CMLL世界スーパーライト級

【Campeones de CMLL】Junio 2019

月に1度、各タイトルの動向を振り返るCampeones de CMLL。
CMLLで防衛戦が行われている主要タイトルの2019年6月末日現在のチャンピオン一覧、カッコ内は防衛回数と6月に行われたタイトルマッチです。

320C15D9-2345-4850-AE3A-5A421079FFBE

●カンペオン・ウニベルサル
2009年 ウルティモ・ゲレーロ選手
2010年 獣神サンダー・ライガー選手
2011年 ラ・ソンブラ選手
2012年 テリブレ選手
2013年 棚橋弘至選手
2014年 ウルティモ・ゲレーロ選手
2015年 アトランティス選手
2016年 バリエンテ選手
2017年 ボラドールJr.選手
2018年 未開催
2019年 テリブレ選手


●CMLL世界ヘビー級
第20代 ウルティモ・ゲレーロ選手 (3度防衛)

●CMLL世界ライトヘビー級
第16代 ニエブラ・ロハ選手 (5度防衛)

●CMLL世界ミドル級
第19代 クアトレロ選手 (3度防衛)

●CMLL世界ウェルター級
第33代 ドラゴン・リー選手 (0度防衛)

●CMLL世界スーパーライト級
第16代 カワト・サン選手 (0度防衛 前王者ドラゴン・リー 選手が返上 6月30日 アレナ・メヒコでの新王者決定戦でアウダス選手に勝利)

4160136B-2B94-418D-8BAD-9AE5CB560E8A


●CMLL世界ミニ
第14代 ショッケルシート選手 (5度防衛)

●CMLL世界女子
第19代 マルセラ選手 (2度防衛)

●CMLL世界タッグ
第41代 エウフォリア選手&グラン・ゲレーロ選手 (0度防衛)

CMLL世界6人タッグ
第30代 ウルティモ・ゲレーロ選手&エウフォリア選手&グラン・ゲレーロ選手 (3度防衛)


●NWA世界ヒストリック・ライトヘビー級
第7代 ストゥーカJr.選手 (2度防衛 )

●NWA世界ヒストリック・ミドル級
第8代 カリスティコ選手 (2度防衛)

●NWA世界ヒストリック・ウェルター級
第9代 ボラドールJr.選手 (2度防衛)


●ナショナル・ヘビー級
第65代 テリブレ選手 (4度防衛)

●ナショナル・ライトヘビー級
第71代 バルバロ・カベルナリオ選手 (1度防衛)

●ナショナル・ウェルター級
第75代 ソベラノJr.選手 (7度防衛 6月2日 アレナ・メヒコでネグロ・カサス選手に防衛)

27D2C96D-AB1A-468E-B9F2-3FB9BC5C333B


●ナショナルライト級
第50代 エレクトリコ選手 (4度防衛)

●ナショナル女子
第20代 メタリカ選手 (0度防衛)

ナショナル6人タッグ
第40代 サンソン選手&クアトレロ選手&フォラステロ選手 (10度防衛)

参照 : 〈CAMPEONES/CMLL公式HP〉 〈Championships/Luchawiki〉


6月のCMLLは7日、14日、21日と3週にわたってアレナ・メヒコ金曜定期戦で開催されたコパ・ディナスティアスがあり、カンペオナートはソベラノ選手のナショナル・ウェルター級王座の防衛戦とドラゴン・リー選手が返上したCMLL世界スーパーライト級の新王者決定戦の2試合のみでした。
昨年のファンタスティカマニアで壮行試合を行い、CMLLで海外武者修行中のカワト選手がキャリア初のベルト奪取。
ようやくノーカットの試合映像を見ることが出来ましたが「このチャンスを絶対にものにする」というカワト選手の意気込みが勝った試合だったように感じました。
最後はジャックハマー的な新技でアウダス選手から勝利。
ここ10年余りにわたって新日本プロレスの若手選手の武者修行の地として数々のヤングライオンがCMLLへと送り込まれていますが、タイトル挑戦の機会も与えられずに帰国する選手も多い中でカワト選手のベルト奪取は間違いなく快挙。
今後、このベルトをともにどんな闘いを見せてくれるのか本当に楽しみです。

新王者決定戦を前に意気込みを語ったカワト選手は対戦相手のアウダス選手について「今後、一生闘っていく相手だと思っている」と発言。
昨年1月にCMLLから期待され、前名フィエロからアウダスの新リングネームとマスクをリング上で授与された超新星。
今年のファンタスティカマニアで初来日し、脅威の身体能力を披露してくれただけにベルトを奪取し、スペル・エストレージャへの階段を駆け上がるものだと思っていました。
初防衛戦の相手がアウダス選手との再戦となるのか、それとも他のルチャドールになるのかも注目しています。

さて、今回カワト選手が奪取したタイトルの名称について。
前王者のドラゴン・リー 選手やその前のカマイタチ選手がその腰にベルトを巻いていた時代は間違いなくCMLL世界ライト級王座と呼称されていました。
ただし、以前にも書いた通り、このベルトはもともとはスーパーライト級王座のベルトであり、ベルトにはSUPER LIGERO=スーパーライト級と表記されたまま、LIGERO=ライト級王座として防衛戦が行われていました。
今回、ドラゴン・リー選手が返上し、新王者決定戦が行われることが決定してからCMLLのHPやSNSを注意深く見ているとSUPER LIGEROとLIGEROが混在していました。
また、インフォルマの司会を務めるフリオ・セサール・リベラ氏を含むライブ配信の実況陣はこれまではリヘロと言っていましたが、カワト選手の戴冠後はスペル・リヘロと言うようになり、いったいどちらが正しいのか困惑していましたが、信頼出来る方に率直にこの件についてお聞きしたところ、今後はベルトの表記通りにSUPER LIGERO=スーパーライト級で統一することになったそうです。
よって当ブログも今後はCMLL世界スーパーライト級と記すこととします。



7月6日にCMLLのフランシスコ・アロンソ・ルテロ社長がお亡くなりになりました。
CMLL所属選手や関係者はもちろん、クリス・ジェリコ選手はInstagramで涙を流し感謝を言葉を述べる動画を公開するなど、かつてCMLLで活躍したラ・ソンブラ=アンドラーデ選手、マスカラ・ドラダ=グラン・メタリク選手、盒競劵蹈狒手、サム・アドニス選手などなどSNSはアロンソ社長への追悼、感謝で溢れ、記者会見やリング上のセレモニーなど公の場に出られることはなかった社長のお人柄が偲ばれます。

7日のアレナ・メヒコ日曜定期戦では社長令嬢でCMLLでマーケティングマネージャーを務めるソフィア・アロンソさんもリングに上がられて追悼セレモニーが行われました。

心からご冥福をお祈りいたします。




ドラゴン・リー選手がCMLL世界ライト級王座返上 新王者決定戦にカワト選手もエントリー

738C0751-F839-4696-B8B7-7C2103DB3423
長期の日本遠征を終え、先週6月14日のアレナ・メヒコ金曜定期戦でCMLLマットに帰ってきたドラゴン・リー選手。
今回の日本遠征の最終戦となった9日の大阪城ホール大会ではBEST OF THE SUPER Jr. 26覇者ウィル・オスプレイ選手と大激闘の末、惜しくも敗れてIWGPジュニアヘビー級王座から陥落。
ベルトを守り続け、IWGPジュニア王者として相思相愛の最高のライバルである盒競劵蹈狒手の復帰を待つと固く信じていただけに残念でなりません。
そして、そのヒロム選手のメキシコ武者修行時代のカマイタチ選手とのライバルストーリーを語るうえで欠かすことの出来ない、文字通りリー選手とカマイタチ選手の血と汗と涙が染み込んだCMLL世界ライト級のベルトをリー選手が返上することになりました。


ライト級の体重を上回ってしまっていること、そしてこの階級に素晴らしい才能を持つ選手がいることを理由に返上を表明。
2015年4月にアレナ・メヒコでヴィールス選手から奪取し第13代王者として初戴冠。
6月にオアハカ、7月にアレナ・プエブラ、8月と12月にアレナ・メヒコでいずれもカマイタチ選手に4度防衛した後、2016年1月23日にファンタスティカマニア後楽園ホール大会で前王者のヴィールス選手の挑戦を退けた後、極秘帰国していたカマイタチ選手がリー選手を急襲。
この乱入劇を受けて翌日のファンタスティカマニア最終戦でCMLLで生まれた名勝負数え唄ドラゴン・リー選手vsカマイタチ選手のCMLL世界ライト級王座戦が緊急決定。
アレナ・メヒコを大熱狂させた名勝負数え唄は日本の聖地、後楽園ホールも大爆発させ、カマイタチ選手がついにリー選手から勝利し、第14代王者に。
生で目撃出来たこの2日間はたくさんの素晴らしい思い出が残る毎年毎年のファンタスティカマニアの中でも忘れられない出来事の1つとして脳裏に深く刻まれています。
この後CMLLへ戻った2人は3月にアレナ・メヒコでリターンマッチを行い、リー選手がベルトを奪還、第15代王者に。
3月にグアダラハラでバルバロ・カベルナリオ選手、8月に同じくグアダラハラでリー選手がアイドルだと語るネグロ・カサス選手、11月にプエブラでポルボラ選手に防衛。
2017年は1月のファンタスティカマニア後楽園ホール大会と4月のアレナ・メヒコでカベルナリオ選手に防衛。
2018年6月にアレナ・コリセオでルシフェルノ選手相手に6度目の防衛に成功後、ほぼ1年間防衛戦が行われていませんでした。
ライト級の体重を上回ってしまっているためとは書きましたが、CMLLでは現在各階級の上限を明文化したものはないと思われます。
もちろん最初からなかった訳ではないと思いますが、CMLLの魅力にハマったこの10年余りの期間にそういった類のものを見聞きしたことがありません。
実際にリー選手の防衛戦に名を連ねた挑戦者のカベルナリオ選手やルシフェルノ選手は現在のリー選手の体重よりも重いように見えます。
でもそこが良い意味でメキシコらしい、いい加減さ。
細かいことを気にするのはナンセンスにさえ思えてきます。
IWGPジュニア王者時代は超売れっ子らしく5本のベルトを保持していたリー選手。
今回のCMLL世界ライト級王座返上でリー 選手はCMLL世界ウェルター級、MLA (Mucha Lucha Atlanta) ヘビー級、KOI (KING OF INDIES) とそれでもまだ3本のベルトを保持。
CMLL世界ライト級からは「卒業」という表現がしっくりくるのかもしれません。


72021065-9784-4F63-ADB8-F3ECB1FDDDD2
リー選手が返上したベルトの新王者決定戦は23日のアレナ・メヒコ日曜定期戦で行われます。
ベルト獲得のチャンスが与えられた出場選手はフライエル選手、アウダス選手、スペル・アストロJr.選手、イホ・デル・ビジャノ形手、スタルJr.選手、エレクトリコ選手、カワト・サン選手、プリンシペ・ディアマンテ選手、アルコン・スリアーノJr.選手、ソニック選手の10選手。
テクニコが8人エントリーされたのに対してルードはイホ・デル・ビジャノ形手とカワト選手の2人のみ。
新日本プロレスから武者修行中のカワト選手に初タイトル獲得のチャンスが到来。
カワト選手以外は近未来のCMLLを担うであろうスペル・エストレージャ候補の活きの良い若手ばかり。
実績的には今年のファンタスティカマニアでともに初来日したフライエル選手とアウダス選手が抜けているように思います。

リー選手が返上したタイトルはCMLLのHPを確認するとPeso Ligero (=ライト級)と表記されています。〈Campeones/CMLL公式HP〉
しかし、今回の新王者決定戦の対戦カードのタイトル名の表記はPESO SUPER LIGERO (=スーパーライト級) 。
実はこのタイトル、上に貼ったリー選手の動画を見ていただくとわかると思いますが、ベルト自体に記載されている文字はSUPER LIGERO。
もともとはCMLL世界スーパーライト級として日本で誕生したベルトがいつからかCMLL世界ライト級のチャンピオンベルトになっていました。
ここが非常にわかりづらく、リー選手やカマイタチ選手が保持していた期間に日本でこのタイトルがライト級として扱われたり、スーパーライト級として扱われたりと混同された原因。
返上を表明した動画の中でリー選手自身も「スペル・リヘロ」と語っています。
日本時間で明日誕生する新王者はCMLL世界ライト級と紹介されるのか?
それともベルトの表記通りにCMLL世界スーパーライト級なのか?
どの選手が巻くことになっても、かつてのリー選手と同じようにこのベルトとともにルチャドールとして成長していくことでしょう。




ドラゴン・リーとカマイタチのバックステージインタビュー動画

12月4日(金)アレナ・メヒコで行われた王者ドラゴン・リーvs挑戦者カマイタチのCMLL世界スーパーライト級タイトルマッチ。
1度はカマイタチの王座奪取がアナウンスされるもマキシモ・セクシーの抗議により試合続行。
大激戦の末、結局はドラゴン・リーがカマイタチ相手に4度目の防衛に成功した訳ですが、この試合後の両者のバックステージインタビューの動画がアップされていました。



ドラゴン・リーが何を語っているのか、私にはほぼわかりませんが、熱戦を終えてベルトが自身に戻ってきた安堵感が漂っているように感じます。
そして来年1月に新日本プロレスで行われるファンタスティカマニアに話しが及ぶと、ある日本人レスラーの名前がドラゴン・リーの口から発せられます。



一方、裁定が覆り怒り心頭のカマイタチは一気にまくしたてます。
その怒りの炎はドラゴン・リーはもちろん、この日、ドラゴン・リーのセコンドについたマキシモにまで及びます。

5度目のタイトルマッチが組まれるのか、それともマスカラ・コントラ・カベジェラに発展するのかは定かではありませんが、ドラゴン・リーvsカマイタチの再戦は必至。
もしかすると、この日のセコンドも含めたマキシモ・セクシー&ドラゴン・リーvsカマイタチ&OKUMURAの抗争になるのかもしれません。
ドラゴン・リーは兄ルーシュと同じく、かなり日本のプロレスの映像を観ているのでしょう。
華麗なルチャリブレの空中戦はもちろん見せるものの、基本的には当たりの強い日本スタイルだと思いますし、繰り出す技のいくつかは日本でしか使われていないものが多く見受けられます。
カマイタチ=高橋広夢の日本凱旋がいつになるのかはわかりませんが、ドラゴン・リーとの抗争は是非とも日本にも持ち込んでもらいたいと思います。
そう遠くない未来にカマイタチ=高橋広夢とドラゴン・リーがIWGPジュニアのベルトを賭けて名勝負数え唄を繰り広げることを今から妄想しています。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

ドラゴン・リーvsカマイタチ 4度目のカンペオナート

ドラゴン・リー フィギュア12月4日、アレナ・メヒコ金曜定期戦で大注目の王者ドラゴン・リーvs挑戦者カマイタチのCMLL世界スーパーライト級タイトルマッチが行われました。
両者の抗争は3月20日アレナ・メヒコのマスカラ・コントラ・マスカラで敗れたカマイタチがマスクを失い素顔に晒すことに。
さらにドラゴン・リーにとって今回が4度目の防衛戦となりますが、6月14日オアハカ、7月13日アレナ・プエブラ、8月30日アレナ・メヒコと全ての防衛戦の挑戦者がカマイタチと1年近くにわたってライバルストーリーを紡いでいます。

所用で残念ながらライブ配信を観られなかったのですが、なんとこの試合、ライブ配信をしているClaro sportsが動画をアップしてくれています!
〈Dragon Lee vs. Kamaitachi envuelta en polemica/Claro sports〉

画像はこちら
〈RESULTADOS ARENA MEXICO VIERNES ESPECTACULARES/CMLL公式HP〉

そもそも動画がアップされていることが異例ですし、実況のマガダン氏の興奮具合が白熱した好勝負であったことを物語ります。
1対1で迎えた決勝の3本目、1度はカマイタチの勝利、王座奪取がアナウンスされ、カマイタチは歓喜の表情を浮かべますが、マキシモ・セクシーの抗議によりドラゴン・リーの足がサードローブに掛かっていたことが認められ、試合続行。
延長戦の末、ドラゴン・リーが勝利し、王座防衛となりました。
1度アナウンスされた裁定が覆ることは異例中の異例。
これに納得いかないのが、この日が誕生日だったカマイタチ。




「俺はアイツともう一回やる」の舞台はどこになるのか?
最近ちょっと気になっているのが、毎年12月に行われるはずのCMLLのビッグショー「シン・サリダ」についての発表がないこと。
4度挑戦して、タイトル奪取ならないとなると、おのずと次に賭ける物はマスクを失った今、髪の毛しかないと思うのですが・・・。
マスカラ・コントラ・カベジェラに発展するのか、今後も2人の抗争から目が離せません。

そして一部で「ドラゴン・リーとのタイトルマッチがカマイタチのCMLLラストマッチ」との噂がまことしやかに囁かれていましたが、来週金曜のアレナ・メヒコもセミでミスティコ&ルーシュ&マキシモ・セクシーvsカマイタチ&エウフォリア&エフェストのカードが組まれています。
対戦相手やパートナーを見てもカマイタチの評価が更に上がっていることが感じられます。
12月11日 金曜アレナ・メヒコ カード



人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン
カテゴリ別アーカイブ
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile

MISTICO TIGER

本名/非公開
生年月日/非公開
デビュー戦/'07年3月17日
身長/170cm
体重/80kg
出身地/非公開
趣味/プロレス観戦
   プロレスマスク収集

Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


free counters
Archives
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ