飯伏幸太

7・29 新日本プロレス Last Rebellion 第6試合 ロウ・キーvs飯伏 IWGPジュニア王座戦

飯伏幸太
ロウ・キー 飯伏幸太
ロウ・キー 飯伏幸太
ロウ・キー 飯伏幸太
ロウ・キー 飯伏幸太
ロウ・キー 飯伏幸太
飯伏幸太 ロウ・キー
飯伏幸太 ロウ・キー
飯伏幸太 ロウ・キー
飯伏幸太 ロウ・キー
飯伏幸太 ロウ・キー
飯伏幸太
飯伏幸太
飯伏幸太 KUSHIDA
KO-D無差別級のベルトを肩に掛けて入場してきた挑戦者の飯伏幸太。
王者ロウ・キーはいつものように猛烈な殺気を放ちながらリングイン。
ロウ・キーは飯伏と向き合うと腰の高さで掌をマットに向ける独特の構えでキックを得意とする飯伏とも蹴りの真っ向勝負。
スキンヘッドという出で立ちのせいか、その様は少林寺拳法の有段者のようでした。
ほんの少しでも隙を見せれば、喉元をかっ切り、獲物をしとめる獰猛な肉食獣のようなロウ・キーに飯伏が押される展開の序盤。
得意の立体殺法で活路を見い出さんとする飯伏ですが、いずれも単発に終わり、なかなかペースを握れない。
さしもの飯伏でも殺気をはらんだ強烈な攻撃を繰り出すロウ・キーの牙城を崩せないのかと思い始めましたが、徐々に徐々に攻勢となり、最後は必殺のフェニックススプラッシュで怪我で返上を余儀なくされたIWGPジュニアのベルトを奪還。
スリーカウントが入った瞬間、後楽園ホールが爆発しました。

観客の声援は7対3くらいで飯伏有利に感じました。
DDTファンが応援に来たというのもあるでしょうけれど、それ以上に飯伏が新日ファンからも歓迎されているのだと思います。
惜しくもベルトを失ったロウ・キーですが、この選手も本当に凄まじい!
5月のスーパージュニア開幕戦の後楽園ホールで試合前に遭遇、試合の時の殺気立った雰囲気とは裏腹に優しくファンサービスしていました。
きっとオンとオフの切り替えがとても上手い選手なのだと思います。
間違いなく新日向きのセカイノセンシ。
これからも新日参戦を継続し、再び王座に返り咲いてもらいたいものです。
最近はルチャの華麗なファイトに惹かれがちではありますが、ロウ・キーのような選手は昭和からの新日ファンには堪らない存在です。

飯伏がベルトを抱え、歓喜に浸っているリングにKUSHIDAが登場。
新日所属としてジュニアの至宝が外敵に流出し、黙っていられるはずがありません。
この大会の1週間前、山形ではロウ・キーを撃破、スーパージュニア開幕戦のプリンス・デヴィットとの大激戦を征し、勝利した時は本当に感動しましたし、ベルト奪取の時はそう遠くないと感じました。

第6試合 60分1本勝負
ダブルメインイベントI IWGPジュニアヘビー級選手権試合
〈挑戦者〉○飯伏幸太(19分30秒 フェニックススプラッシュ→片エビ固め)ロウ・キー×〈第63代王者〉
※飯伏が第64代王者に
〈大会結果詳細/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉
〈試合速報/スポーツナビ〉



 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

〜僕らの夢のオールスター戦〜 仮面貴族FIESTA2011 オフ・ザ・リング そして夢の続き

それでは毎度、恒例の試合以外の写真と入手した記念の品の数々を時系列で。

エル・サムライ サインまずはエル・サムライ選手のサインをGET!
写真がないのはマスク被ってなかったからです(汗)


風香風香風香 サイン会場入りするスターダム風香GM。
現役時代に試合を観戦する機会がなかったので、今回サインがもらえて良かったです。


鹿島沙希続いては、この日は試合に出場しなかったスターダムの鹿島沙希選手。
ゴールデンタイムの地上波、テレビ朝日系「銭形金太郎」に出演して知名度アップ。
この日も多くのファンに囲まれていました。
エレベーターが来てしまったので残念ながらサインはなし!(^_^;)


ウルティモ・ゲレーロそして会場入りするCMLL最強ルードのウルティモ・ゲレーロ選手。
間近で見るとやっぱり体の厚みが凄い!


ロッキー・ロメロロッキー・ロメロロッキー・ロメロ サイングレイ・シャドー サインこの人も試合出場はなかったものの後楽園ホールにやって来たロッキー・ロメロ選手。
ロッキー・ロメロで1度サインを終わった後、他の人達がブラック・タイガーのサインを頼むのを見て、私がリクエストしたのがグレイ・シャドウ(笑)
その名を伝えると「フォゲット(忘れた)」と言ってスペルを思い出しながら書いてくれました(^_^)
このリングネームでは1度も来日していませんので、これは嬉しかった。
我ながらグッジョブ!


世IV虎世IV虎世IV虎 サインしばらくすると、この人も「銭形金太郎」に出演した世IV虎先輩がやって来ました。
カメラを向けるとこんな表情になりますが、決して怖い人ではありません。
というか、むしろめちゃくちゃいい人だと思います。
この写真見ると、つい「先輩、あざーす!」って言いたくなりますね(^_^;)


この後、会場内の売店スペースへ。

ドス・カラスドス・カラス人垣の向こうにドス・カラスさん発見!
トレードカラーの食事用マスクが見られて大満足でした。


ハヤブサハヤブサ ストラップドス・カラスさんがいたスペースとは反対側の奥へ向かうとハヤブサ選手が!
この大会限定発売のマスクと同じ型と素材を使ったエンブレムのストラップを購入し、写真を撮らせてもらいました。
この時点では、このストラップ、ハヤブサ選手の大ファンのイタリアの友人へのお土産にするつもりでした。
しかし、あの大感動のエンディングを目撃して手放せなくなってしまいました。
どうしても、この日の記念に手元に置いて置きたくなってしまったのです。
10年ぶりにリングに立ったハヤブサ選手が被っていたマスクに付いている物と全く同じですから。
きっと、このストラップが元気をくれるはずです!
黙っていても良いのですが、イタリアの友達もこのブログ見てますから、先日「ごめん、お土産にするつもりで買ったんだけど、どうしても記念に取っておきたくなった。また次の機会にお土産買って来るから今回は勘弁して」とこの画像を添えて伝えました(汗)
CMLLロゴのキーホルダー、そしてYN製IIIマークストラップとともに、いつもデジカメの充電池を入れている日本の友人からもらったマスカラ・プルプラの小物入れに付けました。


ウルティモ・ゲレーロウルティモ・ゲレーロマスク以外に売るグッズがなく暇そうなゲレーロ選手。
カメラを向けるとポーズをとってくれました。
1月のFANTASTICA MANIAで来日したアベルノ選手と並んで「いい人だ」という噂を聞くCMLL最強のルード戦士。
こういう何気ないことが嬉しい!


飯伏幸太残念ながら負傷欠場した飯伏幸太選手。
この日、パンフレット代わりに販売されたFOTO LIBRE Numro 0には水色のマスクとコスチュームを身に纏ったハヤブシの姿がありました。
いつの日か不死鳥FIESTAが開催された時、幻のハヤブシが降臨する!?


ハヤブサ剣舞客席につくと放送席に座るハヤブサ選手とセコンド業務に勤しむみちのくプロレス剣舞選手をパチリ。


飯伏幸太 ブラック・タイガーVWメインイベント第1試合終了後の休憩タイム。
飯伏選手の横にブラック・タイガーV選手の意外なツーショット。


高木三四郎大いに盛り上げ、楽しませてくれた高木大社長。
売店でも試合と同じハイテンションだったような・・・。


大畠美咲大畠美咲 サインFOTO LIBREが発売され、今後ますます人気が上がりそうな大畠美咲選手。
ポートレートを買い、サインを入れてもらって、それを手に写真を撮りました。
名前を聞かれ、書き込んでくれましたが、あの人混みの中でハンドルネームを言える訳がなく本名を伝えました(笑)


A☆YU☆MIA☆YU☆MIこちらはタイトルを防衛したA☆YU☆MI選手。
今回は今までサインをもらったことのない選手を優先しましたので、良い写真を撮るのは無理でした。


これにて休憩時間終了、以下は試合後の物です。

菊タロー菊タロー サイン会場内で知人?の方と話している菊タロー選手からサインをGET!
書いてもらったばかりの色紙を手に写真も。
藤原組長との異次元対決から生還出来て良かった!


愛川ゆず季愛川ゆず季 サイン愛川ゆず季 サイン最後の最後まで群がる人々でごった返していた“ゆずポン”愛川ゆず季選手の売店スペース。
何とかギリギリでポートレートを購入し、サインをもらいました。
小さなカードにも。
プロレスに真摯に向き合っていることがわかりましたし、やっぱりこのルックスですから、今回の観戦を機にグッと好感度upしました(笑)
流星仮面FIESTA・FINALと仮面貴族FIESTA2011でスターダム人気の理由がわかったような気がします。


愛川ゆず季後楽園ホールから出て来たゆずポンも撮りました。


ドス・カラスもう誰も出て来ないだろうと思っていた時に現れたドス・カラスさん!!
紫のマスクに合わせるようにネクタイも紫!
やっぱりコーディネートはこうでねぇと(古い&苦笑)
いや、冗談はともかく、ホントにカッコ良かった。
そして、この優しそうな眼差しが堪りません!




これにて水道橋を後にし、帰宅。
撮ってきた画像を少し確認し、寝ようとするが興奮で眠れない・・・。
結局、空が明るくなり始めた頃に寝付きましたが、9時前には目が覚める。
多少の準備をして、再び水道橋に出発!!
ええ、馬鹿です(笑)
12時頃にはDEPO MARTさんに到着。
友人達と合流し、前日の興奮・感動話に盛り上がりつつ、次の興奮へとワクワク感は徐々に高まる。
13時少し前にマスカラス・ブラザースが到着し、整理券の番号順に店内へ案内される。
もう、ひょっとしたら無いかもしれないマスカラス・ブラザースとのスリーショットを前に心臓のバクバクは最高潮に。

ミル・マスカラスドス・カラスミル・マスカラス ドス・カラス サイン選んだ写真入りの色紙にお2人のサインを入れてもらった後、念願のスリーショット!!
イベント開催が発表される前から、きっとあると思っていたこの瞬間が現実に。
何か優しい声で話されていましたが、スペイン語はほとんどわかりませんし、緊張のあまり記憶が定かではありません。
でも、お2人のマスクを両手に持ってスリーショットするという夢は、きちんと実現出来ました。
スリーショットの前も後も手が震えてカバンから上手くマスクを出し入れ出来ませんでしたけど(^_^;)
マスカラスさんの笑顔とこの画像では私の部分はカットしましたが、ドス・カラスさんが私の左肩にそっと手を添えてくれているのが、むちゃくちゃ嬉しい!


ミル・マスカラスミル・マスカラス ドス・カラスミル・マスカラス ドス・カラスミル・マスカラス ドス・カラスミル・マスカラス ドス・カラスドス・カラスマスカラスと言えば、やっぱりこの両手Vサインにスマイルですね。
最後まで残ったファンに最高の笑顔を見せてくれました。



この日はマスカラス・ブラザースだけでは終わりません!
この後はCMLL最強のルード戦士、ウルティモ・ゲレーロの登場!!

ウルティモ・ゲレーロウルティモ・ゲレーロ サインやっぱり、憧れのルチャドールとの記念撮影は何度経験しても緊張します。
ゲレーロ選手とも今年の正月に購入したマスクを手にツーショットしましたが、マスカラス・ブラザースもそうですが、もう少しマスクを上向きに持たないとダメですね。
これは次の課題ということで。
撮ってもらった写真を見て初めて気付きましたが、マスクを指差してくれているのが嬉しいです(^_^)




これにて夢のような2日間は終了。
またまたアミーゴ達とワイワイ、ガヤガヤやりながら楽しいひとときを過ごしました。
感動、興奮を共有出来るというのは良いもんです。
そして、またこの2日間で新たな出会いもありました。
また次の機会にどこかでお会いしましょう!
Muchas gracias amigos!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン Mistico Tiger 3rd Trade Mask

1・23 NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2011 第4&6試合

ルチャドールの出場しなかった2試合はすみませんが1つにまとめ、簡単に。
当ブログ上だけでもミスティコvsアベルノの極上対決をメインにしたいと思います。

石井智宏 タイガーマスク(4代目)石井智宏 タイガーマスク(4代目)
タイガーマスク(4代目) 石井智宏タイガーマスク(4代目)
第4試合は4代目タイガーと石井の抗争の決着戦。
4代目タイガーがまさかマスクを失うことはなかろうと思っていましたが、予想通り石井が敗れバリカンで髪を刈られました。
ご存知のようにこの試合の後も思わぬ展開から抗争継続になりました。
アベルノしかり、石井しかり、ヒール&ルードの試合巧者が絡むと試合が盛り上がりますね。

第4試合 時間無制限1本勝負
マスカラ・コントラ・カベジェラ
○タイガーマスク(12分16秒 タイガースープレックスホールド)石井智宏×
〈大会結果詳細/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉
〈試合速報/スポーツナビ〉

飯伏幸太 ケニー・オメガ プリンス・デヴィット 田口隆祐プリンス・デヴィット 田口隆祐
ケニー・オメガ田口隆祐 飯伏幸太
ケニー・オメガ プリンス・デヴィット飯伏幸太 ケニー・オメガ 田口隆祐
プリンス・デヴィット 田口隆祐 ケニー・オメガプリンス・デヴィット 田口隆祐
プリンス・デヴィット 田口隆祐プリンス・デヴィット 田口隆祐
プリンス・デヴィット 田口隆祐 TAKAみちのく NOSAWA論外第6試合は昨年の東京スポーツ新聞社制定「プロレス大賞」のベストバウトの組み合せ。
目の前で物凄い攻防が展開されていた記憶はありますが、正直に書きますとこの試合のことをあまり覚えていません。
それはゴールデン☆ラヴァーズとApollo55の4選手が云々ということではなく、この前に行われた私の最大の楽しみだったミスティコvsアベルノが期待以上の試合になり、もうその時点でお腹いっぱい、放心状態だったからです。
このタイトルマッチは友人から送ってもらったDVDの映像で改めてじっくり楽しみたいと思います。
試合後にはTAKAみちのくとNOSAWA論外が乱入し、タイトル挑戦をアピールしましたが、ここはラ・ソンブラ&マスカラ・ドラダが登場してIWGPジュニアタッグ戦線に名乗りを上げてもらいたかった!
逆にApollo55とゴールデン☆ラヴァーズの4選手のうち田口だけはCMLL遠征の経験がありますが、他の3人のCMLLマット登場も見てみたいですね。
日本のジュニアの最先端が“ルチャの聖地”をドカンと沸かすこと必至!

第6試合 60分1本勝負
ダブル・メインイベントII
IWGPジュニアタッグ選手権試合
(挑戦者組)プリンス・デヴィット&○田口隆祐(16分32秒 ブラックサンデー→エビ固め)飯伏幸太&ケニー・オメガ×(王者組)
※ゴールデン☆ラヴァーズが3度目の防衛に失敗 Apollo55が第28代王者に返り咲く
〈大会結果詳細/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉
〈試合速報/スポーツナビ〉

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW
カテゴリ別アーカイブ
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile

MISTICO TIGER

本名/非公開
生年月日/非公開
デビュー戦/'07年3月17日
身長/170cm
体重/80kg
出身地/非公開
趣味/プロレス観戦
   プロレスマスク収集

Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


free counters
Archives
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ