NWA世界ヒストリック・ウェルター級

ボラドール選手を撃破しマット・ターバン選手がNWA世界ヒストリック・ウェルター級王者に

3月30日のアレナ・メヒコ金曜定期戦のメインで行われた王者ボラドールJr.選手vs挑戦者マット・ターバン選手のNWA世界ヒストリック・ウェルター級カンペオナート。
2014年8月にラ・ソンブラ選手を破り同タイトル2度目の戴冠以来、実に3年7ヶ月の長きに渡り19度の防衛を誇るボラドール選手がまさかの王座陥落。
提携団体ROHから2度目のCMLL遠征となったマット・ターバン選手が第8代新王者となりました。

4F9A0E56-B3D9-4111-975D-EE30DBB204DD


1時間41分頃からがNWA世界ヒストリック・ウェルター級戦

ボラドール選手のセコンドは甥のフライエル選手、テクニコとしてCMLL参戦していたターバン選手にはトランプ大統領の顔がプリントされている星条旗を振る同じアメリカ人でルードのサム・アドニス選手が付き、ボラドール選手が白ベースに緑と赤のメキシコ国旗カラーのコスチュームを着用してきたこともあり、闘いの構図はメキシコvsアメリカとなりました。
1本目はボラドール選手がバッククラッカーで早々に先取。
2本目はフロッグスプラッシュでターバン選手が取り返しました。
互いに得意技で1本ずつ取った後の決勝の3本目は一進一退の攻防。
若干、ティランテスレフェリーの疑惑のカウントもありましたが、勝負の分かれ目はトップロープ上の攻防だったように感じます。
コーナー上のターバン選手をスパニッシュフライで仕留めんとロープを上がったボラドール選手をターバン選手が撃墜し、ボラドール選手は急所を痛打。
そのままトップロープに足を掛け、ターバン選手必殺のクライマックスが決まり、見事に3カウント奪取、ボラドール選手の長期政権に終止符を打ちました。
ベルトを手にしたターバン選手は感極まった表情を見せベルトにキス。




もともとは「NWA世界ウェルター級」だったものを2010年8月に現在の「NWA世界ヒストリック・ウェルター級」と改称し、ベルトのデザインも一新したタイトル。
初代王者がメフィスト選手、2代と6代がラ・ソンブラ選手、3代ネグロ・カサス、4代マスカラ・ドラダ選手、5代と7代がボラドール選手とCMLLのトップ選手が巻いてきたベルトに初の外国人王者が誕生しました。




そして、新王者ターバン選手のCMLL遠征はタイトル奪取した30日のアレナ・メヒコ金曜定期戦で終了、アメリカROHへ帰ります。
CMLL側から見ればタイトルの海外流出。
タイトル奪還へROHへとルチャドールを送り込むのか?
送り込むのなら前王者ボラドール選手なのか?
それとも別の選手となるのか?
ROHのリングでアメリカ人選手を挑戦者に迎えて防衛戦が行われることもあるかもしれません。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

ボラドールvsKUSHIDAのカンペオナート 明日は新日本プロレスワールド初のアレナ・メヒコからのライブ配信

いよいよ明日、日本時間7月9日午前10時30分からは記念すべき新日本プロレスワールド初のアレナ・メヒコからのライブ配信。

7月8日アレナ・メヒコ金曜定期戦カード
メキシコ現地時間8日午後8時30分に開始されるアレナ・メヒコ金曜定期戦全対戦カードを改めて記載しておきます。
なお、CMLLでは出場予定の選手が出ずに代わりの選手が登場することがわりとあります。
1大会で1選手くらいではありますが。

第1試合
フエゴ&トリトン&エスフィンへvsヴィールス&エチセロ&ボビー・スィー

第2試合
ティタン&レイ・コメタ&マスカラ・ドラダvsバルバロ・カベルナリオ&ドラゴン・ロホJr.&レイ・エスコルピオン

第3試合 マッチ・レランパゴ VIP
ミスティコvsラ・マスカラ

第4試合 メヒコvs外国人部隊
ショッケル&ウルティモ・ゲレーロ&メフィストvsサム・アドニス&ジョニー・アイドル&OKUMURA

第5試合 メヒコvs外国人部隊
アトランティス&マキシモ・セクシー&ディアマンテ・アスールvsマイケル・エルガン&タマ・トンガ&タンガ・ロア

第6試合 NWA世界ヒストリック・ウェルター級カンペオナート
ボラドールJr. (王者) vsKUSHIDA (挑戦者)


最大の注目はなんと言ってもメインイベントで行われるカンペオナート。
今年のベスト・オブ・ザ・スーパー・ジュニアで2人は別ブロックだった為、対戦はありませんでしたが、KUSHIDA選手の今回のメキシコ遠征中の6月25日、マイケル・エルガン選手が優勝したカンペオナート・ムンディアル・エリーテ2016」トーナメントの準決勝で初対戦しています。

この時は雪崩式スパニッシュ・フライでボラドール選手が勝利しました。

また、両者は決戦直前の6日にCMLL情報番組インフォルマに出演。

KUSHIDA選手は「ボラドールに2つメッセージを送っておきます。良いニュースと悪いニュース。1つ (NWA世界ヒストリック・ウェルター級) のタイトルの名前がボクと闘うことで日本で有名になります。2つ、(ベルトが) ボラドールの腰からボクの腰に移ります。世界中に轟かす試合をしようと言っておきます」とコメント。

KUSHIDA選手とOKUMURA選手の後のゲストがボラドール選手。
最後にKUSHIDA選手が登場し、ボラドール選手と対峙。
ボラドール選手は「もしオレが負けたらKUSHIDAの方が上だと認めよう。もしオレが勝ったら次はIWGPジュニアヘビー級のベルトを賭けてオレの挑戦を受けろ。日本でもメキシコでもいい」と挑発。
KUSHIDA選手はこれを受諾し「アレナ・メヒコの天井がぶっ飛ぶぐらいの試合をしましょう」と語り、最後はがっちりと握手。
決戦のムードはさらに高まりました。

さらにKUSHIDA選手はご自身のブログにも意気込みを綴っています。〈「金曜日アレナメヒコの件/KUSHIDAオフィシャルブログ「KUSHIDAのプロレス浪漫飛行」〉

メキシコで行われるCMLLが管理するタイトルマッチの為、ボラドール選手の勝利を予想する方もいらっしゃるかもしれませんが、同じNWA世界ヒストリックのタイトルでミドル級ではこんなこともありました。
2012年3月30日にアレナ・メヒコで第3代王者ボラドール選手が新日本プロレスから遠征してきたプリンス・デヴィット (現フィン・ベイラー) 選手の挑戦を受け、デヴィット選手が勝利し、ベルトを奪取。
その後、メキシコで防衛戦は行われずに同年7月8日に後楽園ホールでタイチ選手を挑戦者に迎え、デヴィット選手が防衛。
プリンス・デヴィット ボラドールJr
7月29日にはベルト奪還に燃えるボラドール選手が来日し、後楽園ホールでリターンマッチ。
これもデヴィット選手が退けて2度目の防衛。
この後に開幕するG1クライマックスに参戦するルーシュ選手も出場したこの日は観戦に出掛けました。
ちなみにこの時のボラドール選手はまだマスクを失う前でした。
再びメキシコ遠征したデヴィット選手が9月28日にアレナ・メヒコでドラゴン・ロホJr.選手の挑戦を受け、防衛に失敗。
ドラゴン・ロホJr.選手が新王者となり、半年ぶりにようやくベルトがメキシコに戻ったのでした。

日本とメキシコを、新日本プロレスとCMLLを代表する選手同士の頂上決戦。
新日本プロレスワールドでアレナ・メヒコから初めてライブ配信する歴史的な日にベルトを巻いて歓喜し、配信の最後に映るのは王者ボラドール選手か?
それとも挑戦者のKUSHIDA選手か?
「アレナ・メヒコの天井がぶっ飛ぶぐらいの試合」を期待しましょう!!




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

1・22 NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2012 第6試合

ボラドールJr.
ラ・ソンブラ
ラ・ソンブラ
ボラドールJr.
ラ・ソンブラ ボラドールJr.
ボラドールJr. ラ・ソンブラ
ボラドールJr. ラ・ソンブラ
ラ・ソンブラ ボラドールJr.
ラ・ソンブラ ボラドールJr.
ラ・ソンブラ ボラドールJr.
ラ・ソンブラ ボラドールJr.
ボラドールJr. ラ・ソンブラ
ボラドールJr. ラ・ソンブラ
ラ・ソンブラ ボラドールJr.
ラ・ソンブラ ボラドールJr.
ボラドールJr. ラ・ソンブラ
ラ・ソンブラ ボラドールJr.
ラ・ソンブラ ボラドールJr.
ボラドールJr. ラ・ソンブラ
ラ・ソンブラ ボラドールJr.
ラ・ソンブラ ボラドールJr.
ラ・ソンブラ ボラドールJr.
ラ・ソンブラ ボラドールJr.
ラ・ソンブラ ボラドールJr.
ラ・ソンブラ ボラドールJr.
ラ・ソンブラ ボラドールJr.
ボラドールJr. ラ・ソンブラ
ラ・ソンブラ ボラドールJr.
ラ・ソンブラ ボラドールJr.
ラ・ソンブラ ボラドールJr.
ラ・ソンブラ ボラドールJr.
ラ・ソンブラ ボラドールJr.
ラ・ソンブラ
ラ・ソンブラ ボラドールJr.
ラ・ソンブラ ボラドールJr.
若干、寄り道しましたが、FANTASTICA MANIA 2012の最終試合、王者ラ・ソンブラがボラドールJr.を挑戦者に迎えたNWA世界ヒストリック・ウェルター級選手権試合。
ボラドールはオールブラックのマスクとコスチューム、ソンブラは黒ベースに金と白のマスクとコスチュームでした。
この試合も第4試合のマスカラ・ドラダvsKUSHIDA同様、新日ファンらしき人達から先にソンブラコールが起きるが、それに対抗するようにルチャファンらしき人達からボラドールコールが起こりましたが、私の席からはボラドールコールの方が少し優勢に聞こえました。
序盤はじっくりとしたメキシコ流のジャベの攻防。
グラウンド主体の展開から徐々に両者の最大の持ち味である大空中戦へ!
ソンブラはルチャドールとしては大型の肉体を活かしダイナミックに、そして難易度の高い空中弾。
ボラドールは決して難易度の高いモノではなく基本的な空中弾ですが、その空中姿勢の美しさで魅せるタイプ。
こういった所はミスティコと同タイプ。
試合開始から後楽園ホールの雰囲気は最高でしたが、両者の繰り出す空中弾に更に熱狂空間と化す後楽園ホール。
終盤は壮絶な消耗戦の様相を呈しました。
大技のラリーにいったいこの試合の結末はどうなるのか、全く予想のつかない展開。
我が身を削って良いものをハポンのファンに見せたいという2人の思いが伝わってきて本当に感動しました。
勝敗を分けたのは「今日の勝因?そうだな、やっぱりルールの違いがあって。メヒコは3本勝負、日本では1本勝負。でも、俺はその違いに慣れているからね。まったく問題ない。」とのソンブラの言葉通り、日本スタイルの慣れの差だったように思います。
そして3本勝負と1本勝負のルールの違い以外にメキシコとの違いを感じたのが間でした。
メキシコでも3本目の終盤に大技のラリーが展開されますが、1つの大技が決まった後、フォールの体勢に行き、カウント2で対戦相手が返す。
今度は相手が逆転し、大技を決めフォールにというのは日墨で共通ですが、この1つ1つの動きの間がメキシコではもっと長い。
ちょっと日本のプロレスファンにはイライラするようなゆっくりとした間が、メキシコでは観客の大声援が沸き上がるポイントのような気がします。
メキシコは1つ1つの動きにタメを作って観客を焦らして焦らして勝負を決める。
日本はハイスパートな展開で衝撃を上積みして観客を沸かす。
昨年のミスティコvsアベルノは3本勝負で行われ、アベルノの攻撃を食らったミスティコが大の字に横たわる時間が長かったように感じましたが、メキシコではここで一気にミスティコへの大声援が沸き上がりヒートするのですが、日本では「おいおい、ミスティコ大丈夫かよ?」と会場がシーンとしてしまい、なんとも言えないモッサリ感が漂う場面がありました。
「今年で大会も2回目だし、去年、ソンブラやドラダが何回も来たりして、だいぶCMLLの選手も新日本になじんできたな、と。あと、今回は日本に来た選手たちから『日本ってこのへんが違うよ』という前情報が選手間に行き渡ってたんじゃないかなって。」と内藤哲也が大会後に語っていたようにソンブラとボラドールはルチャを超えたルチャを日本のファン向けに披露してくれたのではないかと思います。
そういう意味ではソンブラの初来日から1年半、スーパージュニアやG1に参戦し、新日の過酷なリーグ戦に参戦した経験が物を言った結果だった気がします。
しかし、“最後の大物”ボラドールも素晴らしかった!

第6試合 60分1本勝負
CMLL認定NWA世界ヒストリック・ウェルター級選手権試合
○ラ・ソンブラ(21分47秒 ムーンサルト・ムーンサルト→片エビ固め)ボラドールJr.×
〈大会結果詳細/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉
〈試合速報/スポーツナビ〉

ラ・ソンブラ ボラドールJr. マキシモ ディアマンテ
FANTASTICA MANIA 2012 エンディング
FANTASTICA MANIA 2012 エンディング
FANTASTICA MANIA 2012 エンディング
FANTASTICA MANIA 2012 エンディング
FANTASTICA MANIA 2012 エンディング
FANTASTICA MANIA 2012 エンディング
FANTASTICA MANIA 2012 エンディング
FANTASTICA MANIA 2012 エンディング
FANTASTICA MANIA 2012 エンディング
死力を尽くしたソンブラとボラドール。
試合後には健闘を称え、ボラドールがソンブラのベルトを巻いてあげるシーンが。
感動の余韻に浸っていましたが、気付くとリングにマキシモとディアマンテが!
この後、他のCMLLルチャドールや新日の選手もリングに上がるエンディング。
ソンブラがマイクを握り、「最初にお礼を言いたい。この『FANTASTICA MANIA』に来てくれたファンの皆さん、本当にありがとう!(※大拍手)とりわけ、最強の挑戦者・ボラドール・ジュニアと闘い、この選手たちと集まって試合を見せられたことを、大変光栄に思う。(※大拍手)またここで、多くのレスラーと防衛戦をやりたいと思っています!(※大拍手)すべてのファンの皆さん、新日本プロレスの皆さん、また会えることを楽しみにしています!ありがとうございました。(※日本語で)」とメッセージ。

サインの入ったカラーボールが観客席に投げ入れられた後、メキシコ国旗を中心にリング上で記念撮影。
観客からは「ビバ!メヒコ!」の大合唱。
リング上ではCMLLルチャドール同士やCMLLルチャドールと新日レスラーの健闘を、そして大会の大成功を称え合う握手が、そこかしこで。
新日本プロレスとCMLL、プロレスとルチャリブレ、日本とメキシコの交流。
こんな心温まる光景を目の当たりにして感動するなというのが無理な話です。
きっと、ルチャを知らなかった人はルチャが好きになり、ルチャを好きな人はますますルチャが好きになって、真冬の寒い2日間でしたが、なんだか心はポッカポカで帰宅する大会になったと思います。
本当に素晴らしい2日間でした!

〈大会結果詳細/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉




 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン
カテゴリ別アーカイブ
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile

MISTICO TIGER

本名/非公開
生年月日/非公開
デビュー戦/'07年3月17日
身長/170cm
体重/80kg
出身地/非公開
趣味/プロレス観戦
   プロレスマスク収集

Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


マスク画像
観戦画像
free counters
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ