俺の大切な仲間のベルトだと思ってるんで、俺はこのベルトを持ってゼロワン?新日本?ダイヤモンドリング?どこでもかかって来い、コラ!いいか!この団体は俺が引っ張っていくんだ!だからオマエら、フジタ“Jr”ハヤトのみちのくプロレス、これからも宜しくお願いします。あと、俺の大切な仲間が10周年興行やるんで、7月28日土曜日、新宿FACEで舎人一家の10周年興行。あと8月、Ken45°が10周年興行。ちょっと仙台なんですけど、みんな来ましょう。ありがとうございました」

この戦いの全ては試合後にリング上から放たれたハヤトのこの言葉に凝縮されているような気がします。
最高の好敵手と切磋琢磨出来ることの感謝。
この日、会場に足を運んだ観客への感謝。
支え続けてくれる仲間達への感謝。
そして団体を牽引する覚悟と他団体への宣戦布告。
リング上では具体的な名前は出しませんでしたが、バックステージではダイヤモンドリングは中嶋勝彦、ゼロワンは日高郁人、新日本はプリンス・デヴィットと田口隆祐の名前を出しました。
ここでは名前が出ませんでしたが、かつて「アイツが自分の団体のベルト穫ったら、俺が1番に挑戦する」と言っていた男の顔が私の脳裏をよぎりました。

互いが得意とするキックを中心に壮絶にしばき合いを繰り広げたハヤトと拳王。
決して相手の攻撃を避けず、意地と意地のぶつかり合い。
凄まじいの一言でした。
物凄い激闘に吸い込まれるように無我夢中で写真を撮っていました。
そして試合翌日の「速報!バトル☆メン」でこの一騎打ちが実は2年半ぶりだったことを知りました。
ちょうど私の最初のみちのく観戦が2年半前。
“世界の獣神”がウルトラ・ライガーと化した、あの宇宙大戦争のメインを締めたのが、今回と同じハヤトと拳王でした。
あの時よりも更にグレードアップした戦い。
マイクアピールにもあったように他団体でも活躍が目立つハヤトですが、拳王にももっともっと外に出てもらいたいです。
それが必ずやみちのくのリングにも還元されると思います。
「みちのく名勝負数え歌」というのは、ちょっと言葉が古いかもしれませんが、きっと今後も名勝負が紡がれていくでしょう。

第7試合 東北ジュニアヘビー級選手権 時間無制限1本勝負
〈挑戦者〉○フジタ“Jr”ハヤト(23分43秒 ヘルム→片エビ固め)拳王×〈王者〉
※拳王が初防衛に失敗、ハヤトが第16代王者に。
〈6・3『陸奥伝説』東京・後楽園ホール大会試合結果/みちのくプロレスオフィシャルサイト〉
〈試合速報/スポーツナビ〉




 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

6・3 みちのくプロレス 陸奥伝説 第6試合 バラモン兄弟vsラッセ&剣舞

新崎人生
第6試合の前、新崎人生コミッショナーがリングに登場、「第5回ふく面ワールドリーグ戦」の追加出場選手を発表しました。
〈「第5回ふく面ワールドリーグ戦」出場選手が決定!/Mask Maniaへの道!!〉

ラッセ 剣舞
ラッセ 剣舞
ラッセ 剣舞
ラッセ 剣舞
バラモン兄弟
ラッセ 剣舞
ラッセ
バラモン兄弟 ラッセ 剣舞
バラモン兄弟 ラッセ 剣舞
バラモン兄弟 ラッセ
ラッセ 剣舞 バラモン兄弟
ラッセ バラモン兄弟
バラモン兄弟 剣舞
ラッセ 剣舞
剣舞 バラモン兄弟
ラッセ バラモン兄弟
ラッセ バラモン兄弟
ラッセ バラモン兄弟
剣舞 ラッセ バラモン兄弟
ラッセ バラモン兄弟
ラッセ
ラッセ 剣舞
ラッセ 剣舞
ラッセ 剣舞
バラモン兄弟の保持する東北タッグ王座の初防衛戦、ラッセ&剣舞のマスクマンコンビが挑戦。
しかも「凶器持ち込み可能、レフェリーがあまりにも危険と判断した反則以外はすべての反則も認められる」というハードコアマッチで完全にチャンピオンチームの土俵。
ラッセ&剣舞はラダーを持ち、前面が左右逆のハーフ、頭の部分は剣舞のちょんまげで後ろはラッセの模様が入ったお揃いのオーバーマスクで登場!
オーバーマスクを脱ぐとこれまたお揃いの淡い紫の縁取りのマスクで剣舞は頭部に短いボアのニューマスクでした!!
コスチュームも白に紫のお揃い!
タッグチームらしい出で立ちでした。
バラモン兄弟は客席に白い粉を撒き散らしながら入場。
色々と用意した凶器には豚とマグロの頭もありましたが、コレはやっぱり模造品で本物ではないですよね?
試合が始まれば、この形式に慣れている佐藤兄弟がハチャメチャファイトでラッセ&剣舞を圧倒。
剣舞が捕まる場面が多かった気がしますが、以外とハードコアマッチに適応したのがラッセ。
バラモン兄弟が持ち込んだ竹刀を利用してのキャメルクラッチやパウダー攻撃、ラダーを利用した不知火や勝負を決めたラダー最上段からのセントーンアトミコを披露。
バラモン兄弟は墨汁ミストの誤爆が仇となり初防衛に失敗、タイトルを失う結果に。
まあ、この兄弟の価値はベルトの有無なんか関係ないですからね。

試合後、ベルトを肩に掛けたラッセが剣舞とのタッグで東北タッグのベルトの価値を上げて行くこと、残り1枠となった「ふく面ワールドリーグ戦」の剣舞との出場者決定戦を正々堂々戦うことをマイクアピール。
最後は「いくぞー!ラッセと言えば絶好調!!」で締めましたが、剣舞は声を発さず(笑)
けれど、魅力的なマスクマンコンビのタッグ王座奪取は嬉しい限り!

第6試合 東北タッグ選手権 ハードコアマッチ 時間無制限1本勝負
○ラッセ&剣舞(10分44秒 ラダーからのセントーンアトミコ→片エビ固め)バラモンシュウ&バラモンケイ×
※バラモン兄弟が初防衛に失敗、ラッセ&剣舞が第17代王者に。
〈6・3『陸奥伝説』東京・後楽園ホール大会試合結果/みちのくプロレスオフィシャルサイト〉
〈試合速報/スポーツナビ〉




 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

6・3 みちのくプロレス 陸奥伝説 第5試合 ウルティモ・ドラゴンvs気仙沼二郎

気仙沼二郎
ウルティモ・ドラゴン
ウルティモ・ドラゴン
ウルティモ・ドラゴン 気仙沼二郎
ウルティモ・ドラゴン 気仙沼二郎
ウルティモ・ドラゴン 気仙沼二郎
気仙沼二郎 ウルティモ・ドラゴン
気仙沼二郎 ウルティモ・ドラゴン
ウルティモ・ドラゴン
ウルティモ・ドラゴン 気仙沼二郎
ウルティモ・ドラゴン 気仙沼二郎
休憩明けの後半戦がスタート。
ウルティモ校長は金銀ハーフのマスクに金基調のコスチューム。
おそらく校長の中で流行があって最近のお好みは金銀みたいですね。
自身のデビュー25周年を祝う意味もあるのかもしれません。

試合前に校長が「俺達の抗争はいつも東北。東京のお客さんは俺達が何を懸けて戦うか、たぶんわかってない」とのことでそれぞれが勝った時に変更となる相手の新リングネームを披露する。
まずは校長。
「気仙沼というのは大切にしよう」ということで沼二郎が負けた場合、イタリアコンセプトのケッセン・ヌーマ・ジローラモ(笑)
「本家のジローラモさんにもちゃんと許可もらってる」と(笑)
続いて沼二郎はフーテンのドラ次郎、フーテンのドラさんを提案。
ここで校長が沼二郎に「リングネーム変更を受け入れれば、試合をせずに済む」と持ち掛けるも「そんな変な名前になったら岩手に帰れない」と受け入れず、試合開始。

試合中盤、沼二郎のコーナー最上段からダイビング・ヒップアタックを校長が蹴りで迎撃。
これで校長は足を痛めたか?
この後は両者、丸め込み合戦。
最後はやはり“世界の究極龍”が勝利。
来年からドラゴマニアがドラジローマニアになっても困りますし(笑)

試合後、それでも改名を渋っていた沼二郎改めジローラモですが、校長の何回目かの「ジーロラモ」の呼びかけに、つい「ハイ!」と返事しちゃって観客大爆笑。
リングネームだけではなく今後は校長プロデュースのイタリアコンセプトのキャラクターになることもようやく受け入れ、校長からのタッグ結成要請も受諾。
校長がイタリアのナポリでジローラモの為に「スーツ、シャツ、靴、ネクタイ、全部買って来てやる」そうです。
校長プロデュースのイタリアコンセプトのキャラと言えば、やっぱりミラノコレクションA.T.が思い浮かぶ訳ですが、全く素材が違うのでいったいどんな変身となるのか!?
「ケッセン・ヌーマ・ジローラモでパンチパーマは似合わないぞ」の校長の言葉も気になります。

第5試合 ノンブレ・コントラ・ノンブレ 敗者リングネーム変更マッチ 時間無制限1本勝負
○ウルティモ・ドラゴン(5分55秒 スモールパッケージホールド)気仙沼二郎×
〈6・3『陸奥伝説』東京・後楽園ホール大会試合結果/みちのくプロレスオフィシャルサイト〉
〈試合速報/スポーツナビ〉




 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

6・3 みちのくプロレス 陸奥伝説 第4試合 ヤッペーマンのかわいい妹デビュー!

ヤッペーマン1号 ヤッペーマン2号
ヤッペーマン1号 ヤッペーマン3号
ヤッペーマン1号 ヤッペーマン2号 ヤッペーマン3号
ヤッペーマン1号 ヤッペーマン2号 ヤッペーマン3号
新崎人生
新崎人生
ヤッペーマン1号 ヤッペーマン2号 ヤッペーマン3号 新崎人生
ザ・グレート・サスケ 新崎人生
アジャ・コング
アジャ・コング ザ・グレート・サスケ 新崎人生 ヤッペーマンズ
ヤッペーマン2号 アジャ・コング
アジャ・コング ヤッペーマン2号
新崎人生 ヤッペーマン2号
ザ・グレート・サスケ
ヤッペーマン1号 ヤッペーマン3号 ザ・グレート・サスケ
ヤッペーマン1号 ヤッペーマン2号 ヤッペーマン3号
ヤッペーマン3号
アジャ・コング ヤッペーマンズ
アジャ・コング ヤッペーマン3号
新崎人生 ヤッペーマン1号 ヤッペーマン2号
アジャ・コング ザ・グレート・サスケ ヤッペーマン3号
ヤッペーマン3号 ザ・グレート・サスケ
ヤッペーマン1号 ヤッペーマン2号 ヤッペーマン3号
ヤッペーマン1号 ヤッペーマン2号 ヤッペーマン3号
発表されていた対戦カードはザ・グレート・サスケ&新崎人生&Xvsヤッペーマン1号&2号&3号。
まず「ヤッターマンの歌」でヤッペーマン1号&2号が登場した後、この日がデビュー戦の3号が入場。
早くも「3号!」「かわいい!」と声援が飛び、みちのくにまた人気キャラが誕生。
ヤッペーマンの登場で華やいだ雰囲気に包まれた後楽園ホールが新崎人生の入場で一変。
登場するだけで空気を変えてしまうのはさすがです。
続いてザ・グレート・サスケの入場。
サスケの入場テーマ曲の「ネバーギブアップ!」に合わせ、何故か拳を振り上げるヤッペーマン1号&2号(笑)
これにはムーチャス入江リングアナウンサーも思わずニッコリ。
ところが、この入江リングアナ、サスケがリングに登場し「かっこいいカラダ」をこれでもかと誇示すると口あんぐりの驚愕の表情だったことに写真を整理していて気付きました。
何もそこまで驚かなくても(爆)
1号はマイクを掴み「サスケさん、筋肉が凄いのはわかりましたよ。僕たちのかわいい妹、ヤッペーマン3号です。それはそうとサスケさん、その筋肉でかわいい女子選手連れて来るって言ってましたよね?どうなってるんですか?」と詰め寄る。
「かわいいじゃねぇか。ならな、こっちもとびっきりのかわい子ちゃん連れて来たぜ!オマエたち驚くなよ!」とサスケが返答するとメタル調の音楽が鳴り響く。
聞き覚えのある曲でしたが、普段あまり女子の試合は見ないのでアジャかもしれないけど誰!?と思っていると、やっぱりアジャ・コング登場!
会場は大盛り上がりで大エリカコール(笑)
先発はアジャとヒビりまくる2号。
力比べで敵うはずもありません。
アジャとヤッペーマンたちのコミカルなやり取りや、この日は3号へのセクハラ攻撃も忘れ(?)ムキムキボディーを見せつけることに終始したサスケなど本当に楽しい試合になりました。
こういう展開になるといつもは無表情の人生の頬が緩んでしまうことが、たまにありますが、この日は残念ながらなし。
最後はサスケが羽交い締めした3号にアジャが裏拳を見舞ったところを脱出、キョーレツな同士討ちでグロッキー状態のサスケをジャーマーンスープレックスホールドで追い打ち、3号がデビュー戦を見事に勝利で飾りました。
選手も観客もリングアナウンサーも(?)皆が楽しんだ試合でした。

第4試合 ミックスドマッチ 30分1本勝負
ヤッペーマン1号&ヤッペーマン2号&○ヤッペーマン3号(8分10秒 ジャーマーンスープレックスホールド)ザ・グレート・サスケ×&新崎人生&アジャ・コング
〈6・3『陸奥伝説』東京・後楽園ホール大会試合結果/みちのくプロレスオフィシャルサイト〉
〈試合速報/スポーツナビ〉




 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

6・3 みちのくプロレス 陸奥伝説 第3試合

南野タケシ 卍丸
日向寺塁 卍丸
野橋太郎 卍丸
野橋太郎 卍丸
日向寺塁 南野タケシ
南野タケシ 日向寺塁
南野タケシ 日向寺塁 卍丸
南野タケシ 卍丸 日向寺塁
卍丸 野橋太郎
野橋太郎 卍丸
卍丸 野橋太郎
南野タケシ 卍丸
元九龍で現在はハヤト軍、阿修羅と袂を分かった両チームの激突。
後から入場して来た野橋&日向寺はリングインと同時に南野&卍丸に突っかけ、そのまま試合開始。
同じユニットだっただけに大乱戦の様相。
野橋の一斗缶攻撃をかいくぐった卍丸が逆に一斗缶で野橋を殴打。
最後は卍落としで勝利。
勝敗を分けたのはタッグチームとしての経験の差のように感じましたが、ハヤト軍と阿修羅の激しい抗争は続くでしょう。

第3試合 阿修羅対舎人一家 30分1本勝負
南野タケシ&○卍丸(8分32秒 卍落とし→片エビ固め)野橋太郎×&日向寺塁
〈6・3『陸奥伝説』東京・後楽園ホール大会試合結果/みちのくプロレスオフィシャルサイト〉
〈試合速報/スポーツナビ〉




 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

6・3 みちのくプロレス 陸奥伝説 第2試合

Ken45°
大柳錦也
大柳錦也 Ken45°
大柳錦也 Ken45°
Ken45° 大柳錦也
Ken45° 大柳錦也
大柳錦也 Ken45°
Ken45° 大柳錦也
大柳錦也 Ken45°
Ken45° 大柳錦也
Ken45°
第2試合は「職人対決」と銘打たれたKen45°と大柳錦也のテクニシャン対決。
2年半ぶり2度目のみちのく観戦ゆえ、大柳が「職人」という認識はありましたが、Ken45°はその見事なモヒカンばかりが印象に残っていて「職人」という印象はありませんでした。
しかし、試合が始まってみれば「職人対決」に偽りなし。
丸め込み合戦や弓矢固め、変形ロメロスペシャル、コブラツイスト、卍固め・・・と渋い技の攻防で観客を惹き付ける。
大柳はゴッチ式パイルドライバーやコーナーポストを利用しての卍固めなどレスラーとしての出所の違いはあるものの、ちょっと鈴木みのると被る技を繰り出していました。
確かに2人とも巧かった!

第2試合 職人対決 20分1本勝負
○Ken45°(7分15秒 高角度前方回転エビ固め)大柳錦也×
〈6・3『陸奥伝説』東京・後楽園ホール大会試合結果/みちのくプロレスオフィシャルサイト〉
〈試合速報/スポーツナビ〉




 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

6・3 みちのくプロレス 陸奥伝説 第1試合

新日本プロレス「BEST OF THE SUPER Jr. XIX 〜The door to the glory〜」開幕戦に続き、6月3日みちのくプロレス「陸奥伝説」の観戦記をスタート!
現在のみちのくの切り札的カード、メインの東北ジュニアヘビー級タイトルマッチ、拳王vsフジタ“Jr”ハヤトはもちろん、ヤッペーマン3号の登場、そして8月31日開幕の「ふく面ワールドリーグ戦」追加出場選手発表とか〜な〜り気になり、観戦を考えていたところでタイミング良く友人からお誘いを受け、2009年の宇宙大戦争以来2年半ぶりのみちのく観戦となりました。

Meshibe
Meshibe
Meshibe
試合開始前、しばらく売店にいると後楽園ホールの中から何やら音が聞こえて来たので慌てて自分の席へ。
リング上に目をやると2人の女性がダンスパフォーマンス。
事前にみちのくプロレスオフィシャルサイトで「女性コンビ芸人の『meshibe』がリング上にてネタを披露いたします」というのを読んでいたので、てっきりコントなどをするお笑い芸人の方達だと勘違いしていました(笑)
ネットで検索するとお2人のブログがヒット。
この日のことも書かれていました。
〈みちのくプロレス後楽園ホール大会出演!!/Meshibeオフィシャルブログ「めしぶろ」〉
ブログのプロフィール欄を見ると「筋肉乙女えんどぅと脱衣痴嬢アスカボーダーランド2人による賑やかしダンスユニット」と記されていて深く納得。

気仙沼二郎
気仙沼二郎
ダンスパフォーマンスの後は恒例の気仙沼二郎歌謡ショー。
2年半ぶりに見る歌謡ショーに沼二郎は着物で登場ではなく「あれ!?」と思っていると今は復興応援ソング「シャボン玉」とポップスを唄っているのですね。

郡司歩
佐々木大地
郡司歩 佐々木大地
佐々木大地 郡司歩
郡司歩 佐々木大地
郡司歩 佐々木大地
佐々木大地 郡司歩
佐々木大地
第1試合は5ヶ月ぶりのリング復帰となるキャリア丸2年の佐々木大地と今年デビューしたばかりの郡司歩の若手対決。
エルボーやドロップキックなど基本的な技を中心に気迫と気迫がぶつかる試合でした。
キャリアで勝る先輩の佐々木がもうこれ以上は反れないであろう角度のキャメルクラッチで勝利。
これぞ若手同士の第1試合!
見ていて気持ちの良いファイトでした。

第1試合 佐々木大地復帰戦 15分1本勝負
○佐々木大地(5分41秒 ラクダ固め)郡司歩×
〈6・3『陸奥伝説』東京・後楽園ホール大会試合結果/みちのくプロレスオフィシャルサイト〉
〈試合速報/スポーツナビ〉




 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン
カテゴリ別アーカイブ
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile
Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


マスク画像
観戦画像
free counters
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ