OKUMURA

ボラドールvsカサスとマキシモvsルーシュのカベジェラ戦!日本人4選手総登場!! オヘナヘ・ア・ドス・レジェンダスの一部カード発表

メキシコ現地時間2月24日 (水) にCMLLが会見を開き、3月18日 (金) に開催される春のビッグショー「オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス」の対戦カードのうち3試合が発表されました。
毎年3月に行われる「オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス」はCMLLの創始者サルバドール・ルテロ氏ともう1人の偉大な功績を讃える大会。
今年の「オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス」はNWAとナショナルの3階級制覇という偉業を成し遂げ、昨年12月16日に亡くなられたリスマルク選手を讃える大会となります。

さて、オメナヘの対戦カード発表会見はライブ配信され、アーカイブが残されています。


カマイタチ OKUMURA フウジン ライジン
まず初めに発表されたのがマスカラ・ドラダ&ミスティコ&ドラゴン・リー&バリエンテvsカマイタチ&OKUMURA&フウジン&ライジンの4対4でのメヒコ・コントラ・ハポン。
通常、組まれるカードは6人タッグかマノ・ア・マノ (シングルマッチ) のCMLLで日本人カルテットが登場。
2月にCMLL遠征をスタートさせたばかりのフウジン選手とライジン選手のビッグショー登場は大抜擢と言えるでしょうし、CMLL側の期待値の高さがうかがえますが、なによりも今年5月でCMLLでのキャリアが12年を迎えるOKUMURA選手の実績とドラゴン・リー選手を撃破し、悲願のCMLL世界ライト級王座奪取のカマイタチ選手の大活躍、そしてCMLLと新日本プロレスが築き上げて来た信頼感によるものが大きいと思えます。
会見には日本人4選手が登場しました。
カマイタチ選手の「ソイ カンペオン (オレがチャンピオンだ) ソイ ヌメロ ウノ (オレがイチバンだ)」がメキシコでも定着しつつある様子がうかがえます。
またライジン選手は雷の神らしく「メキシコ人のヘソをとる」とコメントしましたが、日本人なら思わずニヤリとしてしまうこのコメント、残念ながらメキシコ人には伝わらないでしょうね。
日本とメキシコの文化、風習の違い・・・。
ちなみに「カミナリがヘソをとる」の由来がちょっと気になったのでネット検索してみました。
ご興味ある方はリンク先へ→〈雷でへそを取られると言われるようになった由来/Yahoo!知恵袋〉

この会見の前後に収録されたと思われる4選手のインタビュー動画を見つけましたので、こちらも紹介します。

さらに発表されたのが、遺恨深まるボラドールJr.vsネグロ・カサスとマキシモ・セクシーvsルーシュの2つのカベジェラ・コントラ・カベシェラ (敗者髪切りマッチ) 。
こちらの2つの抗争は新日本プロレスHPにとてもわかりやすく解説されていますので、是非ご一読ください。〈現地時間・3月18日アレナメヒコで開催されるビッグショー『オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス』にて、カマイタチ&オクムラ&風神&雷神がタッグを結成!!/新日本プロレスリング〉
マキシモ・セクシー選手とルーシュ選手の抗争について1つ補足すると2月12日(金)のアレナ・メヒコで組んだ両選手、ルーシュ選手がマキシモ選手のベソ (キス) の誤爆を受け、対戦相手からスリーカウントを奪われたことから因縁が勃発し、翌週のマルコ・コルレオーネ選手との亀裂、そしてオメナヘでの決着戦という流れになります。

カベジェラ戦に臨む4選手のデータを調べてみました。
まずはボラドールJr.選手。
2013年9月13日にラ・ソンブラ選手に敗れて素顔になってからは昨年3月にマキシモ選手と組んでテリブレ選手とレイ・ブカネロ選手に勝利し、髪の毛を守っています。
オメナヘが2度目のカベジェラ戦。
次は対するネグロ・カサス選手。
こちらはデビュー時から素顔ですので、今までに行ったカベジェラ戦は27試合で17勝9敗1分け、勝率6割2分9厘。
最新のカベジェラ戦は新日HPにも記載されているボラドール選手の父スペル・パルカ選手に今年の元日に勝利。
マキシモ・セクシー選手は15試合で12勝3敗、勝率8割。
最新のカベジェラ戦はこちらも今年の元日にカマイタチ選手に勝利しています。
対するルーシュ選手は5試合で5勝とカベジェラ戦の数が少ないものの勝率10割を誇り、最新のカベジェラ戦は2014年8月のネグロ・カサス戦でもちろん勝利。

2月26日アレナメヒコ金曜定期戦カード
明日のアレナ・メヒコ金曜定期戦も2大カベジェラ戦の前哨戦が組まれています。
そして、日本人4選手も登場。
フウジン選手&ライジン選手はこれがCMLLのメインストーリーであるアレナ・メヒコ金曜定期戦に初登場となります。
2月26日アレナ・メヒコ金曜定期戦はClaro Sportsで日本時間27日 (土) 午前11時30分から無料のライブ配信があります。

さぁ!
大一番まで3週間!!
どんな結末を迎えるのか!?
そして追加カードの発表に期待しましょう!!




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

フウジン&ライジンのデビュー戦

ネット時代だというのに全く情報が拾えず、まだかまだかとちょくちょく覗いていたCMLL公式HP。
ようやく2月2日アレナ・コリセオ・デ・グアダラハラの試合画像がアップされました。

フウジン&ライジンのデビュー戦
〈RESULTADOS ARENA COLISEO DE GUADALAJARA – MARTES DE GLAMOUR/CMLL公式HP〉

予定通りに第3試合でフウジン&ライジンの2選手はOKUMURA選手とのトリオでストゥーカJr.選手&レイ・コメタ選手&エスフィンヘ選手と対戦。
残念ながらメキシコマット初戦を勝利で飾ることは出来ませんでした。
5枚の画像だけなので入場時のコスチュームなどがわからず残念。

デビュー戦の翌日、CMLL世界ライト級王者カマイタチ選手を加えた日本人4選手はCMLLの情報番組「インフォルマ」にゲスト出演。



OKUMURA選手が通訳してくれるとは言え、フウジン選手とライジン選手はスペイン語が飛び交うスタジオにどこか落ち着かない様子ながらもハキハキと質問に答えていました。
カマイタチ選手は余裕が感じられ、またメキシコのルチャファンからも完全に認められていることが伝わってきます。
カマイタチ選手に質問した少年と少女がそれぞれマキシモ・セクシー選手の「KISS ME」Tシャツとラ・ソンブラ選手の「ロス・インゴベルナブレス」Tシャツを着ていることにツッコミを入れるOKUMURA選手とカマイタチ選手が面白くもありました。

2月7日 アレナ・メヒコ カード
2月9日 アレナ・コリセオ・デ・グアダラハラ カード
さて、注目のフウジン&ライジン2選手は現在発表されているカードでは2月7日(日)アレナ・メヒコでリーガ・エリテに出場し、これが2人の“ルチャの殿堂”デビュー。
そして9日(火)には再びアレナ・コリセオ・デ・グアダラハラに登場します。
この2大会はいずれもライブ配信がなく、またもや2人の闘う姿を日本から観ることは出来ません。
早くライブ配信のある定期戦に登場することを願いましょう。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

フウジン&ライジンのデビュー戦決定!!

小松洋平 田中翔
ファンタスティカマニア2016で壮行試合を行い、昨日メヒコへ向けてOKUMURA選手、カマイタチ選手と共に旅立った小松洋平選手と田中翔選手のフウジン&ライジンのデビュー戦が決まりました。

現時点(2月1日14:52 日本時間)ではCMLL公式HPのグアダラハラのカードはまだ更新されていませんが、リンク先のツイートはluchablogさん系のアカウントですので、ほぼソースとしては間違いないでしょう。
憶測で申し訳ありませんが、このツイートの画像のチラシはおそろくグアダラハラ日曜定期戦で配られた次大会、グアダラハラ火曜定期戦のチラシだと思います。
このチラシに記載されているカードは──

2月2日(火)アレナ・コリセオ・デ・グアダラハラ
第3試合
ストゥーカJr.&レイ・コメタ&エスフィンヘvsOKUMURA&フウジン&ライジン

日本時間では3日(水)となります。
ファンタスティカマニアに3度参戦しているストゥーカ選手と2度参戦しているコメタ選手が対戦相手に名を連ね、全く知らないルチャドールよりは闘い易い相手だと思いますし、何よりOKUMURA選手とのトリオというのが2人にとっては心強い。

ただ、残念なことにグアダラハラでの大会はライブ配信がなく、フウジン&ライジンのデビュー戦を映像で確認するのは困難です。
CMLLからみれば、信頼関係を築いてきた新日本プロレスのヤングライオンとは言え、まずはあまり映像の出ないグアダラハラで、その実力を測る狙いもあるのかもしれません。

さぁ、どんな姿で登場し、どんなルードファイトを披露してくれるのか?
そして、後楽園ホールを大爆発させたカマイタチ選手に続く、大活躍が楽しみでなりません。

以上、珍しく仕事の合間に速報しました。
万が一、情報が間違っていた場合はもちろん後ほど訂正しますが、今までの経験上、ほぼ間違いないだろうとの判断で書いています。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

ドラゴン・リーとカマイタチのバックステージインタビュー動画

12月4日(金)アレナ・メヒコで行われた王者ドラゴン・リーvs挑戦者カマイタチのCMLL世界スーパーライト級タイトルマッチ。
1度はカマイタチの王座奪取がアナウンスされるもマキシモ・セクシーの抗議により試合続行。
大激戦の末、結局はドラゴン・リーがカマイタチ相手に4度目の防衛に成功した訳ですが、この試合後の両者のバックステージインタビューの動画がアップされていました。



ドラゴン・リーが何を語っているのか、私にはほぼわかりませんが、熱戦を終えてベルトが自身に戻ってきた安堵感が漂っているように感じます。
そして来年1月に新日本プロレスで行われるファンタスティカマニアに話しが及ぶと、ある日本人レスラーの名前がドラゴン・リーの口から発せられます。



一方、裁定が覆り怒り心頭のカマイタチは一気にまくしたてます。
その怒りの炎はドラゴン・リーはもちろん、この日、ドラゴン・リーのセコンドについたマキシモにまで及びます。

5度目のタイトルマッチが組まれるのか、それともマスカラ・コントラ・カベジェラに発展するのかは定かではありませんが、ドラゴン・リーvsカマイタチの再戦は必至。
もしかすると、この日のセコンドも含めたマキシモ・セクシー&ドラゴン・リーvsカマイタチ&OKUMURAの抗争になるのかもしれません。
ドラゴン・リーは兄ルーシュと同じく、かなり日本のプロレスの映像を観ているのでしょう。
華麗なルチャリブレの空中戦はもちろん見せるものの、基本的には当たりの強い日本スタイルだと思いますし、繰り出す技のいくつかは日本でしか使われていないものが多く見受けられます。
カマイタチ=高橋広夢の日本凱旋がいつになるのかはわかりませんが、ドラゴン・リーとの抗争は是非とも日本にも持ち込んでもらいたいと思います。
そう遠くない未来にカマイタチ=高橋広夢とドラゴン・リーがIWGPジュニアのベルトを賭けて名勝負数え唄を繰り広げることを今から妄想しています。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

今週のアレナ・メヒコ金曜定期戦に棚橋&タイチ&OKUMURA&ナマハゲの日本人カルテット登場

ふく面ワールドリーグ戦の観戦記の合間に挿みたかったネタの第2弾いきます!

予選リーグの2週目を突破し、8月31日(金)のカンペオン・ウニベルサル2012決勝戦にまで進出するも残念ながら栄冠を逃した棚橋弘至。
テリブレとの決勝戦から1週間後の9月7日(金)のアレナ・メヒコではメキシコならではのカードが実現します。

9月7日アレナ・メヒコ対戦カード

そう、この日からタイチがCMLL遠征を開始し日本人カルテットを結成!
先週のカンペオン・ウニベルサル決勝戦の直後にはこのカードが発表されていましたが、これを今日知ったらしいタイチがTwitterでつぶやく。
セミファイナルの第5試合に組まれたのはメヒコ・コントラ・ハポンのトルネオ・シベルネティコ。
対戦カードは棚橋弘至&タイチ&OKUMURA&ナマハゲvsネグロ・カサス&ラ・マスカラ&ブラック・ウォリアー&バリエンテ。
日本でも対戦相手によっては観客の遊び心からブーイングを食らうこともある棚橋ではありますが、今回で4度目の遠征となるメキシコではいずれもルードとして闘っています。
ですから、棚橋&OKUMURA&ナマハゲ、もしくはタイチ&OKUMURA&ナマハゲのトリオならば全く違和感はないのですが、やはり現在の棚橋とタイチが同じコーナーに並ぶことには違和感がありあり。

棚橋弘至 タイチ OKUMURAしか〜し、タイチも触れているように棚橋&タイチ&OKUMURAはCMLLの歴史に厳然とその名を刻むトリオなのです。
2年前の2010年5月7日、“ルチャの殿堂”アレナ・メヒコでエクトール・ガルサ&ラ・マスカラ&イホ・デル・ファンタスマを撃破し、第21代CMLL世界6人タッグ王者に君臨しているのです。
このベルト奪取の報をマスカラ・ドラダ&バリエンテが初来日した新日本プロレスの「SUPER J TAG TOURNAMENT 1st」のJCBホール(現TOKYO DOME CITY HALL)に向かう電車内で知り、携帯からブログに速報したので、ドラダ&バリエンテの荷物遅配の一件とともによく覚えています。
結局、このトリオは5月21日に所は同じアレナ・メヒコでラ・ソンブラ&ラ・マスカラ&マスカラ・ドラダに王座を奪われ、僅か2週間の戴冠となってしまいましたが、CMLL世界6人タッグ王座史上、メキシコ人以外の王者組は棚橋&タイチ&OKUMURAだけなのです。
対戦相手のメキシコチームもラ・マスカラとバリエンテがテクニコ、ネグロ・カサスとブラック・ウォリアーはルードと普段はあまり組む機会のない混成チームです。
もっと言うとCMLLは6人タッグが主流で8人タッグはほとんど組まれません。
チームワークに難のある同士の対決、いったいどんな連携プレイが見られるのか?
ひょっとすると珍プレイも!?
トルネオ・シベルネティコという試合形式はおそらくフォール、ギブアップを獲られた者は失格し、退場となる日本ではイリミネーションマッチと呼ばれるものと同様で最後まで生き残ったチームが勝利だと思われます。
遠い異国のメキシコで棚橋とタイチの遠征期間が生んだ偶然のカード。
あっ、そういえば前回、2人の遠征期間が重なった時にはエッチな本で意気投合したな〜んて話もありましたねぇウワハハハハハハハハハ!〈棚橋弘至メヒコで食あたり 光より早く回復した特効薬は?/Mask Maniaへの道!!〉

前回のメキシコ遠征でルード開眼したタイチは帰国後“世界一こずるい男”まっしぐら。
今回は鈴木軍に籍を残したまま「帰国は未定」の遠征ですが、昨年も「無期限」でCMLL遠征した獣神サンダー・ライガーも「紅白歌合戦を見たいから」との理由で(?)その年のうちには帰国していますので、タイチも年内に帰って来るのではと予想しています。

そして、この日のメインは奇しくも棚橋&タイチ&OKUMURAが保持していたCMLL世界6人タッグのタイトルマッチ。
王者組のルーシュ&マルコ・コルレオーネ&マキシモにウルティモ・ゲレーロ&ドラゴン・ロホJr.&レイ・エスコルピオンが挑みます。
こちらは挑戦者組のゲレーロスが仲間割れ、空中分解する気配をプンプン感じます。
前にも書きましたが、ロホはいつまでもゲレーロの傘下でいる訳にはいきません。
ルックスも良く、女性人気も高いロホですから、そろそろ一本立ちし、自分がユニットのリーダーにと野心を抱くのは自然なこと。
この野心がなければ層の厚いCMLLでトップに立つことは到底不可能だと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

ナマハゲ試合動画

ナマハゲ最近、気になって気になって仕方のないナマハゲの試合映像がついにYouTubeにアップされました!
ただし、この動画は2月5日(日)のアレナ・コリセオでのデビュー戦ではなく、その2日後の“ルチャの殿堂”アレナ・メヒコ初登場の試合です。
カードはサングレ・アステカ&メトロ&フエゴvsミステリオッソJr.&OKUMURA&ナマハゲ。



メキシコに渡って短期間でルチャ独特の攻防の基本をしっかり身に付けていることが見て取れます。
しかし、どうも「ナマハゲ」という単語はメキシコ人には発音しにくいようです。
前半こそ、実況陣はかろうじて「ナマハゲ」と発音していますが、後半になるにつけ、その発音が徐々に怪しく、ほとんど「ナマハグァ」になっている!(笑)
2本目にコーナに投げられ尻餅をついた状態でメトロの背面アタックを食らったシーンは・・・。
現地のファンもぼちぼちその正体に気付き始めているようです。
コリセオのデビュー戦は勝利、この2戦目は敗北となりましたが、ミステリオッソ&OKUMURAの頼れるベテランルードとのトリオはナマハゲにとって勉強になることが多いでしょう。
要所要所でパワフルな攻撃を繰り出し、これからの活躍に期待です!

プリンス・デヴィットこの動画の途中にも紹介されていましたが、来月はいよいよ新日本プロレスからプリンス・デヴィットが遠征します。
〈【欠場期間を修正しました】3月15日からプリンス・デヴィット選手のメキシコCMLL遠征が決定!!/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉

CMLL公式サイトでも「完璧にメキシカンスタイルに適応することが出来る世界最高のファイターの1人がついにやって来る」といった感じで紹介されています。
ラ・ソンブラやマスカラ・ドラダなど新日常連ルチャドールにとっては最も意識している選手の1人であろうデヴィットのメキシコ遠征。
テクニコなのかルードなのか、立ち位置はまだ不明ですが、CMLLルチャドールとの絡みはどれも興味津々!
デヴィットのメキシコ遠征はCMLLに多大なる影響を与えそうな気がしています。

ディアマンテ・アスールそしてナマハゲ組と対戦したメトロが3月2日(金)に行われる春のビッグショー「オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス」でディアマンテ・アスールにキャラクターチェンジすることが発表されました。
メトロは初代が昨年3月に亡くなったファビアン・エル・ヒターノで2代目がネウトロン。
'09年1月に登場した現在の3代目メトロは前名ロマノの変身でマスカラ・ドラダ&ストゥーカJr.とナショナル6人タッグ王座を保持していたこともあります。
こちらのCMLLオフィシャルの画像の方が鮮明でマスクがよくわかりますが、一見ブルー・デモンを思わせるカラーリングとデザインに額にダイアモンドの模様が縫い付けられています。スポル生地(に見えます)に銀の縁は現在のトレンドであるホログラム素材が使われていますが、かなりクラシカルなマスクですね。
こういう方向性は良いと思います。

さて、この他、タイトルが2つ移動、また「オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス」でネグロ・カサスvsブルー・パンテルのカベジェラ戦が決定と話題の多い最近のCMLLですが、その辺りはまた後日、更新したいと思います。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

「なまはげ」がメキシコを襲う!

メキシコにまたオリエンタルキャラの新マスクマンが登場!
その名もNAMAJAGUE、つまりはナマハゲ。
デビューに向けたプロモーションが始まりました。
その気になる風貌がこちら!

ナマハゲOKUMURA ナマハゲ
コスチュームに「投」「極」「殴」「絞」の4文字が縫い付けられていますが、モチーフは完全に大晦日に秋田県の男鹿市と三種町、潟上市の一部の各家々で行われる伝統的な民俗行事の赤鬼!
みちのくプロレスにいそうでいなかったキャラが地球の裏側メキシコで誕生します。

2月5日アレナ・コリセオ 対戦カード
2月5日(日)、アレナ・コリセオのデビュー戦のカードはブラック・ウォリアー&サングレ・アステカ&サグラードvsミステリオッソJr.&OKUMURA&ナマハゲで全5試合中、3試合目に組まれています。
ちょっと肌を焼いているOKUMURAよりも色白で、目元を見ても中身は日本人のようです。
提携する新日本プロレスからCMLL遠征に旅立つ選手は発表されていませんし、新日の今後の対戦カードを見ても名前のない選手は見当たりませんので現地でルチャ修行中の日本人選手の変身!?
かなり気になります。
今後のナマハゲの活躍に注目!

そして、まだ日本では発表されていませんが、近い内に新日からまだメキシコに渡ったことのない某大物選手がCMLL遠征するようです。
ファイトスタイル的にかなり楽しみ!
テクニコなのか、ルードなのかはまだわかりませんが、CMLLのルチャドールにとって、かなり気になる選手の1人でしょうから熱い戦いが期待出来そうです。

ナマハゲのデビュー以外にも今週末はメキシコのトモダチの試合とみちのくの新ユニット「阿修羅」の本格始動に注目しています。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

1・21 NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2012 第2試合

YOSHI-HASHI
OKUMURA 下田美馬
キング・ファレ タマ・トンガ
OKUMURA タマ・トンガ キング・ファレ
YOSHI-HASHI キング・ファレ 下田美馬
タマ・トンガ YOSHI-HASHI
キング・ファレ タマ・トンガ
キング・ファレ タマ・トンガ
キング・ファレ タマ・トンガ
キング・ファレ 下田美馬
タマ・トンガ 下田美馬 OKUMURA
YOSHI-HASHI キング・ファレ
YOSHI-HASHI キング・ファレ
OKUMURA YOSHI-HASHI 下田美馬
第2試合はメキシコから凱旋帰国2戦目となるYOSHI-HASHIが登場。
OKUMURAと組み、セコンドには下田美馬が付くメキシコと同じラ・オラ・アマリージャ仕様。
イッテンヨン、ドームでのオカダ・カズチカ戦で良い所なく敗北を喫したので、ここからの巻き返しに期待していましたが・・・。
本来の性格が真面目で大人しいのか、それこそ対戦相手の口にタコスをぶち込むような暴れっぷりを見せて欲しい!
ただフィニッシュのスワントーンボムの空中姿勢は華麗でしたが、これだってルードの技としてはイメージ的にどうなのかという部分もあります。
もっともっと振り切ってもらいたい!
メヒコ帰りの選手ですから活躍を期待しています!

パートナーのOKUMURAはもうすぐメキシコに渡って8年のベテランルードだけあって、タマ・トンガにカンフーの鶴のポーズで威嚇するなど、きっちり見せ場を作りました。

度々、試合に介入してくるセコンドの下田をファレとトンガが何故かキスで排除という完全に第1試合の影響が出たような気がします。
下田が1番得した試合だったかも(笑)

第2試合 20分1本勝負
OKUMURA&○YOSHI-HASHI(11分27秒 スワントーンボム→片エビ固め)キング・ファレ×&タマ・トンガ
〈大会結果詳細/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉
〈試合速報/スポーツナビ〉




 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

“荒武者”後藤洋央紀 3・25アレナ・メヒコのメインに登場!

3・25 アレナ・メヒコ 対戦カード
後藤洋央紀 OKUMURA OHARA 下田美馬3月23日に日本を出発、帰国時期は未定の新日本プロレス、後藤洋央紀のCMLL初戦が発表されました。
3月25日(金)アレナ・メヒコでアベルノ&メフィストと組みマスカラ・ドラダ&ブラック・ウォリアー&ルーシュとメインで対戦!
前回'06〜'07年のCMLL登場は若手時代の海外武者修行的な雰囲気でしたが、今回は提携団体、新日本プロレスからトップの一角がやって来る!といった受入れ態勢ですね。
オメナヘ・ア・ドス・レジェンダスで生まれた抗争に後藤が加わりました。
さて、メキシコでどんな活躍を見せてくれるでしょう?
日本のことはしばし忘れ、思い切り暴れて欲しいです!


吉橋伸雄吉橋伸雄
そして後藤のメキシコ遠征が追い風となりそうなのが、昨年6月からCMLLに上がってはいるものの、これといったチャンスに恵まれていない吉橋伸雄。
今後の対戦カードに吉橋の名前を確認していないので、ひょっとすると後藤と入れ替えで帰国という可能性もなきにしもあらずですが、日本と違ってメキシコは数週先のカードまで発表される訳ではありませんし、新日側からも帰国の発表もありませんので、6人タッグが主流のメキシコマット、ここは後藤&OKUMURAとの日本人トリオでトップ戦線に食い込んで欲しい!
そうそう、あまり目立った活躍がないのでメキシコのルチャ系サイトで吉橋の姿を目にする機会はあまりないのですが、たまに見かける吉橋はちょっと例えようのない奇妙なペイントを施しています。
毎回ペイントが違うような気もします。

昨年5月7日には棚橋弘至が遠征初戦でタイチ&OKUMURAとのトリオでいきなりエクトール・ガルサ&ラ・マスカラ&イホ・デル・ファンタスマから外国人初のCMLL世界6人タッグ奪取という快挙もありました。
CMLLマットで日本人トリオが旋風を起こすのを楽しみにしています!
ブログのネタに困らないという個人的事情もありますが(^_^;)
頑張れ!後藤、OKUMURA、吉橋!!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW

1・22 NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2011 第4試合

ジャイアント・バーナード カール“ザ・マシンガン”アンダーソンアトランティス OKUMURA
バーナード アンダーソン アトランティス OKUMURAアトランティス OKUMURA
ジャイアント・バナード “ザ・マシンガン”カール・アンダーソンアトランティス ジャイアント・バーナード
アトランティス バーナード アンダーソンバーナード OKUMURA アンダーソン
アトランティス OKUMURA アンダーソンアトランティス OKUMURA バーナード
アトランティス OKUMURA バーナードジャイアント・バーナード “ザ・マシンガン”カール・アンダーソン
ジャイアント・バーナード “ザ・マシンガン”カール・アンダーソンバーナード アンダーソン 中西もしかしたら、この試合アトランティスとOKUMURAの良い所なく、体格差によって一方的な試合になってしまうのではないかと思っていました(すみません)。
IWGPタッグ王座を賭ける必要があるのかと・・・。
バッドインテンションズは外国人チームとは言え、イッテンヨン東京ドームでタイトル防衛後「シンニッポン、イチバーン!」と叫んでいて、その新日愛からベビーでもおかしくない。
一方、CMLLチームは本国メキシコではルード。
でもOKUMURAはこの試合唯一の日本人。
観客の声援がどちらに集まるのか注目していました。
試合が進むにつれ、やはりバッドインテンションズがその圧倒的な体格差を武器にCMLLチームを攻める。
バーナードに攻撃されるOKUMURAにアンダーソンがコーナーから「オクムラ、オクムラ」とおちょっくった声援を送るなどバッドインテンションズがヒールというかルード的な行動に出ると観客の声援はルチャのレジェンド、アトランティスと日本人OKUMURAに集まり出す。
バッドインテンションズにはブーイングも。
アンダーソンのムード作りは上手かった。
そして、あわやベルト奪取!とはいかないまでも巨漢相手に十分に見せ場を作ったアトランティス&OKUMURAも素晴らしかった!

この試合前にリングサイドの本部席へ座った中西学が試合後に日墨マッスル・オーケストラでの再挑戦をアピール。
ストロングマンとのコンビはまだまだ続きます。

第4試合 60分1本勝負
IWGPタッグ選手権試合
(王者組)ジャイアント・バーナード&○“ザ・マシンガン”カール・アンダーソン(13分6秒 ガン・スタン→片エビ固め)アトランティス&OKUMURA×(挑戦者組)
※第57代王者組が5度目の防衛に成功
〈大会結果詳細/新日本プロレスオフィシャルWEBサイト〉
〈試合速報/スポーツナビ〉

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile
Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


マスク画像
観戦画像
free counters
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ