WWE

「第二のふるさと」に神の子が帰って来る!!

シン・カラ母国メキシコで彼の名を継ぐ2代目誕生のニュースが報じられた翌日、「第二のふるさと」と愛して止まないハポンに“神の子”が帰って来ることが決定!!
〈最新対戦カード発表!ロウリネイティスGMの試合出場、シン・カラ来日が決定!/WWE : NEWS〉

8月9日(木)、10日(金)に両国国技館で開催されるWWE日本公演「WWE Presents スマックダウン・ワールドツアー2012」の来日スーパースターにシン・カラの名前が追加されました!
もしかしたらとは思っていましたが、遂に来日が正式決定。
およそ1年半ぶりに神の子がやって来ます。
もちろんWWEのシン・カラとしては初の来日。

彼のメキシコでのニックネーム“El Principe De Plata y Oro”は2人いたとしても日本でのニックネーム“神の子”は私にとって唯一無二。
それはたとえリングネーム変更を余儀なくされ、マスクやコスチュームのデザインがマイナーチェンジされても、イメージカラーが水色になり、復帰後のそれが赤になったとしてもやっぱり彼しかいないのです!
問題なのは都内で平日の2連戦だということ。
けれど、やっぱり彼が来るのならば、試合開始の19時には間に合わなくとも彼の試合だけでも見届けに両国へ行こうかと俄然、思い始めてしまっています。
「シン・カラ」コールではなく、メキシコ公演の時と同じ「ミスティコ」コールが巻き起こったりなんかしたら、確実に泣きます(笑)


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン

“仮面貴族”殿堂入り

先月、来日40周年記念試合で華麗なるファイトを日本のファンに披露してくれた“仮面貴族”“千の顔を持つ男”ミル・マスカラス。
その後、10月16日にパラシオ・デ・ロス・デポルテスで行われたWWEメキシコ公演、スマックダウン収録に登場しました。



HHHが呼び込む形で発表されたのは来年のレッスルマニア前日に開催されるホール・オブ・フェイムの殿堂入り!
過去の殿堂入り選手をWikipediaで調べてみると、2006年に殿堂入りしたエディ・ゲレロはテキサス州エル・パソ出身のメキシコ系アメリカ人となっていますので、マスカラスはメキシカンで初の快挙!
1972年12月18日に初めて覆面を被ったままMSGに登場した人物として歴史に名を刻んでいるマスカラスですが、ハルク・ホーガンのミスター・アメリカ、ロディ・パイパーのマスクド・カナディアン、エディ・ゲレロの2代目ブラック・タイガー、ビッグジョン・スタッドなど一時的にマスクを被っていた選手はいてもマスカラスのようにずーっと長い間、マスクを被り続けた選手はおらず、実質上、史上初のマスクマンの殿堂入りと言って良いでしょう。
この殿堂入りには甥であるアルベルト・デル・リオの活躍ももちろん大きいと思います。

マスカラス 切手今年は5月に本国メキシコで記念切手の発売、日本では来日40周年記念試合「仮面貴族FIESTA2011」開催。
今回の発表の舞台はメキシコでしたが、殿堂入りの表彰は来年アメリカ、フロリダ州マイアミのサンライフスタジアムで行われるレッスルマニアXXVIIIの前日に行われます。

日米墨で偉大なる足跡を残し、今もなお、輝き続ける仮面貴族。
来年のホール・オブ・フェイムではいったいどんなスピーチを聞かせてくれるのでしょう?
そして、まだ気は早いですが、来年もまた「仮面貴族FIESTA」で我々日本のファンに勇姿を見せてくれることを楽しみにしています!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン Mistico Tiger 3rd Trade Mask

神の子メヒコ凱旋

CMLL所属のミスティコとしてのラストマッチを日本で戦った後、メヒコのファンにアディオスを告げることなくWWEに移籍し、リングネームをシン・カラとした神の子が遂に母国凱旋!
WWE RAW World Tour 2011のメキシコ公演、5月12日(木)グアダラハラ、翌13日(金)メキシコシティー、パラシオ・デ・ロス・デポルテスで2戦を行いました。

シン・カラ
シン・カラ

WWEの公式サイトにアップされたこの2枚の画像はこちらまで嬉しくなってしまいます。
英雄の母国凱旋をまさしく大歓迎!
2日目のパラシオ・デ・ロス・デポルテス大会は週刊プロレスmobileで「“英雄”シン・カラが母国凱旋/WWEメキシコ試合結果」としてトップニュースで報じられました。
セミファイナルにマッチメイクされたシン・カラのテーマ曲が流れると、会場の観客は“新たなメキシコの英雄”に大歓声を送った。試合はロックアップからスタート。この時点でシン・カラコールが起こるが、ブレイクし、2度目のロックアップを相手のドルフ・ジグラーに腕を取りに行かれると、ヒーローのピンチに客席からは思わず胸の中にしまっていた名前が飛び出してしまったのか、大ミスティココールが場内を渦巻いた。これに後押しされたシン・カラはミスティコ時代と同じポーズで、場内のミスティココールを誘導する。約4ヶ月ぶりにメキシコ・シティー登場とあって、かつてのミスティコ・ムーブに会場は大熱狂。しかしジグラーは連続攻撃を許さず、合間に反撃を見せる。しかし最後はスパニッシュ・フライで3カウントを奪ったシン・カラが地元凱旋を勝利で飾った。


思わずわき起こった大ミスティココール。
このメヒコのお客さんの気持ち、よ〜くわかります。
7月に予定されていたWWEの日本公演は震災の影響でどうも中止になってしまったようですが、シン・カラとして「第二のふるさと」日本に帰って来て試合を観戦し、ピンチになったらメヒコのお客さんと同じく、ついミスティコ!って叫んでしまうと思います。
シン・カラの試合をYouTubeにアップされる度に観ています。
彼はどこに行っても大声援を浴びていますが、今回のメキシコ公演、テレビマッチではなかったので映像で確認することは不可能だと思いますが、きっとどこの国よりも熱烈な声援を浴びたことでしょう。

12日のグアダラハラではファンと触れ合うイベントも行われたようです。

シン・カラ

この時にシン・カラが被っていたのが今までのデザインとは違うマスク。
基本的なデザインは同じものの目のメッシュと縁は銀になり、その回りの金ホログラムもここ最近メヒコではポヒュラーな波模様の物。
そして目の横には新たに模様が追加され、後頭部には今までの十字架とは違う何かが縫い付けられているようです。
上の画像をクリックするとWWEのサイトに飛び、他の画像も確認出来ますので、ご覧下さい。

シン・カラのマスクはWWE入団会見と時を同じくして公開されたプロフィール画像のマスクが初代。
入団会見と今までのテレビマッチで被っている物が2代目。
そして今回のグアダラハラで被った物が3代目になります。
WWEはマスクやコスチュームまで細かく契約内容に記されていそうで、今後このグアダラハラモデルでテレビマッチに登場することはないかもしれません。
このマスク、今までのブシオ製とはちょっと違う印象を受けます。
色的にはこちらの方がハッキリしていて好みではありますが・・・。


あぁ、そういえばこのWWEの侵攻を迎え撃つ形となったCMLLアレナ・メヒコ金曜定期戦に「新ミスティコ登場」の噂がありましたが、噂は噂で終わりました。
〈シン・カラがメキシコ凱旋 興行合戦旗手 プロレスニュース/nikkansportscom〉

何はともあれ2代目ミスティコが登場しなくて本当にホッとしました。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン Mistico Tiger 3rd Trade Mask

ドラダ初の巡業帯同 5・3どんたくでライガーのCMLL世界ミドルに挑戦

マスカラ・ドラダ4月16日(土)三重・四日市オーストラリア記念館で開幕する新日本プロレスの「NEW JAPAN BRAVE 2011」と5月3日(火・祝)福岡・福岡国際センター「レスリングどんたく 2011」、5月4日(水・祝)岡山・岡山県卸センター・オレンジホール「NEW JAPAN LIVE IN OKAYAMA」にマスカラ・ドラダの参戦が発表されました。
そして、新日にとっては次のビッグショーとなる5月3日「レスリングどんたく 2011」で獣神サンダー・ライガーの保持するCMLL世界ミドル級王座に挑戦します。

昨年5月8日にJCBホールで開催された「SUPER J TAG TOURNAMENT 1st.」で初来日以来、この1年間で実に5度目となるハイペース。
今年はイッテンヨン東京ドーム、同じ1月の22&23日の「FANTASTICA MANIA 2011」にも参戦していますので、これが早くも3度目の来日!
シリーズの日程を見てみると4月19日(火)後楽園ホールと唯一、関東での開催があるだけで他は全て関東よりも西の地で行われます。
ドラダ参戦となれば観戦したい!と思いますし、4月3日に同じ後楽園ホールで行われた「NEW DIMENSION〜Pray,Hope,Power〜」が大爆発と勢いに乗る新日だけに久しぶりの観戦に出掛けたいところですが、いかんせん平日なので今回は断念します。
もう少し待てばCMLLルチャドールの参戦があると思われるスーパージュニアがありますし・・・。

ミスティコという“玉”を失い、“飛車角”に当たるであろうラ・ソンブラとドラダのうち一方をおよそ3週間の巡業に帯同させるCMLLの決断には驚きましたが、そこはライガーに明け渡し1年が経つCMLL世界ミドル級王座奪還が至上命令のようです。
現地時間、4月7日(木)、メキシコ・CMLLが、アレナメヒコ内のサロンにて記者会見を行った。この会見に登場したのは、脅威の“5次元空中殺法”を持つ天才ルチャドール、マスカラ・ドラダ。
 
 この会見では、マスカラ・ドラダが自身の持つ、CMLL世界スーパーライト王座を返上することがあきらかとなった。返上の理由はライガーの持つミドル級選手権に専念するためというから、気合が入っている。
 
 加えて、すでに日本では発表済みだが、ドラダが新日本プロレスの4月シリーズ『NEW JAPAN BRAVE』への参戦がアナウンス。さらに、5月3日『レスリングどんたく』福岡大会で行われるCMLL世界ミドル級選手権、王者・ライガーへの挑戦に向け「新日本のビッグショーでライガーを倒し、CMLLのベルトを取り戻しメキシコに持ち帰ってくる」とコメント。
 
 ライガーが、ネグロ・カサスからベルトを奪取したのが、1年前の『どんたく』。1年越しの奪回チャンスだけに、ドラダを送り出すCMLL側も期待が大きい。ドラダが福岡でどんな闘いを見せるか、注目だ。

この会見の模様はYouTubeに動画がありました。



一時はCMLL世界タイトルのウェルター、スーパーライト、6人タッグの3つとナショナル6人タッグの4冠王に輝いていましたが、今回のスーパーライト返上で残るはソンブラ&ラ・マスカラと保持するCMLL世界6人タッグのみ。
CMLL世界ミドル級王座奪還へ背水の陣で臨みます。

そして今回の来日がドラダにとっては初となる新日の巡業帯同。
少しの不安はありますが、カネックの時代とはガラリと雰囲気の変わった新日本プロレス。
今はメキシコマット経験者も多いですし、伝え聞いたり、感じたりしているドラダの性格的には大丈夫だと思います。
シリーズ途中の4月22日(金)長野・松本めいてつショーホールからはメキシコマットの経験豊富なロッキー・ロメロが参戦して来るのもドラダにとっては心強いかもしれません。
ジュニアが主役のシリーズではないので通常通り、場外フェンスが設置されるであろうことの方が、ちょっと心配だったりします。
でもドラダの“5次元空中殺法”で西日本のファンの人達を多いに沸かしてくれることでしょう!
この巡業で新日スタイルも勉強して「どんたく」でベルト奪取!が理想ですね。
きっと今回の経験はメキシコに帰ってからも活きると思います。


そして!
WWEでのTVデビューを果たしたシン・カラが今度はスマックダウンに登場!!



ハンドスプリング・エルボーからティヘラ、そして場外へトルニージョ!
しかし、ロウのシェイマスといい、スマックダウンのスワガーといい、とにかくデカい。
よくわかりませんが、ロウとスマックダウンの両ブランドで顔見せなんていう破格のデビューは今まであったのでしょうか?
来週はいよいよ初TVマッチとなるのでしょう。
どちらのブランドでどちらの相手と抗争をおっ始めるのか?
やっぱり彼の動向は気になります!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW

シン・カラ 遂にTVデビュー!

ミスティコのWWEでのキャラクター、シン・カラが4月4日(月)のWWE、RAWで行われたUS王座戦、王者シェーマスvs挑戦者ダニエル・ブライアンの試合後、遂に登場!



WWEはフジテレビが深夜に放送していた頃はよく観ていたのですが、最近のスーパースターは詳しくありません。
ダニエル・ブライアンって新日本プロレスに参戦していたアメリカン・ドラゴンですよね?
これを機にWWEも勉強しなきゃですね。

ティヘラからドロップキック、ロープを挟んでのハイキックを見舞い、コーナー最上段に駆け上がってプランチャと得意のムーブをお披露目。
登場した時の黄金のガウンはFANTASTICA MANIA2日目のアベルノ戦で身に纏っていた物と少し似てましたね。
来週以降の展開が楽しみです。


こちらは詳細不明ですが、動画の説明を読むと3月21日にメキシコで放送されたらしい「Platanito Show」という番組。



放送はWWE移籍発表以降ですが、もちろん収録の時点ではCMLL所属のミスティコとしてだったのでしょう。
スペイン語はわかりませんが、ミスティコのお茶目な一面が観れて微笑ましい。

ミスティコミスティコ
この動画を観て気付いたのですが、ミスティコの額十字架モデルは2種類あったんですね!
気付くの遅いよっ!って話もありますが・・・(汗)
貼った画像2枚よりも遥かにシン・カラ寄りのデザインのマスクを被って出演していました。
この額十字架モデルとアベルノとのコラボ「ルードタイプ」を足し、アメコミ風にアレンジして出来上がったのがシン・カラのマスクという印象です。
額十字架モデルを被り始めた昨年末辺りからWWE移籍後のキャラクターとマスクデザインを試行錯誤していたのだろうと想像させます。


さぁ、遂に世界最大の団体WWEでデビューしました。
今まで沢山の夢を見せてくれたミスティコ。
そのミスティコの夢であるWWE入りと世界を舞台にした活躍を願います。
シン・カラよ、世界のスーパースターへと駆け上がれ!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW

ミスティコからシン・カラへ そしてメキシコの英雄から世界のスーパースターへ

シン・カラいつにこの日が!
世界最大の団体WWEがメキシコシティで現地時間2月23日(木)、予定通り記者会見を行い、ミスティコとの契約を正式発表!!
〈“神の子”ミスティコがWWEと契約、新リングネームは「シン・カラ」/スホーツナビ〉
〈WWEがミスティコ改めシン・カラとの契約を発表!/バトル・ニュース〉
〈「SIN CARA」シン・カラ/プロレスカメラマン 大川 昇のブログ〉
〈Sin Cara press event in Mexico City/WWE〉


会見の模様は既にYouTubeにアップされていました!



巷間伝えられていたように「ミスティコ」の名前とキャラクター(マスク&コスチュームを含む) はCMLLの所有とのことでWWEでの新リングネームはシン・カラ、マスクとコスチュームも変更を余儀なくされました。
まだまだ違和感はありますが、ことマスクに関しては少しアメコミチックに変化しているものの予想していたよりも遥かに「ミスティコ」を残したデザインで個人的には良かったなぁと思っています。
今朝、Twitterでこのニュースを知り、携帯からシン・カラのマスクデザインを見て、帰宅後にPCであれやこれやとWWE移籍を報じるサイトを見ていますが、会見よりも以前に撮影されたfacebookの「Sin Cara - WWE」アカウントのプロフィール画像と移籍会見のマスクを見比べると細部に違いがあり、既に進化していますね。
そして不思議だと思うのは、これWWE公式でも書いてあるからだろうと思いますが、リンク先のスポナビやバトル・ニュース、そして週刊プロレスmobileでも「会見にステファニー・マクマホン執行役副社長が出席」となっていますが、動画や画像を見ても、これはきっと誤りで実際はジム・ロス副社長が出席ですよね?
マスク以上に違和感を感じるのが「シン・カラ」の新リングネームですが・・・
WWEはスポーツ・エンターテイメントの最高峰です。世界最高の舞台でパフォーマンスを見せられることは、私にとって栄誉であり興奮しています。WWEスーパースターの一員となることは新たなチャレンジであり、新たに越えなければならない山、そして新たな戦いが待っています。これは新たなスタートであり、新たな人生でもあります。これらの事を考慮した上で、私は新しい名前にシン・カラ(※顔なしの意味)を選びました。この名前で私はこれまでの全ての偉大なメキシコ人マスクマンたちを代表し、彼らのレガシーを世界中に伝える役割を果たしたいと思っています

このシン・カラのコメントから『「偉大なメキシコ人マスクマンたち」には素顔はなかった』的な意味合いなのでしょうか。
ザ・グレート・サスケの言う「これが私の素顔です」みたいな(^_^;)
1番の心配だったマスクを失う事なくWWE移籍を果たし、本当に安心しました。
もちろん、これからも世界に雄飛する彼を応援し続けます!
でも、いつの日か再び「ミスティコ」のマスクを被り“ルチャの殿堂”アレナ・メヒコに、そして“第二のふるさと”日本のマットへ帰って来る日を楽しみにしています。

Muchas gracias MISTICO!

Vamos SIN CARA!!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW

真相は神の子のみぞ知る

1月23日CMLL FANTASTICA MANIA 2011のアベルノ戦以降、WWE移籍が明るみとなり忽然と公の場から姿を消したミスティコ。
CMLLに現れた“ポスト・ミスティコ”MAGNUS(スペイン語読みでマグヌス、英語読みはマグナス)も気になるところではありますが、ぽっかりとエア・ポケットが出来た所で2006年4月に「ミスティコ」として登場して以降の“神の子”のマスクについて学術的に(嘘です ^_^;)まとめてみようかと思います。

まずは実際に試合で被ったハーフマスク。
●ドクトル・ワグナーJr.
●ブラック・ウォリアー
●ボラドールJr.
●4代目タイガーマスク
●ラ・ソンブラ

そしてコラボマスク(こちらも試合で実使用のみ)
●ウルティモ・ゲレーロ
●ウルティモ・ゲレーロ&アトランティス
●サグラード
●ボラドールJr.&ラ・ソンブラ(スカイチーム)
●4代目タイガーマスク
●アベルノ(ルード)

おそらく上記のハーフ5種、コラボ6種で漏れはないと思います。(スパイダーマンもありましたが)
トレードマスクについては様々なカラーリングがありますが、後ろ紐式とスッポリ喉紐式で大別されるかと思います。
細かくは口の開いた物、鼻と耳穴にハトメの有無などありますが。

ミスティコCMLL所属として4年9ヶ月、神の子の成長とともに進化してきたマスクの最終形態は日本でのCMLL FANTASTICA MANIA 2011では被りませんでしたが、額に十字架があしらわれたモデルでした。
WWE移籍でマスクがどうなるのか?「ミスティコ」の名前自体が使えるのか?が今のところ定かではありませんが、使用期間の短いレアなモデルになるかもしれません。
さて、この最終進化版の額十字架モデル、ふと「どこかにコレの原型があったような・・・」とずーっとアレコレ考えていましたが、やっとわかりました!


ミスティコ ミステリオブシオが製作したレイ・ミステリオとのコラボマスク!
この当時はまだ後ろ紐式でミスティコのデザインにミステリオのパーツである額の十字架と左右のアギラが加えられたマスクでした。
FOTOLIBRE NUMERO11で有名になったYN製のライガーとのハーフマスクと並び、実際に試合で使用されなかった幻のマスク。
このミステリオとのコラボ、テレビのレポーターとして北京オリンピックに行った2008年頃に製作、某オークションに出品され、世に出ました。
画像は2度、ルチャドールが参戦した新日本プロレスの会場でお会いしたその出品者の方にお願いして使用許可取りました。m(__)m
このマスクがなぜ製作されたのか真相はわかりません。
もしかすると、この2008年当時もミスティコがWWE行きを決意し、ミステリオとのタッグを夢見てコラボマスクを作ってはみたものの契約目前で破談となったのかもしれません。

考えてみるとミスティコが額十字架モデルを被り始めたのが昨年末。
不思議とWWEとの契約書にサインした時期と重なります。
やはり、WWE移籍を決意した前後に幻のミステリオコラボを思い出し、額に十字架を入れたデザインを取り入れたのではないかと深読みしてしまいます。
ミスティコウォッチャーの珍説です(^_^;)

2月27日(日)アレナ・パビリョン・デル・ノルテでのミスティコ&ラ・マスカラvsボラドールJr.&アベルノのアディオスマッチ実現も微妙とのことですが、メキシコのファンの方にサヨナラを告げ、気持ち良くWWEに旅立って欲しいと願うこの頃です。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW

寂しいけれど・・・世界を舞台に頑張れ!ミスティコ!!

またいつもの噂話と同じであって欲しいと願っていました。
けれども、今回はいつもとは違うとずーっと感じていました。
ミスティコのWWEとの契約は真実でした。
ミスティコのWWE行き希望は新日本行き希望と同時期からありました。
「いつかは」がドスカラス・ジュニアがアルベルト・デル・リオとしてWWEで大ブレイクしてから、その思いは強くなったようです。
昨年9月にメキシコで会った際には僕にノートを見せて「WWEへ行くために今英語を勉強しているんだ」と言っていました。

そして12月、新日本のドーム大会にミスティコの名前が無かった事でミスティコ本人から僕に連絡があり、「WWEと契約した」と打ち明けられました。
ただこの時点では本人がそういってもドスカラス・ジュニアの時のように実際リングに上がるまでに1年かかる事もある訳で半信半疑でした。
「いつからアメリカへ行くの?」と聞くと1月中旬の予定だと。
じゃあ「FANTASTICA MANIA2011」には来日できないじゃないかと。
僕はWWEは事前に入ってた契約は出場できるはずだから、ちゃんとWWEと話してミスティコが主役なんだから「FANTASTICA MANIA」には必ず来るよう説得しました。


少年時代に夢中になった初代タイガーマスクがプロレスの入口でした。
初代タイガーの突然の引退以降も度々会場へ足を運んでいましたが、成人し仕事をし始めた辺りから時間的に観戦の機会は減っていました。
マスクがきっかけでメキシコの“神の子”を知り、理屈はともかく私にとってミスティコは四半世紀の時を越えてメキシコに現れた初代タイガーの再来だったのです。
「ミスティコ」以前に来日した時のことが原因で再び日本の土を踏むことはないと思っていたメヒコの英雄が'09年1月4日の東京ドームに飛来すると友人からメールをもらい、地元の体育館で都合のあった時以外は行くことのなかったプロレス会場に。
久しぶりに東京ドームへ向かいました。
その後、ミスティコの来日の度に両国国技館に。
そしてミスティコが教えてくれたルチャリブレの楽しさ、ルチャドールの素晴らしさを見届けにウルティモ・ゲレーロ、アベルノ、マスカラ・ドラダ、バリエンテ、ラ・ソンブラ達の応援に出掛けるようになりました。

FANTASTICA MANIAの大成功で少なくとも年に1回は“神の子”に会えると喜んでいた矢先のWWE移籍話。
正直まだまだ胸中は複雑です。
「ミスティコ」の所有権を巡り、まだ障壁はあるようですが、決まった以上は頑張って欲しい!
メキシコで、そして日本でも多くの人達を魅了したミスティコ。
WWE入りで、きっと世界中の人々から愛されることになるでしょう。
しばらく会場で試合を観たり、サイン会などで間近に接することはなさそうなのが残念ですが、これからも心からミスティコの活躍を応援し願っています。
そして、またいつか“ルチャの殿堂”アレナ・メヒコのリングに、そしてFANTASTICA MANIAで約束してくれた最高のライバル、アベルノとのカンペオナートを実現しに「第二の故郷」日本に帰って来て下さい(涙)

Muchas gracias MISTICO!

Vamos MISTICO!


ミスティコ アベルノ
画像はFANTASTICA MANIA2日目のアベルノ戦で偶然に撮れた神の子に光が降り注ぐ不思議な画像。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW

FANTASTICA MANIAはハポンとしばしの別れを告げるツアーだったのか!?

大熱狂のNJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2011から早いもので1週間あまりの時間が過ぎました。
撮ってきた画像を整理しているとあの時の感動が蘇り、余韻に浸りつつ、少しずつ観戦記を更新しているのですが、驚愕のニュースがメキシコから伝わって来ました。
震源地はルチャ雑誌「スペル・ルチャス」!
SUPER LUCHAS 399

「ミスティコがWWEとの契約書にサインした」!!!

久しぶりにメキシコのルチャ系サイトを色々と見ました。
私は日本語しか理解出来ませんのでグーグル翻訳を使って読んでみましたが、いまひとつピンときません。
今までも何度となくミスティコのWWEは噂されてきました。
昨年末にはメキシコ国内のライバル団体AAAへ移籍か?なんていうのもありました。
今回の噂の真偽はわかりません。
ただし、日本でのFANTASTICA MANIA後に“神の子”が本来、帰るべき“ルチャの殿堂”アレナ・メヒコの今後のカードにミスティコの名がありません。
何度も何度も噂になってもアレナ・メヒコのカードからミスティコの名が消えたのは今回が初めてです。

世界一の団体WWE入りを夢に見、キャリアアップを図るのことはプレイヤーとしては当たり前のことかもしれません。
アメリカ国内のメキシコ系住民の多い土地やメキシコでも興行しているWWEとしてもメヒコのスペル・エストレージャ、ミスティコは欲しい人材でしょう。
けれど、個人的には今後もCMLLのトップ中のトップとしてアレナ・メヒコを沸かし、年に1度でも2度でも提携団体、新日本プロレスに参戦するミスティコが見たい!!と思います。
新日本プロレスとCMLLの提携の1つの集大成だったFANTASTICA MANIAが大成功に終わったばかりですから。
毎年恒例化されるとして、やはりそこには主役のミスティコがいて欲しいと切望します。

ミスティコが決めた道ならば今回の噂が本当でWWE入りとなっても今まで通り応援します。
ただ!ただ!ミスティコの顔、マスクだけは絶対に失わないで欲しい!!
数十年とメキシコの人々に愛された後、マスクを被ったまま棺に入るべき人だと思うから・・・。

噂の真相は時が経てば判明します。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ blogram投票ボタン twitterMISTICO TIGER NEW

ドス・カラスJr.WWE移籍

ドス・カラスJr.何かの間違いか、あるいは結局お流れになっちゃえば良いなぁと思っていたドスJr.のWWE移籍がどうやら正式に決まってしまったようです(ToT)
3年契約ですか。
決まったもんは仕方ない。
とにかくWWEでワールドワイドな、そして今よりも大物になってメキシコに、そしてまた日本にも是非来て下さい!!
あっ!CMLLにいるよりもWWEの方が来日する可能性は高くなりますね。
色々と思い入れのある選手なので、もし日本公演が決まって来日なんてことになったら、ちょっと本気で観戦を考えるかもしれません。

現在のドスJr.はブシオをメインに様々なメーカーのマスクを被っているようですが、WWE移籍となるとミステリオのように版権がうるさくてオフィシャルメーカーが決められて、それ以外のメーカーは作れないような事態になるんでしょうね。
こういうところは「そんなの関係ねぇ」(古いかも)的なゆるゆるのメキシコらしい考え方が個人的には好きです(^^;)

それから昭和を知っている世代にはビンスは「ビンス・マクマホンJr.」の方がしっくりしますが、ビンスは「ジュニア」というのがお嫌いというのが通説で自身のみならず「レイ・ミステリオJr.」はWWE入りしてから「レイ・ミステリオ」、「チャボ・ゲレロJr.」も「チャボ・ゲレロ」になり、親父のシニアが登場した時は「チャボ・ゲレロ・クラシック」がリングネームでしたもんね(>д<)
だからってドスJr.がドス・カラスを名乗ったら違和感ありありですよ!
ちょっと今回は勘弁して欲しいです。


グレイ・シャドウまた、グレイ・シャドウもCMLLからAAAに移籍のようですね(+_+)
素顔のロッキー・ロメロなのか別のキャラクターで登場するかは今のところわかりません。
18日からの新日G1タッグリーグ参戦は大丈夫なんでしょうか?
急遽キャンセルになって別のCMLLのルチャドールが来日するというのもありかもです(^_-)
その場合は出来ればマスクマンがいいですね!


何はともあれ、好きなルチャドールのCMLL離脱はやっぱり悲しいです。
カテゴリ別アーカイブ
Special Thanks JUVI & RIKA SAN
Profile
Twitter プロフィール
ブログランキング参戦中
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

blogram投票ボタン


マスク画像
観戦画像
free counters
Categories (Mask Contents)
タグクラウド
Recent Comments
My Favorite
 
 
 



 
My Yahoo!に追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ